◆ もくじ ◆

看護学校には誰でも合格できるのか?

まず、初めに看護学校には、誰でも合格することは、できません。その理由は、看護学校に合格できれば、そのほとんどの方が、看護国家資格を取得することができるからです。
もし看護国家資格を取得できれば、その後に何が待っていると思いますか?
「給料の安定」「仕事の安定」「ボーナス」「休みの保障」これら全てを手に入れることができます。
現在、法の原則として、「1日に8時間」または「1週間に40時間」の超える労働の禁止。少なくとも週1回の休日などが定められていますが、これをきっちりと守って働ける職場も世の中には少ないのではないでしょうか?
看護師になれるということは、これら全てが解決しますよね。もし「今の働いている会社がつぶれたら・・・」「もし年齢がたってから今の職場で働けなくなったら・・・」なんて、社会人の皆様にとっては、考えたくないことですよね。
看護国家資格が取得できれば、このようなことは考えなくてすみます。このような悩みを、解決するために多くの社会人・主婦の皆様が看護学校の受験を試みます。
なので、決して簡単に看護学校に合格できるわけはありませんが、できる限り看護学校に合格できる確率を上げる方法は、たくさんあります。

看護予備校が看護学校に合格できる確率を上げる方法を伝授。

上記にも書きましたが、看護学校の受験で成功することは、困難であることは間違いありません。当看護予備校に通われているほとんどの方が合格するので、周りからすれば看護学校の受験は簡単なの?なんて思われることも多々ありますが、合格するにはそれなりのコツがあります。
では、そのコツとして何なのか?
これは、基本からの勉強を忠実にしていくことにあります。基本から?そうなんです。例えば、「看護学校の受験を一度経験したことがある人」や「入試の過去問を解いたことがある人」にとっては、看護学校の入試で出題される問題が難しいということはご存じかも知れません。
よく間違えた受験勉強をする人は、看護学校の受験で出題される問題ばかりを解く人がいますが、これは、いちばん危険な勉強方法です。その理由は、まったく基礎力が伸びず、上辺の勉強になります。
当看護予備校の方には、それぞれの学生のレベルに応じて何が必要なのか?どこまでの復習から始めたらいいのか?をじっくりと見ています。
ここで、これから看護学校の受験を考えてる人が、数学が苦手であれば、必ず中学一年生からの問題を解いて下さい。中学一年生から?と言われそうですが、これが何よりも大切なんですよね。
中学1年生の数学にはあらゆるものがつまっています。明日は、中学1年生の数学が何よりも大切な意味を話していきます。

看護予備校が看護学校に合格するためには基礎の重要性を語る。

高校生や社会人の皆様が看護学校の受験に合格しようと思った時、まず初めに考えるのが、筆記テストに合格することですよね。
そこで、もしあなたが今まで勉強が「嫌いや苦手」であったのであれば、必ず基礎から、看護学校の受験勉強を始めるべきです。
でも、基礎からの勉強といってもどこから始めればいいのかわかりませんよね。それは、中学1年生からの基礎です。中学一年生から?「そんなことしてたら、看護学校の受験に間に合わない。」なんて声も聞こえてきそうですが、看護学校の受験問題には数学が必要です。
数学は中学1年生から入試で出題される「数T・数A」まで、全て繋がっているんですよね。例えば、看護学校の受験で絶対に出題される「ルートの問題や関数、そして場合の数」これらの基礎は全て中学生で一度習う内容なんですよね。
看護師を目指して、当看護予備校の面談に来られる人へ、このことを伝えた時は、皆さん「なるほど」驚いています。当看護予備校がなぜ、短期間で看護学校の受験に合格できるのかは、このあたりがポイントになってきます。
決して勉強はいきなりできるようになるものではないので、しっかりと基礎から積み重ねて、実力をつけていかなければ、看護学校の受験に合格することはできません。
次回は、社会人の皆様が効率よく受験勉強をしていく時間の使い方を看護予備校が教えます。

社会人が看護学校に合格するためには時間の日ごろの時間の使い方を看護予備校が伝える。

社会人の皆様が、看護師を目指して看護学校の受験勉強を頑張っていったとき、初めはモチベーションも上がり、どんだけ仕事が辛くても、眠たい目をこすり、受験勉強に没頭しますよね。
数週間、数か月がたつとやがて、現在の仕事と受験勉強の疲労から、もう受験するのはやめようかな?今年は無理そうかも・・・なんて、マイナスのことを考えてしまいます。
これは、社会人の皆様が看護学校の受験勉強を行っていったときには必ずぶち当たる壁でもあります。でも、これは、看護学校の受験勉強を頑張っているからこそ当たる壁なんですよね。
そこで、当看護予備校でもお勧めしているのは、一日大雑把にたくさんの勉強を行うのではなく、一日自分のできるページ数を決めて勉強することをお勧めします。
例えば、毎日3ページ(約30〜45分)の学習をすれば、一か月後には90ページ進むことになります。90ページ進むということは、一冊の問題集を隅から隅まで終わらすことができます。
一日(約30〜45分)であれば、どれだけ忙しくても作ることができそうな時間ではありませんか?
社会人だからこそ、このように短時間の勉強を積み重ねることで、どれだけ忙しくても、問題をコツコツと進めることができます。決して一度にたくさんの受験勉強をしないでください。絶対に精神的に辛くなります。
受験勉強を始めてから受験までにはある程度の時間があると思うので、必ずページ数を決めて、問題に取り掛かって下さい。
明日は、看護学校の受験に合格するまでに必ず参加してほしい場所について話します。

社会人が看護学校に合格するためには参加するべき場所がある。

社会人の皆様が看護師になるには、そして一歩でも近づくためには、参加する場所があります。それは、オープンキャンパスもしくは、セミナーに参加することです。
何のために?と聞かれそうですが、看護学校のオープンキャンパスとセミナーには看護学校の合格に近づけるための宝物が落ちています。
各看護学校は、オープンキャンパスやセミナーに来て頂いた社会人や高校生の皆様が合格に近づけるように、過去問や、入試に出題されるかもしれない類似問題を配布してくれる場合があります。
当看護予備校での経験談になりますが、本当に類似問題をくれる看護学校もたくさんありますので、セミナーに参加するかしないかで、大きく合否が変わってくるかもしれません。
もし仮に類似問題をもらえなくても、傾向と対策なども教えてくれるだけでも大きく、看護学校の合格に近付くことができます。
もちろん、社会人の場合は、仕事の合間をぬって参加しなければならないので時間調整も大変ですが、参加する価値は大です。
次回は、短期間で看護学校へ合格するには、筆記試験以外に重要な項目について話していきます。

