看護学校の受験を控えた人が、看護予備校を利用する大きな理由。

看護学校の受験をこれから控えている人にとって、本当に看護学校に合格して看護師になれるのか不安がいっぱいですよね。
仮に、今から1年間ずっと不安を抱えたまま、受験を目指すとなると、ストレスがたまって身体にもよくありませんよね!?
そこで、看護学校の受験を控えた人が、安心して、看護学校の受験を目指すために、利用されているのが、看護予備校になります。
以前であれば、今のように、「就職なら看護師」のようには、言われていませんでしたが、日本の高齢化社会とともに看護師の需要が、大きくなり、多くの人が看護師を目指すようになりました。
例えば、社会人入試であれば、倍率は「約10倍から20倍」のように、驚く高倍率になっています。
このように、看護学校に合格することが難関になったことで、多くの人が看護学校の受験を専門に扱っている看護予備校を利用するようになりました。
では、看護予備校に通うことで、実際の合格率はどうでしょうか?
これは、通常の塾や予備校とは違い、看護予備校に通うことで、看護学校の合格率は、大きく変わってくることも事実です。
看護予備校に通いカリキュラムをこなせば、その90パーセント以上の人が、看護学校に合格することができています。
こうした理由から、看護学校の受験を控えている人の多くが、看護受験のプロである看護予備校を利用します。

看護学校を受験する学生がなぜ不安になるのか?看護予備校だからわかる理由。

看護学校の受験、それは「合格できる」のと「合格できない」のでは、あなたの今後の人生を大きく変えるものであることは、事実です。
今後、現在の「職場の存続」や将来自分自身の年齢が上がった時に、今の会社で働き続けれるかどうかは、あなた自身が感じていることかもしれません。
例えば、現在ショップ定員をしています。年齢が50歳になった時同じ職場で働き続けることはどうでしょうか?中々難しいですよね!?
このように、自分自身の今後の人生を考えた時に、看護師の資格である看護国家資格をもっていれば、何歳になっても就職することができるので多くの人が看護学校を目指します。
実際に、病院等では40歳以上の人が、現役バリバリでたくさん働いています。
他の職業では、年齢を重ねるごとに、会社からはお荷物扱いを感じることもあるかもしれませんが、看護師の世界では、経験も知識も豊富で、後輩や、病院からは頼られる存在になれます。
そして、うれしいことに給料もキャリアを積むごとにアップしていきます。
このように、同じ年齢を重ねることですが、職種によっては、扱いは全くかわって来ますよね。
皆様が年齢を重ね、今の現状がわかるからこそ、そこから脱出するために、看護学校を目指し、多くの社会が受験勉強に励みます。
当 看護予備校に通われている社会人の学生も、色々な思いを持ちながら受験勉強に励んでいます。
現状を早く打破したいからこそ、あせり、不安になる学生もいますが、看護学校の受験は、筆記試験である程度、高得点を取る必要があるので、一日にして、勉強能力が上がるわけではありません。
当 看護予備校では、不安や焦りを学生ができるだけ持たないように、授業毎に、コツコツと受験勉強をしていくことの大切さを学生の皆様にお伝えしています。
社会人の皆様が、看護学校の受験を目指す時に、仕事や家庭と両立しながら、受験勉強に励むことは大変なことだと思います。
だからこそ、その不安を少しでも解消するために、毎日数ページでもいいので、続けることを進めています。

