京都医療センター附属京都看護助産学校
教育理念
当校の教育理念「感じる心、考える力、主体的に行動する」を学校環境の中にも感じ取ってもらえるような象徴を学校エントランスや図書室棟に配置しています。 緑豊かな学校の中で看護師としての使命を感じ、真摯に学ぶ学生の皆さんを支援しています。
ナースキャップの誓い
場所:学校エントランス
当校の中央階段には、天井から約10mのナースキャップをデザインしたモビールが優雅にしなやかに飾られています。これは看護師を目指 した学生が自らの誓いを意識し、勉学に励むことを応援する象徴となっています。
2つの葉
場所:図書室前の壁
図書室の入り口には大きな2枚の葉のオブジェが柔らかな光と共に学生を迎えています。これには2つの願いがあります。ひとつは「こと葉」−知識の伝承には言葉が不可欠です。看護の学習に研鑽する学生が、学びを深めるために訪れる図書室を見つめています。もうひとつは「みどりの葉」−歴史と自然豊かな伏見の地で、緑に囲まれ生き生きと学ぶことを支えています。
教育目的
看護師・助産師として必要な知識、技術及び態度を教授し、 独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献しうる有能な人材を育成する。
京都第一赤十字看護専門学校
京都第一赤十字看護専門学校は昭和9年に開校し、平成26年に80周年を迎えました。赤十字の基本理念である人道に基づき、進化し複雑化する看護の分野において社会の要請に応え得る、看護に関する幅広い能力と豊かな感性を持った看護師を育成して参りました。 赤十字の看護教育の基礎は1859年、イタリア統一戦争におけるアンリー・デュナンの敵味方の区別無く、傷病兵の救護に駆けつけたことから始まります。ことに赤十字の精神に基づいた看護師は「こころのケア」に大変重要な役割を果たし、本校の卒業生も多くの人が活動して参りました。 本校の特色の一つは、救命救急センター、総合周産期母子医療センターを持ち、京都府ガン診療拠点病院にも指定され、高度で専門性の高い医療を提供する京都第一赤十字病院に併設されている事です。直近の施設で優秀な指導者による実践的な看護教育を行っている事があげられます。平成26年11月に、学校の校舎自体も新築整備され、より恵まれた環境での看護教育が可能となりました。また必須科目に音楽を取り入れ、附属病院でのコンサートにも参加し、豊かな人間性を育んでいます。 熱意と希望に溢れた皆さんを教職員一同お待ちしています。
京都第二赤十字看護専門学校
京都第二赤十字看護専門学校は1949年に開設され、赤十字の基本理念―人道、公平、中立、独立、奉仕、単一、世界性―に基づいた看護の教育方針で現在までに約2000名の優秀な看護師を輩出しています。赤十字の看護教育は日本赤十字社の重要な設立目的の一つであり、我が国における看護師養成の根本的な基盤となっており、赤十字社の看護師は一般に広く信頼され高く評価されています。
 本校は京都第二赤十字病院に併設される付属看護専門学校であり、当院が主たる実習病院となります。当院は京都市の中心部、京都御苑や府庁に隣接する要地にあり、歴史的にも京都府の日赤病院の発祥地です。古くから京都市民のみならず府下、近隣の他府県民からも信頼の厚い病院です。京都府で最初、全国的にも超早期に設立された救命救急センターを中心とした救急医療と地域支援病院・地域がん診療連携拠点病院としてがん診療その他高度急性期医療に特化した病院です。現代の高度かつ複雑化した医療現場において、豊かな人間性と看護に関する幅広い知識を兼ね備えた専門の実践者養成のための実習病院であることを強調します。
 本校の特色としては、まず良質な教職員と生徒たちの親密な信頼関係があげられます。院内で実施される高校生達の看護体験やオープンキャンパスなどにおいて、その友好的で親近感あふれる学校の雰囲気を実感していただき注目されています。学校の教職員は非常に教育熱心であり、生徒の自主性・主体性を重視したマインドマップRやポートフォリオなどの新しく、実践的な教育方法を導入し学生達はもとより、学外からも高い評価を得ています。病院内の指導担当看護師たちも実習指導方法を工夫し効率的かつ有効な教育を企画しており、学校教育から実際的な病院勤務に続くシームレスな看護教育を実践しています。