社会人が短期で看護学校に合格するには筆記テスト以外に大切なものがある。

社会人の方が看護学校の受験を短期で合格しようと思う時に、筆記テストにばかり気を取られてしまいますが、看護学校の受験は、筆記テストだけができれば合格できるというものではありません。
「えっ?」って思われましたか?では、看護学校の受験を就職活動と置き換えてみましょう。就職活動は、有名大学出身であれば、採用してくれますか?
何のために企業は「テスト・筆記試験(小論文)」から始まって「1次面接」→「グループディスカッション」→「2次面接」があってさらに→「3次面接」多いところでは、「4次面接」まで行うでしょう。
筆記テストは、あなたがこれから看護学校の勉強にしっかりとついていけるかどうかを試されているわけですよね。そして重要なのが、面接です。企業は何度も行いますが、看護学校の面接は一度きりです。
この一度きりの面接であなたが看護師としてふさわしいのか?そうでないのか?を試されるわけですよね。
お勧めなのが、もしこれから、バイトなどを探すのであれば、看護師に最も近い、看護助手などがベストでしょう。看護助手をすることにより、看護師の大変さ、そして、医師の大変さもわかります。
このように、看護学校の面接は単に話すだけではなく、看護師としての適性検査でもあるので、看護学校の受験合格を短期で目指しているのであればこれらのこともしっかりしておく必要があります。
当看護予備校も各生徒に面接の大切さをお伝えしますが、当初はいくら伝えてもなかなか理解できない部分でもあります。そして、入試が近づき、看護予備校で面接の練習をしていくことにより、看護師としての一歩を踏み出していきます。
まだ看護師ではありませんが、看護師としての考え方は持っておく必要があります。

社会人が短期で看護学校の合格をするには、志望動機書に力をいれたい。

社会人が看護学校の受験で合格を確実にしていくには、筆記テストだけではなく、志望動機書にもしっかりと力を入れていきたいところです。
看護学校の面接時間は、基本的に短時間なので、アピールする間もあまりないと言えるでしょう。
意外と、口では看護師になりたい思いを伝えれるが、紙面上では上手く伝えることができなかったりもします。
そこで、当看護予備校では、学生様それぞれが、しっかりと看護師になりたい思いを、伝えれるように社会人の皆様には何度も書き直して、最高の志望動機書に仕上げます。
最初は、上手く書けませんが、当看護予備校の学生も徐々に、看護学校の先生に看護師になりたい思いを伝えれる、素晴らしい文面を作れるようになります。
これは、就職活動でも同じことなのですが、文章に自分の気持ちを表すのは難しいことなんですよね。誤字脱字や意味の使い方が間違っていると、誤解を招くようなことにもなりかねません。
あなた自身が面接以外で看護学校に対して、看護師になりたいことをアピールできのは唯一志望動機書になります。
短期間でこの高倍率の看護学校の入試を乗り越えるには、志望動機書にもしっかりと力をいれることをお勧めします

社会人が短期で看護学校の合格を目指す人が、看護予備校を利用する理由。

なぜ看護予備校を利用すれば、短期間で看護学校に合格できるのか?
その理由には、まず看護学校の通常の入試問題とは違うことです。実は、各看護学校の入試問題には大きな癖があることです。この癖を、短期間で、見抜くことは厳しいですよね。
例えば、自分自身の勉強に自信がなかった場合、偏差値の高い看護学校を受験しますか?恐らく、偏差値ができるだけ低い看護学校を受験すると思います。
通常であれば、偏差値の低い学校は、入試問題も簡単なはずなのですが、偏差値が低いからといって受験問題が簡単とは限らないのが、看護学校の受験です。
じゃあ、高いところは簡単なの?何て質問もありそうですが、より一層難しくなっている場合もあります。この通り、各看護学校それぞれ、出題されるパターンが異なっています。これらのデーターを看護予備校ではわかっているので独学で、看護学校の入試を目指す人と大きく合格率が異なってきます。
さらに、看護予備校に通っている学生は、それぞれ、過去に出題された問題からある程度、重要な部分のアドバイスをもらうことができるので、ピンポイントで看護学校の受験勉強ができます。これは、受験する学生にとっては大きな差となりますよね。
もちろん何年もかけて看護学校に合格しようと思うのであれば、合格できる可能性もありますが、年齢も重ねてしまうので、徐々に不利になってきます。
一度受験を決心したのであれば、看護予備校に通いながら勉強することが何よりも、近道になるでしょう。

社会人が短期で看護学校に合格できる人の特徴

当看護予備校に通うほどんどの人が、受験を考えた日から一年間以内で、看護学校へ合格していますが、看護学校に合格できる人の特徴としては、やはりコツコツと素直に、勉強と向き合える人が看護学校の受験に合格できます。
では、コツコツと勉強するとは、どういう意味でしょうか?よく、テスト前に集中して、一気に全ての問題を覚えたりする人も見かけますが、看護学校の受験問題は、非常に幅広く出題されます。
なので、その手法では、入試に対応することができません。入試は一夜漬けの勉強で手に入れるほど甘くありませんよね。
当看護予備校でも、毎年、受験生の皆様にアドバイスをしているのですが、とにかく、自分自身が決めた問題のページ数を、できる限り毎日こなすことを勧めています。
高校生のように学生とは違い、社会人の場合は、たいてい仕事とかけもちで受験に挑むので、受験勉強期間中、必ずといっていいほど、急な仕事や用事が入ってきます。
このようなパターンになると一夜漬けで勉強している人にとっては、どうすることもできず、大きなマイナス要因となります。
しかし、毎日1時間でもいいのでコツコツ進めていくと必ず、時間の余裕がでてくるので、多少の時間のロスがあったとしても受験に間に合わないということはありません。
昔から、勉強は一夜漬けだと思って学習してきた人には、是非、コツコツと進めていくことに慣れてほしいです。
さらに、当看護予備校の学生はコツコツ進めていくことになれているので、看護学校に合格後も、自分のスタイルの中で看護学校の勉強をしていくことができるので、実習生活と看護国家資格の勉強との時間配分が上手くできるようになっています。
このように看護学校の受験を短期間で合格できる人の特徴としては、コツコツ長く続けれる人が多いです。