看護学校の受験に合格したいけどついつい弱音を吐いてします方に、看護予備校がアドバイス。

看護師には絶対なりたいけど、ついつい、受験勉強に弱音を吐いてしまいたい時もありますよね。
別に、弱音を吐いても全然構いません。実際、当看護予備校に通われている方でも、受験勉強の途中でついつい、頑張り過ぎてしまい、途中でストップしてしまう方もいます。
社会人の皆様が、仕事と両立しながら受験勉強をすることは、本当に大変なことなので、受験勉強を続けるためにも、たまには息抜きすることも大切なんですよね。
そこで、大切なのは、あなた自身が疲れてくる前にどれだけ、看護学校の入試に対して、勉強の貯金ができてるかが重要になってきます。 例えば、今が3月だとします。看護学校の受験に合格するには、高校レベルである「数Tと数A」が必ずできるようになる必要がありますが、その前に、基本勉強である、中学3年間の数学をしておかなければ、受験前の伸びがなくなります。
受験勉強を約8か月の計画で進めていくとすれば、最初の1か月目(中学1年生の復習)2か月目(中学2年生の復習)3か月目と4カ月目に(中学3年生の復習)これで、中学生の勉強は十分に復習できました。
そして、ここから高校数学が始まります。5か月目で「数T」6か月目で「数A」。
8か月で計画すると後の2か月間は、入試問題に取り組むことができますよね?
どうしても、受験勉強をしていくと、すぐに結果が欲しくなりますが、当看護予備校でも受験生には、必ず勉強の基本を作らなければ、入試には合格できないことをお伝えしています。
そして、基本勉強がしっかりして来ることで、理解力も上がり、高校数学の進みも早くなります。
よくある勉強方法では、看護学校の受験に必要な、高校数学から始める予備校もありますが、これでは、受験生は全く理解することができません。
あなた自身中学生の頃数学は得意でしたか?もし、苦手意識をもっているのであれば、中学からの基本をやり直すことを、当看護予備校はお勧めします。
当看護予備校では、数学が本当に大嫌いだった方でも、入試前には、数学が好きになり、数学で高得点を取ることもできています。
これは、基礎から指導することで、受験生の能力を、最大限に引き上げることができるんですよね。
当看護予備校の指導は、どんな方でも、頑張れば、必ず、看護学校の受験に合格できる可能性を広げる授業を行っています。

実際に看護学校の受験を目指す人が合格するまでに行う勉強を看護予備校がお伝えします。

看護学校の受験に合格するには結局どのようにすればいいのか?悩みますよね。 看護学校の受験に合格する方法が一番わかりやすいのは、看護予備校の面談などに参加することです。
が、ついつい、看護学校の受験勉強のやり方を分からないまま、とりあえず独学で、本屋さんや、インターネットなどで、問題集を購入し、数か月を過ごしてしまうことが、あなたの看護師への道を閉ざしてしまう可能性があります。
もちろん、独学で合格できる人もいますが、それは、受験生の中のごくわずかな人だけです。
その理由は、看護学校の受験には、「筆記テスト勉強」「志望動機書の準備」「面接対策」少なくともこの3点で平均以上の評価を看護学校にもらう必要があります。
これら3点のどれが欠けたとしても、看護学校の受験に合格することは難しくなります。
当看護予備校でも、学生様には、これら3点の重要性を日々お話しています。
そして、何よりも、社会人の人が看護学校の受験を考えてるとき、今までの生活と、受験勉強を両立する必要があるので、より精神的にも肉体的にも負担が来ます。
そこで、当看護予備校は、週1回の通学でも、看護学校の受験に合格できるカリキュラムを組み、社会人の皆様の負担を少しでもなくし、看護学校の合格へ導いています。
兎に角、看護学校の受験に合格するには、入試で点数がとれる勉強の基本から作り上げなければ、看護学校に合格することはできませんので、当看護予備校では、学生様には、しっかりと基礎作りから行っていきます。
勉強の基礎作りをすることで、入試前には、グーンと学力も上がり、看護学校の受験に合格できます。
看護学校の受験に絶対に合格したいと思うのであれば、一度当看護予備校の個別面談に来校することをお勧めします。
看護学校に合格するには、何が必要なのか?驚きの事実もあるので、一つずつ丁寧に説明させて頂きます。

看護学校の受験勉強をいつから始めるべきか、看護予備校が受験に最適な時期をアドバイス。

看護学校の受験を考えた時に、皆様の生活環境によって、看護学校の受験に向けてスタート時期が異なっていると思います。
当看護予備校でも毎年、看護学校の受験を目指す時に「受験勉強を始めるのはいつからがいいですか?」と質問されることが多いですが、実際問題、看護学校の受験に合格するには、一日でもスタートが早ければ早いほど看護学校の受験に合格しやすいのは事実です。
その理由は、看護学校の受験期間は、約半年間あると考えて下さい。皆様の前に最初立ちはだかる入試の種類は、高校生であれば、「指定校推薦入試」「公募入試」「AO入試」、社会人であれば「社会人入試」「AO入試」になってきます。
上記の入試項目は、早ければ9月下旬から始まっていきます。そしてその後、一般試験は、12月ぐらいから始まって、最終三次試験は3月まであります。
この期間を考えると「9月・10月・11月・12月・1月・2月・3月」と約6か月間が入試期間になります。
例えば、看護学校の受験勉強を4月から始めたとすれば、最初の社会人入試までは、約5か月しかありません。5か月間で出来る勉強内容は、限られてきますよね。
なので、当看護予備校の面談に来校された学生様には、看護学校の受験準備は、一日でも早く準備するようにお勧めしています。
また、一般試験を目指していても、社会人入試などの早期の入試も必ずといっていいほど、学生様はチャレンジするので、チャレンジが無駄にならないように、準備するためには、やはり、早めの受験勉強のスタートが必要となってきます。
当看護予備校では、看護学校の受験に合格するには、どのようにすればいいのか?ご来校の際は、入試に必要な基礎固めから入試対策まで、看護学校の受験に合格するには、コツが必要であることを、丁寧に説明させて頂きます。