 看護師になりたいと思う夢の実現のために学校職員のみならず、病院職員全員が一致協力いたします。どうぞ楽しい仲間になって頑張りましょう。 必ず、楽しい学校生活が待っています。
京都中央看護保健大学校
本大学校は、看護学科と看護保健学科を併設する4年教育の専門学校です。
進歩する医療や高齢化する社会の中にあって、看護職者には揺るぎない専門知識・技術を持つことだけでなく、病院だけでなく地域社会をフィールドにして活躍できる人材が求められています。
本大学校では「4年」で学習する教育カリキュラムを導入し、看護学科では安全で安心できる医療が提供できる看護実践力を持ち、人々の生命と生活を護る看護師を、看護保健学科では病院と地域社会の双方で人々の生命と健康と生活を護る看護師・保健師を目指します。
京都桂看護専門学校
教育理念
本校の教育は、生命の畏敬・人格の尊重を基本精神とする豊かな人間性を陶冶し、看護師として必要な知識・技術を修得させるとともに、学際的・主体的・研究的に学ぶ姿勢を養い、国際的視野にたって、広く社会に貢献できる有能な人材の育成をめざします。
教育目的
本校は、学校教育法及び教育基本法に基づき医療専門課程を設置し、保健師助産師看護師法による看護師として必要な知識及び技術を修得させかつその徳性を養い、社会福祉に貢献し得る有能な人材を育成することを目的とします。
京都保健衛生専門学校
京都保健衛生専門学校 教育理念
「心豊かな医療人の育成」 保健医療福祉に必要な知識と技術を教育する 保健医療福祉現場に携わる自覚と人を尊重する心を育てる 社会の変化に対応できる柔軟性と探求心を育てる
アドミッションポリシー
看護学科三年課程
仕事の特性としてまず大切なのは、人に対して関心を持つことです。 人に接することが好きで、明るく素直で表情豊かな人柄が最も望まれます。 さらに看護学を学んでいくわけですから、思考の基盤には論理的にものごとが考えられ、さらに表現していく日本語の運用能力を持っている人が望ましいです。 そして自分の考え・行動に責任を持ち、学んでいくことに努力を惜しまない人に志望していただきたいと考えています。
臨床検査学科
なにより人体の仕組みに興味を持っていることが大切です。 そして興味を持ったことを継続的に追求していく根気よさが必要です。 また臨床検査技師は病気をもった人に対応していくわけですから、思いやりをもち責任ある言動ができる人に志望していただきたいと考えています。
臨床工学技士専攻科
臨床工学技士は、生命に直結する場面で、機器類を安全・正確に扱うことをとおして役割を果たしていく仕事です。 ですから、人体の仕組みに強い関心をもち、緻密な作業が継続できる人が望ましいと考えています。 また生命の危機に迫られた人を相手にしていくわけですから、思いやりのある言動がとれ、瞬時にチームワークがとれる協調性も必要です。
舞鶴医療センター附属看護学校
教育理念
明朗・闊達とは明るく、元気があると共に、心に余裕があることです。また、豊かな人間性とは、人を大切にし、他者を思いやる感性を持ち合わせ、関係性を築いていけること、誠実で責任のある行動がとれることと考えます。広い心で他者を受け入れ、誠実で思いやりをもった人間性を基盤に、専門的な知識・技術・態度を積み上げていくことが必要であり、その専門的な知識を用いて実践できるようになるために、自ら考えて行動する力、学習し続ける力を育成したいと考えています。
 学生は、自ら学ぼうとする力を持ち、様々な可能性を持つ存在であると捉えています。当校の地域性や自然豊かな学習環境を活かし、地域の様々な世代の人との関わりや、多くの体験を通して学びを得ることができる環境を整え、学生の探求心や想像力など、持てる力を引き出せるような教育を実践します。
教育目的