熱意のある人が看護学校の受験を短期間で合格できる。

当看護予備校でも、多くの方に看護学校受験の指導をしてきましたが、短期間で看護学校の受験に合格する人は熱意があります。熱意って何?って思いますよね。
現在、景気がいいと言われてはいますが実際、自分自身の給料が上がったりすることを身に感じれる方は少ないでしょう。
その中で、やはり転職を考える人がたくさんいらっしゃいます。その転職先に一番多いのが看護師になります。
この多くの人と、受験では対戦することになります。少しでも気を抜いてしまうと、たちまち、他の受験生に合格通知を持っていかれるかもしれません。
当看護予備校の記事でも、看護学校の受験は、筆記テストだけができれば合格できるわけではないことはわかりましたよね。
当看護予備校でも、それぞれの学生に志望動機書や面接指導を念入りに指導致しますが、やはり初めから上手く話せる人なんてめったにいません。残念なことに「看護師にどうしてもなりたい」という思いも初めは伝わってきません。
看護予備校できっちりと面接練習をしていかなければ、看護学校の面接官も、あなたが看護師に本当になりたいのか?それとも他の仕事でもいいのでは?と思われてしまいます。
面接官の気持ち一つで、あなたの合否は大きく変わってきます。やはり、看護師になりたいのであれば、しっかりと看護師になりたい熱意を面接では出すべきですね。

短期間で看護学校の受験を合格するには、同じ環境の人がいることが大切。

社会人や主婦の皆様にとって、日々、バタバタと忙しい思いをしている方が多いのではないでしょうか?看護学校の受験を考えた時、その忙しい中で受験勉強に挑む方は本当に素晴らしいと思います。
一旦職場に入った中から再度何かに挑戦しようとしている時、思わずふと諦めたくなるといもたくさんあると思います。
せっかく頑張ってきたのに諦めるなんて非常にもったいないですよね。でも一人だとどうしても仕方ありません。
その時、同じ社会人や主婦の方が看護学校の受験を目指している姿を見ればどうでしょうか?
モチベーションの持続ができそうですよね。当看護予備校でも、社会人や主婦の皆様とお話をする時、やはり、仕事の両立が何よりも大変だと言います。
しかし、周りに同じ年齢の学生や、その気持ちを理解した看護予備校の先生がいることで、長い看護学校の受験期間を乗り越えれるとおっしゃっていただいたりもします。
理解してくれる人があなたのそばにいるだけで、大変看護学校の受験も乗り越えれることができます。
看護学校の受験に特化した予備校だからこそ、社会人や主婦の学生の皆様とお話しすることができます。

短期間で合格する人には、一年でも早く受験する方が得。

看護学校の受験を目指す社会人の人は、だいたい何歳ぐらいなのでしょうか?今から看護学校の受験を考える人にとってこれって非常に気になりますよね。
毎年当看護予備校に通われている人の年齢そうは、本当にまばらなんですよね。高校生から始まり40歳前後の人までが、当看護予備校に通われています。
もちろん、何歳であっても看護学校に合格することはできますが、年齢が若い人と比べ、年齢を重ねている人の方が、合格できる確率は下がってしまいます。
これは、看護学校の受験に限らず就職活動も同じですよね。なので、年齢がたっているからといって、看護学校の受験をあきらめるのは、非常にもったいないです。
毎年、当看護予備校の40代の学生であっても、看護学校の受験は合格していますが、40代でも合格できる学生の共通点としては、とにかく元気で素直、さらに、学ぶ気持ちが強いです。この気持ちは看護学校の受験面接でも大きくプラスとなります。
しかし、もし現在年齢が若く今後看護師の資格を取得しようとしているのであれば、看護予備校に通い、できるだけ早めに看護学校の受験をすることをお勧めします。

短期で看護学校の受験で合格するには、復習が何よりも大切。

看護学校の受験に合格したい。そして、看護学校で看護国家受験資格を取得して、国家資格である看護国家資格を取得したい。そんな、思いの中、看護学校の受験勉強に励んでいきますよね。
もちろん、短期間で看護学校の受験を成功させるためには、看護予備校に通うことが一番ですが、何と言っても、受験勉強する時間が一番長いのは、皆さんが自宅にいる時ですよね。
そして、皆様が自宅にいる間にどれぐらいの復習ができているかで、看護学校の受験に合格できるかできないかも大きく変わってくるでしょう。例えば、看護学校の受験数学で必ずといっていいほど出題されるルートの問題。これって、簡単そうに見えて多くの人がミスをしてしまう問題でもあります。
看護学校の入試問題はもしかすると全ての問題を解くのに時間が足りないかもしれません。そこで、計算ミスをしてしまうと、たちまち点数がなくなってしまいますよね。
なので、一度やった問題だからこそ、必ず入試では正解させるように、予習だけでなく、復習に力を入れることをお勧めします。
当看護予備校の学生には、復習することが大切であることを普段からお話しています。

短期で看護学校の受験で合格するには、難問を無視することも大切。

短期間で看護学校の受験に合格するには、とにかく、全ての単元を一通りこなしていく必要がありますよね。でも少し待ってください。
看護学校の受験は満点を取らなければ合格できませんか?それは「NO」です。ある程度の得点を取ることができれば、看護学校の一次試験(筆記試験)は合格することができます。
そこで、受験生によくありがちなミスですが、入試では高得点を取らなければならないと思い、難しい問題ばかりする受験生がいます。確かに、全ての問題を解くには、難易度の高い問題も解けるようになる必要があるのですが、難しい問題ばかり解くことで、実は全く問題数をこなせていないパターンがあります。
基本的に問題は、たくさん解くことから、コツをつかみ、さらに難易度の高い問題も解けるようになりますが、簡単な計算問題で躓いているにもかかわらず難易度の高い問題ばかりを責めていくのは間違っています。
看護学校の受験問題には、必ず、不等式やルートの問題が出題されます。これらの問題をしっかりと解けるだけでも何点かずつ補っていくことができます。
逆に、この簡単な問題を落としていては、看護学校の受験に合格することは難しくなります。当看護予備校でも、計算問題の間違いには、常に気をつけていくように指導しています。
これから看護学校の受験を目指す方や、現在テスト中の皆様には、是非計算ミスをしないように気をつけて頂きたいと思います。