看護予備校の学生はなぜ看護学校に合格できるのか?その理由を解析。

受験、それは多くの人が今まで経験したことがあるかもしれません。
そして、皆様が看護師になろうと思った時、昔経験した、受験を思い返すと思います。
高校生であれば、中学から高校に進学する時に、受験の経験をしているかもしれませんが、社会人の皆様にとっては少し懐かしい思い出かもしれません。
そして、看護学校の受験を考えた時に、通常の受験と同じような感覚で、受験勉強をしてしまうと、看護学校の受験に失敗する可能性が実はあります。
看護学校の受験は「進学」というよりは、むしろ、「就職試験」と考えた方が、いいでしょう。
その理由は、看護学校の受験には「一次試験の筆記テスト」と「二次試験の面接試験」の両方をクリアしなければ看護学校の受験に合格することができません。
当看護予備校でも、面談に来校される皆様は、筆記試験について一番質問されますが、看護学校の受験で重要なのが、筆記試験だけではないことをお伝えしますと、驚かれる学生様がたくさんいます。
一度看護学校の受験を失敗している方は、看護学校の受験の際提出する「志望動機書」であったり「二次試験の面接試験の難しさ」をご存知かもしれませんが、初めての受験となると、筆記試験に集中してしまいがちでもあります。
もちろん、筆記試験は重要なので頑張って勉強するもありますが、筆記試験が完璧だからといって、看護学校の受験に合格できるわけではありません。
そこで、看護学校の受験を専門に授業をおこなっている、看護予備校では、通常の「塾」や「予備校」では、賄うことができない、「志望動機書対策」や「面接対策」まで、予備校で行ってくれるので、看護学校の受験を目指す方は、看護予備校に通います。
そして、さらに重要なのが、看護学校の受験に必要な「志望動機書」や「面接対策」などは、看護学校の受験を熟練している先生でなければ、合否に大きくかかわってくるので、受験生にとっては、看護予備校選びも、看護学校を受験するのに、重要な選択ポイントであります。
看護予備校を選ぶ時は、できる限り「合格率が高い看護予備校」を選ぶこと、そして「志望動機書の添削」や「面接対策に関して」どれぐらいの実績があるのかも、聞くといいかも知れません。
当看護予備校では、あらゆるタイプの学生様の指導を今まで行ってきていますので、看護学校の受験を考えた時は、当看護予備校の個別面談へお越しになることをお勧めします。
当看護予備校では、看護学校の受験に対するノウハウが全て備わっているので、毎年95パーセント以上の学生様が、看護学校の受験に合格しています。

看護学校の受験を目指した時、やる気がなくなったら諦めるべきかどうか?看護予備校だからその先をアドバイス!!

看護予備校だからこそわかることでもありますが、看護学校に合格するためには、受験勉強に励みますよね。
しかし、受験勉強を難しく感じ、中には、看護学校の受験を途中で、諦めてしまう人もいます。
確かに、受験勉強なので、簡単なものではないです。
しかし、一度看護学校を目指したのであれば、諦めてしまうのは、非常にもったいないことなんですよね。
1年間で、看護学校の受験に合格できないのであれば、2年目、3年目と, 看護学校の入試を受験することをお勧めします。
えっ・・・そんなに挑戦できないよ。
なんて思われるかもしれませんが、その理由は、一度看護学校の受験を目指す人は、必ず数年後、再度看護学校の受験を目指そうと思うからです。
当看護予備校に通わる学生の内、過去に看護学校の受験経験を持つ人もたくさんいらっしゃいます。
現在の看護学校の受験倍率は、社会人であれば「約10倍から20倍」そして、一般試験であれば「約5倍〜」のような受験倍率なので、簡単に合格できないんですよね。
だからこそ、社会人になっても、看護学校の受験予備校である、看護予備校に通って看護学校の受験を目指します。
近年の、仕事事情を見てみると、「看護系や介護系」でないと求人も非常に少ないですよね。
そして、看護国家資格をあなたが取得できていればどうでしょうか?今後就職に困ることはおそらくないでしょう。
この資格を取得できるか?取得できないかで大きく、自分自身の人生が変わります。
今後の人生を考えた上で、皆さんは、一度看護学校の受験を目指しているのですから、看護国家資格はこの上のない資格ですよね。
毎年看護学校の受験をするチャンスはくるので、チャレンジし続けることを看護予備校は、お勧めします。
当看護予備校でも、看護学校の受験に成功した、学生様は、皆様声をそろえて、自分自身の人生が大きく変わったと喜んでいます。
この喜びを得るためには、少し苦労することも必要かもしれませんが、その先には輝く未来が待っています。

