看護学校の試験の準備は何をすればいいのか?

まず初めに、当たり前になりますが、看護師を目指すためには、看護の教育を行っている看護専門学校か看護大学の受験に合格しなければなりません。
看護学校の入試方法にも色々とありますが、一番早くに行われる受験は、推薦入試になります。入試を受ける前に願書を届ける必要がありますが、毎年10月ぐらいのスタートになります。そして、合格発表は、試験日から約2週間ほどで結果が出ます。
しかし、入試までは、時間があるようで、実はあっという間に過ぎてしまうので、各看護学校のホームページなどで、試験日程や願書の提出日などを、何度も確かめておかなければ知らぬ間に、願書提出日が過ぎてる時もあります。

看護専門学校の一般試験について知識を入れておこう。


看護専門学校の受験には、推薦入試以外に一般試験もあります。一次試験・二次試験・三次試験まであるところも少なくありません
看護学校の募集定員は、受験者数と比べはるかに少ないので、中々一度で合格することは難しくなっています。
そして、看護学校の受験は、筆記テストで約半数以上が不合格になり、二次試験の面接試験で再び約半数以上が不合格になります。
このように、看護学校の受験の試験倍率は高いところで10倍を超えるところもありますので、一筋縄ではいきません。

看護短大や看護大学の一般試験について日程はいつ?


看護専門学校の受験には、推薦入試以外に一般試験もあります。一次 看護系の短大や看護大学の一般入試は1月ぐらいに願書を受け付け、その後、2月から3月頃に試験があります。
センター試験を利用する方も中にいますが、一次試験に合格すれば、二次試験が3月上旬ぐらいにあります。
しかし、毎年受験日には前後があるので、常にチェックするように心がけましょう。

看護学校の受験をするための手続き方法も知っておこう。


看護学校の受験をする時には、必ず入学願書が必要です。入学願書を手にするには、志望する看護学校で、願書をもらう必要があります。
その他に「高等学校卒業(見込み)証明書」「高等学校成績証明書」「人物調査書」「身上書」 「健康診断書」「受験票」「写真」など、看護学校の受験をする際には、学校によってさまざまなものが必要です。
もちろん上記がすべてではありませんので、看護学校の願書に書いているものをしっかりとそろえた上で、看護学校の受験に向かって下さい。
少しでも不備があると不合格になりますので、気をつけて下さい。

看護学校の受験の試験料はいくら?


看護学校の受験は無料で受けれるわけではありません。学校により、様々ですが、大学系は4万円ぐらいが試験料金になり、看護専門学校はもう少し安くなっています。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.