短期で看護学校の受験で合格するには、時間配分が大切。

当看護予備校でも、看護学校の入試問題に挑戦する時には、学生様に時間配分について話していきます。例えば、ルートの計算問題、もちろん難易度にもよりますが、何分ぐらいかかりますか?
結構時間がかかってしまいますよね。入試の時間はだいたい50分ぐらいで、問題数が20問ぐらいでしょう。
仮に問題に10分かかってしまうと残りは40分しかありません。どう考えても、半分ぐらいしか解くことができませんよね。
高校数学の計算問題は、一見簡単にみえて、時間がものすごくかかってしまいます。
この問題に関して速度アップするためには、やはり繰り返し計算問題を行っている人でなければ、短時間で解くことは難しいでしょう。
時期にもよりますが、入試前に、看護学校の入試問題を解くときには、必ず時間配分を考えてから勉強することをお勧めします。
もちろん、満点は取る必要がないので、確実にできる問題を確実に正解させて下さい。

看護学校の受験を短期間で合格するには、最近の気になるニュースを要チェック。

看護学校の受験に合格することは、看護師になれることをある程度保障してくれることも少しずつ理解してきたと思います。看護師になるには、まずは、看護学校の受験に合格していて、その上で看護国家資格を目指すということですよね。 看護学校の受験には「筆記試験」と「面接試験」この両方でクリアする必要がありますが、当看護予備校では、 看護学校の受験では、この両方でしっかりと得点をとれるように指導しています。 では、面接試験ではどのようなことが聞かれるのでしょうか?インターネットなどを色々調べてみると、看護学 校の受験面接で聞かれることも書いていますが、その中のでも、最近の気になるニュースに関しては、100%答えれるようにしておかなければなりません。 これは、看護学校の受験では、よく聞かれる質問の中の上位に入ってきます。もちろん、気になるニュースなの で、どのニュースを選ぶのも自由ですが、自分なりの表現の仕方ができるように、考えることをお勧めします。

社会人が短期で看護学校の合格をするには、志望動機書のチェックは誰に頼む?

いよいよ受験間近、そんな時に不安になるのが志望動機書ですよね。では、入学願書に書く志望動機書は誰にチェックしてもらいますか?
チェックなんて必要なの?読めればいいんじゃないの?なんて、色々な言葉が飛んできそうですが、なぜ看護学校の受験が難しいと言われているのか?
その原因の一つは、志望動機書の作成にあります。当看護予備校では、看護学校の受験を控える、「高校生」「大学生」「社会人」「主婦」の看護受験において、筆記テストと同様、志望動機書のチェックは厳しくしています。
あなたが、どれだけ看護学校に通いたいと思っても、看護師として適していない志望動機では、受験に合格することは難しくなってきます。
毎年多くの学生が、看護師を目指して看護学校の合格を目指して受験勉強をしていますが、その半数が志望動機書で損をしている学生がたくさんいます。
「給料が安定しているから・人助けがしたいから」なんて志望動機書でかいてしまては、不合格にして下さいと言っているようなものです。
看護学校の受験を短期間で合格するためには、端から端まできっちりとしておきましょう。また、看護予備校に通っている人は安心ですが看護受験専門に志望動機書のチェックをしてくれるところで見てもらうことで、勉強になることがたくさんあるので、ぜひ利用してみましょう。

社会人が短期で看護学校の合格をするには、面接の練習は必須。

志望動機書同様、看護学校の受験とは切っても切っても切り離せないものです。そして、社会人が看護学校を受験して看護師になる夢、ことごとく飲み込んできたことも間違いありません。
では、この看護学校の受験面接を乗り越えるためには何をすればいいのでしょうか?
当看護予備校でも毎年「10代から40代まで」の学生の面接を行いますが、どれだけ社会人経験をした人であっても、看護学校の受験面接でスムーズに話せる人はいません。
何をするにも練習があるのと同じく、看護学校の受験面接とはしっかりと向き合う必要があります。受験面接としっかりと向き合った人だけが、看護学校の受験に合格することができます。
そして、看護学校の受験面接を乗り越えるためには、必ず指導者がいります。看護学校の受験面接をリアルに指導してくれるのが看護予備校になりますので、看護学校の受験を目指す時には、筆記テストの勉強だけでなく、看護受験に大切なものを知っている看護予備校に通うことで、短期間で合格できる確率がはるかにあがります。
せっかく筆記試験に合格したのに、面接で落ちるなんてもったいないですよね。しかし、筆記試験合格者のうち、半数が面接で不合格になることになるので、面接には手を抜くことなくしっかりと練習しておきましょう。

看護予備校は社会人が短期で看護学校へ合格するのための大きな味方。

学生時代は、勉強ができる環境がある程度、整っていたかもしれませんが、社会人になると、そう簡単に勉強を教えてもらえる環境は中々ないのではないでしょうか?
例えば、通信教育で資格の勉強をした方も中にはいるかもしれませんが、結局は、自分自身であらゆる問題を解決しなけれ、資格の取得を得ることはできませんよね。
簡単な資格であれば、独学でも何とか出来るかもしれませんが、看護学校の受験は、独学ではどうにもならないことはたくさんあります。
もし、あなたが受験勉強に少しでも興味をもったのであれば、看護学校の受験に合格できるチャンスがあります。
看護予備校では、学生時代にどれだけ勉強が苦手であっても、再度基本から忠実に学習し直していきますので、やる気と結果が結び付いてきます。 しかし独学だと、どうしてもモチベーションも下がり、せっかくのやる気も下がってしまうことも多々あります。
看護学校の受験を考えてから、入試の日までは、少なくとも半年以上はあるでしょう。半年間、きっちりと看護予備校で学べば少なくとも受験するレベルまでには引き上げることができます。
そして、看護学校の受験に合格するには、筆記テストだけ高得点を取ったとしても、看護学校に提出する「志望動機書」や「面接」で失敗するかもしれません。
これらのことを、全て独学でこなすには、正直無理があります。看護学校の受験を短期で合格を考えるのであれば、看護予備校の利用は必須になってきます。