看護専門学校の偏差値は高いの?低いの?看護予備校に通うことで、悩みが全て解決。

あなたが看護師になろうと考えた時、「各看護大学や、看護専門学校」の偏差値も気になってくると思います。
当看護予備校でも毎年、看護学校の選び方について、たくさん質問されますが、その中でも、偏差値についてはよく質問されます。
確かに、受験生にとって、偏差値というのは、一つの目安になりますよね。
しかし、看護学校の受験は、他の大学受験とは異なり、偏差値を意識しすぎると、各看護学校の受験勉強の対策ができなくなります。
各看護学校?テストはどの看護学校もある程度同じじゃないの?
なんて、質問もありそうですが、各看護学校によって、テストの出題形式は大きく変わります。
例えば、同じ偏差値の看護学校であっても、テストの難易度はマチマチです。
「偏差値が高い」からといって、入試問題が難しいかと思えば入試問題は簡単。逆に「偏差値が低い」にも関わらず入試問題が難しい。なんてことも多々あります。
このように、看護学校の入試は、各看護学校に対策を取る必要があるので難しいんですよね。
これを全て一人で調べ上げるには至難のわざが入ります。
しかし、看護学校の受験を熟知している看護予備校であれば、各看護学校で出題されている形式がわかるので、受験生にとって非常にありがたいです。
また、看護学校によっては入試に「必ず出題される分野や内容」が決まっている看護学校もあるので、これも、看護予備校であればすぐにわかることですが、看護学校の受験を専門に扱っていなければ、中々把握することができません。
看護学校の受験を考えた時に、看護予備校に通うには、受験生にとって非常にメリットがあるので、看護学校の受験を考えたのであれば、無駄な1年を過ごさないためにも、看護予備校に通うことが一番効率がいいでしょう。

看護学校の受験は、なぜ就職活動と同じなのか?看護予備校がピンポイントで説明!

入試や受験と言えば筆記テストが重要ですよね。では、看護学校の受験はどうでしょうか?
これは、実際、高校が受験する時によく失敗に陥るパターンですが、看護学校の受験を、通常の大学受験と同じような感覚で、入試に挑むと大きな失敗をしてしまいます。
例えば、自分自身が○○大学(看護学部)を第一志望とおき、最悪、大学が駄目なら、「看護専門学校でも受ければ合格できるんじゃないの?」なんて思い、看護専門学校を受験して失敗したとき、初めて、「専門学校なのに何で落ちるの?」と気が付きます。
この時点で浪人が決定するでしょう。
通常の専門学校であれば、この考え方をしてもいいかも知れませんが、看護専門学校は、そんなに甘くありません。
「看護大学」であろうと「看護短大」であろうと「看護専門学校」であろうと、簡単に合格できる学校はありません。
その理由は、看護学校の受験は、就職試験と同じなんですよね。もし仮に、看護専門学校に合格できたのであれば、おそらく、あなたは、看護国家資格を取得することができ、看護師として働いていくことができます。 看護師として働いていくことができるということは、経済的にもある程度の確保ができますし、さらに、転職を考えたとしても、他の病院からの需要があります。
世の中にたくさんの資格がある中で、これほど、安定した職業も数が少ないでしょう。
当看護予備校に通われる「高校生」「社会人」「主婦」の皆様は、将来の安定を夢見て、看護学校を受験し、看護国家資格を取得したいという強い思いがあります。
看護学校の受験は、あなたの人生を大きく変えれるものなので、チャレンジする価値は十分あるでしょう。。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
これから准看護学校の受験を目指す人に看護予備校からのアドバイス。
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.