社会人が看護学校の受験において最短の時間で最大の成果を出すために守っておきたいこと

社会人にとって、看護学校の受験を目指したのであれば必ず合格を手に入れたいものですよね。上記にも色々と看護学校の受験に必要なことを書いてきましたが、社会人が看護受験で最大限の結果を出すためには、やはり毎日数十分でもいいので勉強を続けることです。
看護学校の受験を目指してから、それぞれ入試の日までの日数は異なると思いますが、例えば、看護学校の入試の日まで約8か月間だったとします。
8か月は240日あることになりますよね。あなたにとって、一日3ページ問題をすることはできますか?もしこれが可能であれば、必ずといっていいほど看護学校の受験に合格することができるでしょう。
240日間、入試の日まで3ページ進むことができれば、あなたの頭の中には、720ページの問題集が詰まってることになります。これは、問題集に換算すれば、約9冊が入っていることになります。9冊も問題集をこなすことができれば、十分に看護学校の受験に合格することができるでしょう。
確かに毎日やり続けることは大変ですが、必ず結果はついてきます。当看護予備校では、毎回学生の進度をチェックしますが、コツコツと、毎日、勉強をしている人は、入学当初と比べて驚くほど成長しています。
当看護予備校では、学生進度をチェックしているので、それに合わせて学生もしっかりと頑張ってくれています。
数か月後には、晴れて看護学生として、看護師を目指すことができるので、受験を決めたのであれば、数ヶ月間は、コツコツと受験勉強をする癖をつけていきましょう。
少しずつの積み重ねが看護学校の入試日に最大限の力を発揮してくれます。

我慢強く粘れる人が短期間で看護学校受験に合格できる。

看護学校の受験に合格できる人のタイプとしては、我慢強く粘れる人が、合格通知を手にすることができます。粘り強くといってもよくわかりませんよね。
その理由は、看護学校の受験を考える人は、おそらく社会人入試を受験すると思いますが、社会人入試から始まって、一般試験までの期間はおよそ4ヶ月間あります。
もちろん、社会人入試で合格できることが何よりもうれしいのですが、社会人入試は簡単に合格できるものでもありません。
よく社会人の方でも勘違いされている方もいますが、決して社会人入試は、社会人の方を優先的に入学させてくれるわけではありません。社会人の方にも、受験のチャンスを与えてくれるだけで、実際の倍率は「10倍から20倍」とも言われています。
当看護予備校でも、毎年多くの人が社会人入試を受け合格しますが、社会人入試で不合格になった場合、次の入試チャンスは、一般試験になります。周りの学生が、社会人入試で合格していくとついつい焦ったりもしますよね。
ここで、大切なのは粘りづよく、受験勉強をやり続ける気持が大切です。最後の最後まで頑張った結果看護学校の受験に合格できている人もたくさんいます。
実際、最終の一般後期試験で合格した学生が、看護学校に入学後学年でトップの成績を修めている事例もあります。
途中で社会人入試というものがあるので、どうしも不安になりますが、目標は看護学校の受験に合格することなので、決して、最後まで粘り強く、受験勉強を続けて下さい。

短期で看護学校の受験で合格するには、ストレス発散も必要

看護学校の受験勉強をしているとついつい、周りが見えなくなってしまうこともあります。なぜ、看護学校の受験勉強をしていると周りが見えなくなるのでしょうか?
それは、知らぬ間にどんどんあなたに「合格しなければならない。」というプレッシャーがかかってくるのですよね。
人は何かを始めた時、やはり結果が欲しくなるものでもあります。もし同じ看護受験を目指している人が、自分よりも先に看護学校に合格してしまったら焦りませんか?
もちろん焦りますよね。当看護予備校でも毎年、焦ってしまう学生を見受けることがあります。「学力も十分」「コミュニケーション能力も十分」そのような学生さんだって最終の一般試験まで残ってしまうことがあります。
その理由は、看護学校の受験は、「筆記テスト」や「面接試験」の両方でクリアしなければなりませんが、後一つ大切なものが残っているんですよね。でも、こればかりは、自分の力だけではどうすることもできないことなんですよね。
それは、あなたが受験した看護学校があなた自身を必要としているかどうかなんですよね。
「成績優秀・コミュニケーション能力も十分」だけど、看護学校の受験には不合格になることは多々あります。
これは、就職活動と同じですよね。最高のパフォーマンスで自分自身をアピールできたとしても、採用してもらえないことはたくさんありますよね。
なので、看護学校の受験に合格するには昔ながらの「当たって砕けろ」の精神も必要になってきます。
勉強疲れで、表情が暗くなってしまっていては、面接試験で不合格になる確率もグーンと上がってしまいますので、たまには息抜きもして、余裕のある状態で、看護学校の入試を迎えましょう。

学生にとって看護学校の受験で実力を発揮するにはどうすればいいのか?

受験生にとって、入試で最大限に実力を発揮できることは、誰しもが願うことですよね。
もし、看護受験で「苦手な問題が出題されたら・・・」「知らない英文法や漢字がでたら・・・」なんて思ってしまうことは多々あります。
当看護予備校でも、一生懸命に受験勉強している方でも、常々このような不安をもちながら受験勉強をしている方も見受けられます。
ここで、よく考えてほしいことは、受験問題で100点を取る必要はないということを覚えておいて下さい。
入試直前になり、過去問等をしていくと、問題を間違えるたびに自分自身を痛めつけてしまう人もいます。
入試問題には、初見では解けない問題も多々あります。その問題にこだわってしまうと、他の問題で点数を稼ぐことができません。
また、マイナス思考になり、簡単な計算問題などを間違ってしまうおそれもあります。
難しい問題を間違えることは決して不思議なことではありません。逆に簡単な計算問題をもし間違えたとしたら、それは、しっかり反省点にあげておきましょう。
当看護予備校でも、毎年受験生にアドバイスしますが、どんな難しい問題だとしても70点とれれば合格圏内には十分入ってきます。
そして、試験時間を考えると全ての問題を解けないこともよくあることです。
なので、まずは、70点分とれた時、自分は看護学校の受験に合格できるんだと褒めてあげてください。
そして、余裕があれば、その上のステージに上がるようにしましょう。

短期間で看護学校の受験で合格するには苦手科目を克服するのが大切。

看護学校の受験を短期間で合格しようと思った時、自分自身の得意科目で勝負をかける人もいますが、これには少しリスクがあります。
看護学校の受験を短期間で合格しようと思った時、必ずといっていいほど皆様は社会人入試を受験すると思います。
社会人入試では「国語と英語と面接」や「小論文と面接」だけで受験できる看護学校もありますが、そもそも、社会人入試で合格することが、ものすごく大変なことだということは覚えておきましょう。
受験生の数が200人ぐらいいたとして、合格できる人はわずか6名など、かなりきつい競争率に勝たなければなりません。
そこで、考えなおしてほしいことは、社会人入試を受験することは大切なので必ず経験してもらう必要はありますが、本来の目的は一般入試も含めて、最終的に看護学校の受験で必ず合格するということです。
一喜一憂するのではなく、一般試験の最終日がくるまで、看護学校の受験に合格するには長いスパンで考えておく必要があります。
当看護予備校でも学生様には、数学を制する者が看護学校の受験を制するということをお伝えしますが、だけど、数学で高得点を取ることは難しいんですよね。
逆に言えば数学でしっかりと入試で点数がとれるようになると、合格できる確率が非常に高くなるということです。
看護学校の受験には、数学が必要な学校がほとんどですが、社会人入試などの特別な入試枠では、一部数学の試験が必要ないところもあります。
数学が苦手な人は、上記のような看護学校を受験しますが、この少ない枠で合格を勝ち取るには、それこそ、英語と国語はパーフェクトに近いぐらい点数を取る必要があります。
なので、これから看護学校の受験を目指す方は、しっかりと「英語・国語・数学」これらの3教科で平均的に点数をとれるような学習をしていく必要があります。
もし仮に、あなたの数学の点数が70点近くとれることがあれば、看護学校の一次試験(筆記試験)に合格できる確率は かなり高くなるでしょう。
なので、数学に関して苦手意識をもつのではなく、これから新しく学んでいくつもりで、コツコツと基礎から積み上げてください。

日常に看護受験勉強とは違う用事が入った時のために、勉強の貯金をしておきたい。

当看護予備校には、毎年、看護師を目指して、看護学校の受験に励む社会人の皆様が通われています。
看護師になりたい。そう思って、社会人の皆様が受験勉強に励んでいる時、思わぬ別件が入ってきます。
例えば、「残業」「飲み会」「休日返上の仕事」、また主婦であれば「ご家族での出来事」「旦那の仕事ペースの変化」「子供の発熱」など、高校生が、受験勉強している時には起こらないことが、社会人の皆様にはおきます。 しかし、これらの、変則的なできごとにも柔軟に対応することが、社会人の皆様にとって、看護受験を乗り越えるコツともいえます。
全ての学生はありませんが、当看護予備校でも、本来であれば、毎週通えていた学生様でも、色々な原因で数週間休まざるを得ない時もやってきています。
もし仮に1か月間勉強ができなくなったとすれば、1か月後から、再度看護学校の受験に向けてモチベーションを上げることって難しいですよね。
なので、看護受験を目指したのあれば、最初が肝心です。最初ある程度の速度で基礎能力を上げていくことです。
そして、必ず、途中で別件が入ってくることも想定しながら受験勉強の貯金をしていきましょう。
毎日問題集を「数ページ」解いていくことを必ず決め、必ずの問題ページ数をこなしておきましょう。
毎日、勉強することで、皆様の勉強に貯金ができます。この貯金が急な、別件にも対応して来ることになります。

短期で看護学校の受験合格を目指している時、思わず諦めたくなる時の対処法

看護学校の受験を目指している時、資格取得といっても、色々な用事とも重なり、勉強が上手くいかず諦めたくなる時もあると思います。
そこで、ゴールには何が待っているのかを再度確認することで、今頑張っている受験勉強に弾みがつきます。当看護予備校でも、どうしてもモチベーションが下がってしまった時は、学生様には色々なアドバイスをします。
では、看護国家資格を取得することでどんなメリットがあるのでしょうか?
”@資格取得できれば、就職に困ることはほとんどない。 A年齢が高くなったとしても同病院で働き続けやすい。 B女性一人が家族を養えるだけの十分な給料をもらえる C他の資格では考えることができない転職のしやすさ Dクレームではなく人に感謝をしていただける仕事 など、
他にも、看護師資格取得後には、現在の生活とは全く違ったものが見えてきます。一例をあげれば、当看護予備校で看護学校の受験に合格した人の多くが、自分自身の人生が大きく変わったとまで、感謝頂くことも少なくありません。
先の就職が見えない「子育て中のママ」や現在の会社にいつまで働いておくことができるのか分からない「不安な社会人」にとって看護国家資格は、喉から手が出るほど、欲しい資格であることは間違いありません。
確かに短期間で看護学校の受験に合格できることが一番いいかも知れませんが、現在の年齢が30代ぐらいであれば後10年間は看護学校の受験を目指す価値はあります。
もちろん、看護国家資格を目指すのは、年齢が若ければ若いほど、有利ではありますが、現在の仕事と両立しながら、受験勉強を考えていく上では長い目で見ることも資格取得には大切かも知れません。

看護予備校で学んでいる人が看護学校の受験に短期で合格できる理由。

看護学校の受験を目指した時、それぞれの生活環境によって、受験勉強のスタイルも様々だと思います。
しかし、看護学校の受験は、他の大学受験とは違い、一筋縄でいかないことだけは確かです。
多くのテストでは、筆記テストの内容さえしっかりできていれば、出来るでしょう。
しかし、看護学校の受験では、筆記テストがたとえ満点だったとしても、「合格できるか」「合格できないか」は50%&50%です。
その理由は、看護学校の受験には、一次試験の筆記テストだけではなく、二次試験の面接試験に合格しなければ、看護学校に合格することはできません。
この二次試験の「看護学校の面接試験」に合格するには、ノウハウが必要になってきます。
行き当たりばったりで、看護学校の受験面接を受けたとしても恐らく不合格になるでしょう。
この看護面接を受けるにしても、看護学校の入学願書で、あなたがなぜ看護師を目指したのかも詳しく書かなければなりません。
この、入学願書に書く志望動機書も、看護学校の受験を乗り越えるためには、必ず、看護学校側に、認めてもらえるような内容でなければ、この時点で、看護師をとして、不適合だと見られてしまう可能性もあります。
これらのことは、中々独学では、難しいですよね。そこで、筆記テストのことから、看護面接のことまで、看護学校の受験を全て熟知しているのが、看護予備校になります。
学生や社会人、そして子育て中のママであっても、看護学校の受験に合格できるのは、看護学校の受験に必要なことを、全て的確に行っていくからこそ、看護学校の受験に合格することができます。
社会人になってからの受験勉強は、非常に大変なことがだと思いますが、だからこそ、必ず資格取得ができる看護学校に合格したいですよね。
悩むことは、色々とあると思いますが、看護師を目指し、最短で看護学校の受験に合格することを考えるのであれば、看護予備校に通うことが一番の近道かもしれません。

看護学校の受験を短期で合格するなら、少しでも早く受験勉強のスタートを早くしよう。

看護学校の受験、それは、社会人の皆様の人生を大きく左右するものでもあります。
もし仮に今、あなたの手に何かしらの資格を持っているのであれば、その資格を必要としている会社があれば、再就職することも可能かもしれません。
しかし、何も資格を持っていないのであれば、会社はあなたを必要としてくれるのでしょうか?
残念ながら、現在の資格の時代で、何も資格を持っていないのであれば、転職や再就職は非常に厳しくなります。
あなたより年齢の若い方が同時期に、面接にくれば、たちまち、あなたの就職の防ぎとなってしまいますよね。
そこで、現在多くの社会人が目をつけている資格が看護国家資格になります。国家資格ですから、この上ない資格の強さを持っています。
当看護予備校に通われている学生も、看護国家資格を取得するために、日々受験勉強に明け暮れています。
もし、看護国家資格を取得できれば、今後の長い人生が大きく変わることを当看護予備校に通われている学生様はそれを目の当たりにしているからです。
長い人生のほんの1年間、学生時代に戻った気分で、受験勉強することにより、今後今よりも長い人生で、就職に困らない資格を取得できるチャンスがあるのですから、是非ともチャレンジする価値はありますよね。
ここでひとつ覚えておいた方がいいことは、看護学校の受験は、社会人であったとしても、一歳で年齢が若い方が、合格できる確率が高いことです。
看護学校の受験をしようかどうか迷っている間に、数年たってしまう人もいますが、年齢がたてばたつほど不利になります。
なので、看護学校の受験を目指そうと思うのであれば、一日でも早く受験勉強を始めることをお勧めします。

看護学校の受験の難易度の噂は本当!?

看護学校の受験に成功した人の話を、これから看護学校の受験を考える人は、ちらほら耳にしたこともあるかもしれません。
その中でも、絶対に信じてはいけない情報もあります。それは「看護師になるのは簡単だよ。」この情報が、受験生を一番混乱させます。
簡単なら私も受けてみようかな!?この考え方で受験勉強をスタートしてしまうと、受験勉強のモチベーション下がった時に、リタイアしてしまいます。
それよりも、初めからある程度、受験勉強をしなければ、看護学校に入学することは難しいと思っておくだけで心の準備ができているので、諦めることなく、最後まで頑張り続けることができます。
戦後には、看護師だけでは業務をまかないきれないのために、中卒であっても、看護師より簡単な看護の知識と技術を持つ、「准看護師」というものが生まれました。
当時は、看護師の人数だけではどうすることもできず、ある程度の人であれば、みな准看護師として働くことができました。
しかし、今は昔とは全く違います。「准看護師資格」であっても「看護師資格」であっても、その資格を学ぶための看護学校の受験問題は、非常に難しいものになっています。
当看護予備校にも、毎年たくさんの人が個人面談に来られますが、皆さん受験問題の難しさに、びっくりしています。准看護学校の試験だって、侮ることはできません。
今の時代は、准看護学校であっても看護学校であっても、それなりに受験勉強を看護予備校で、学びながら、看護学校の受験準備するのが、看護学校の合格の一番の近道となっています。
看護予備校に通うことで、看護学校の受験に必要なことを全て教えてくれますので、これから看護学校の受験を考えるのであれば、まずは、看護予備校に相談してみましょう。
あなたの、人生が大きく変わるかもしれません。
当看護予備校にも、毎年さまざな職業をもつ、社会人の学生が、受講されに来ます。
その中でも、夜勤が厳しく、受験勉強に集中できない人も多くいます。
定期的な休みや、毎日会社の終わる時間帯が同じなら、日常のサイクルに受験勉強をいれることも簡単ですが、休みもバラバラ、会社の終わる時間もマチマチ、これでは、受験勉強どころではありませんよね。
では、そのような人がどのようにして、看護学校の受験を乗り越えることができるのでしょうか?
その前に、看護学校の受験レベルがどれほどのものかを、自分自身で把握しておく必要があります。もし、看護学校の受験レベルが、わからない時は看護予備校の面談などで一度聞いてみましょう。
受験勉強となると、一日8時間の勉強をしなければならないの?なんて、看護受験に対して、身構え過ぎている人もいますが、そこまでしなくても看護学校の受験に合格することはできます。
あなたにとって、一日一時間の余裕はありますか?もし、一時間受験勉強に使えるのであれば、十分看護学校の受験に合格することはできます。
しかし、独学ではなかなか難しいので、看護学校の受験を目指すのであれば看護予備校に通いましょうね。
一日1時間の勉強時間を取ることができれば、一日だいたい3ページぐらは進むと思います。
短期で看護学校の合格、さらに、忙しい方が看護学校に合格できる人の特徴としては、コツコツと少量の勉強を積み重ねていける人です。 受験勉強の鉄則としては、時間がある時に大量にするのではなく、毎日少量でもいいので、コツコツと積み重ねる人が、看護学校の受験生後者には多いです。
もし、忙しくて受験勉強なんてできない、でも看護学校に合格したいと思う人は、毎日コツコツと決めた問題集のページ数をこなしてみてください。
そこには、明るい未来が待っているかもしれません。

看護学校の受験勉強で先が見えなくて、落ち込んでしまう人はこれを試してみよう。

看護学校の受験勉強をしていると、いつ終わりが来るんだろうかと不安になることもあります。結局は受験勉強は合格するまで、終わりが来ることはないので、精神的にも病んできたりもします。
そこで、看護学校の受験を控えている人は、とにかく、自分自身が受験する学校の過去問だけではなく、あらゆる看護学校の受験問題を解くことをお勧めします。
当看護予備校でも学生さまには、受験を予定している看護学校の過去問だけを解くことを進めているわけではありません。
各看護学校それぞれ、偏差値が異なりますが、偏差値の低い看護学校だからといって、受験問題が簡単なわけではありません。
色々な看護学校の受験問題を解くことによって、受験慣れもしていくことを始め、もし、8割近くの点数を取ることができれば、自身にもつながってきます。
さらに、自身が受験しようと思っている看護学校で類似した問題が出題されるパターンも少なくありません。
受験前は、ある程度全ての問題をこなし、復習段階に入っているからこそ、このままで看護学校の受験は大丈夫なのかと不安いっぱいになります。
当看護予備校では、復習を何よりも大切していますので、自身をもって復習をし、色々な看護学校の問題を解くようにして下さい。

看護学校の受験勉強を短期で合格できる人は志望理由がはっきりしている。

あなたは、なぜ看護師になりたいと思いますか?いきないりこのような質問をされても実際困りますよね。
しかし、短期で看護学校へ合格を決めれる人はこの志望理由がはっきりしています。
例えば、自分自身の叔父や叔母が他界する前、病院での看護師の姿に感銘をうけ、自身も看護師を目指すことを決意!
また、幼少期、病気がちで、病院にお世話になることが多く、その際に看護師に助けられたのがきっかけで自身も看護師を目指そうと思った。など
看護師になる理由が、はっきりしています。また、将来の生活を安定させるために看護師を目指すのも一つの方法ですよね。
このように、自分自身が何かを手に入れる理由がある人ほど、看護学校の受験に合格したい思いがより一層強くなるので、辛い受験勉強も乗り越えていくことができます。
当看護予備校でも、学生に個人面談の時、看護師になりたい理由を聞きますが、「なんとなく看護師を目指そう」と思う人よりも「何としても看護師になりたい」と思う人の方が、受験勉強も途中であきらめず、最後までの乗り越えていくことができています。
当看護予備校の学生にもお勧めしているのが、看護学校のオープンキャンパスやセミナーには参加するように伝えています。
看護学校のオープンキャンパスやセミナーに参加することがより一層看護師になりたい思いが強くなるので、受験勉強に励みがつきます。

短期で看護学校合格を目指す人で志望理由の浮かばない人はこれがお勧め!

看護学校の受験を目指した時に、できる限り短期間で看護学校に合格したいですよね。
看護学校の受験はとにかく「筆記試験で、一次試験をギリギリでもいいのでクリアすること」これは、二次試験に進むためには必須ですが、一次試験をギリギリで合格はしたが、二次試験の面接で躓く人も多くいます。
面接試験は、面接試験官との相性もあるので、完璧に面接ができたからといって合格できるものではありませんが、合格できる確率をできる限り上げることは必要です。
当看護予備校の学生も、面接試験で他の生徒の受け答えを聞き、「これでは不合格になるのでは?」と判断ができるぐらい面接を自分のものにしている学生もたくさんいます。
でも、なぜこのようなことがわかるのでしょうか?それは、看護予備校では、看護学校の受験面接の練習を念入りに行うからです。
それぐらい、看護学校の受験面接が難しいとも言えます。
もし、面接練習をせずに看護学校の受験面接をうけたのであれば、その大半が不合格になるでしょう。
その面接の運命の半分を握っているのがあなたの志望動機になります。その中で、看護師になりたい志望動機が中々見つからないのであれば、看護師になった経験を書いている本を読むことです。
本を読むことでその仕事事情も把握できますし、さらに、看護師としての辛さや喜びも理解することができます。
そして、その本を読んだ上で、身近な病院見学をして下さい。きっとあなたの看護師になりたい志望理由がはっきりしていきます。志望理由はどんなパターンであれ、経験したものでなければなりませんので、本を読み、病院を見学して、経験値をあげましょう。

短期で看護学校合格を目指す人はとにかく謙虚!

看護学校の受験に何としても合格したい!!その思いが強くなればなるほど、自分だけ合格したいなんてことにもなりかねません。
なぜ今この話を、話していくかというと、看護学校の受験には面接でもいくつか種類があります。
看護学校の面接は、シンプルに「個人面談」そして「グループ面接」「グループディスカッション+個人面談」この3種類があります。
個人面談では、自分自身をフルにアピールすることが一番いいのですが、一番厄介なのが「グループディスカッション+個人面談」です。
このグループディスカッションでは、あなたの「行動」「コミュニケーション能力」「思考力」などをチェックされます。
グループディスカッションで、看護学校の面接感にアピールしたいために、一人独断で話していく人も中にはいます。
これでは、まったくコミュニケーション能力が発揮されていませんですよね。当看護予備校でも、グループディスカッションについてもアドバイスをしていきますが、「話さないのもダメ」だけど、独裁的な話し方も絶対に駄目です。
そこで、大切なのは、人の話を聞き、どのような内容でも受け入れ、それに対して、具体的に説明ができなければなりません。
そこで、看護学校のグループディスカッションの練習のために、普段から、謙虚な姿勢を癖づかせ、相手の話をよく聞き、出しゃばらないようにすることを、当看護予備校の生徒には説明していきます。
簡単に説明すると場の空気をしっかり読みながら行動することが何よりも大切だということです。
しかし、謙虚と消極的とは違うので気をつけて下さい。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
看護予備校だからわかる看護学校を目指す受験生の不安のパターンと解消法。
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.