本学校は、看護師として必要な知識を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な人材を育成することを目的とする。
教育目標
1. 対象を総合的に理解できる能力を養う。
2. 対象の健康について理解する能力を養う。
3. 健康状態や生活の場に応じた看護を実践できる基礎的知識・技術及び態度を養う。
4. 保健・医療・福祉システムにおける看護や他職種の役割を理解し、チーム医療を実践する基礎的能力を養う。
5. 専門職業人としての自覚と責任のもとに、自己研鑽できる能力を養う。
6. 生命の尊厳と個々の人権を尊重でき、調和のとれた豊かな人間性を養う。
アドミッションポリシィ
人の生活や健康に関心を持ち、看護職者として社会に貢献したいという意欲を持った方
他者と良好な関係性をもつためのコミュニケーションをとることができ、協調性のある方
元気で明るく探求心を持ち、思慮深く考え学び続ける意欲を持った方
本校の位置づけ
本校は、京都府内の医療保健福祉施設で必要とする質の高い看護職者を育成し、その需要を果たすことが責務である。特に、設置地域である京都府北部の看護職者の充足に貢献することを期待されている。
教育理念
看護の対象は、共に生きる人間である。その原点に立ち「人間愛」を基盤とした豊かな感性を培い、人間を総合的に理解できる能力を育てる。また、社会の変化や医療の高度化・多様化に対応できる専門的知識・技術を身につけ、倫理に基づいた看護を実践し専門職業人として生涯にわたり看護を探究できる能力を養う。さらに、保健・医療・福祉チームの一員として、地域医療に貢献できる人材を育成する。
教育目的
社会のニーズに対応できる基礎的知識、技術を養い、倫理に基づいた看護が実践できる看護師を育成する。
教育目標
教育理念、教育目的を達成する為に、次のような具体的目標を設定して努力しています。
人を慈しみ、思いやる人間愛を基盤とした感性豊かな人間性を培い、良好な人間関係を築くことができる。
看護の対象である人間を総合的に理解できる能力を養う。
科学的根拠をふまえて、対象に応じた看護実践が出来る基礎的能力を養う。
保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チームの一員として看護の役割が果たせる基礎的能力を養う。
専門職業人としての倫理観を育み、主体的に看護を学び続ける基礎的能力を養う。
近畿高等看護専門学校
教育理念
本校は、看護師として必要な基礎的知識・技術・態度を習得させるとともに、日本国憲法の理念に基づき、平和で民主的な社会の形成者として、国民の基本的人権を尊重し医療・福祉に貢献できる、心身ともに健康で人間性豊かな看護師の育成を期して教育を行なう。
教育目的
本校は、看護師として必要な知識及び技術を習得させるとともに、人間形成をはかり、広く社会に貢献できる人材を育成することを目的とする。
教育目標
1. 「患者の立場に立った看護」を実践できる基礎的能力を養う。
2. 基本的人権を尊重できる、豊かな人間性を養う。
3. 人びとを総合的・全人的にとらえると共に、生活と労働の視点から理解できる基礎的能力を養う。
4. 看護に必要な基礎的知識・技術・態度を養う。
5. 相手の立場に立ち、共感的態度でコミュニケーションをはかることができる基礎的能力を養う。
6. 広い視野をもち、ものごとを科学的にとらえ、看護上の判断ができる基礎的能力を養う。
7. 倫理に基づいた看護を安全安楽に実践できる基礎的能力を養う。
8. 対象の個別性に合わせた看護を状況に応じて実践できる基礎的能力を養う。
9. 看護の対象を中心としたチーム医療の中で、看護の役割を自覚し、自主的・創造的に考え行動できる能力を養う。
10. 人びとが社会資源を活用できるよう、多くの職種と民主的に協力し、調整できるための基礎的能力を養う。
11. 学びあう姿勢を持ち、進展する医療に対応できるよう、生涯にわたって自らを研鑽できる態度を養う。
12. 常に自己の看護観を深め、より患者の立場に立った看護を追求できる態度を養う。
京都府医師会看護専門学校
教育理念
  ・ 本校は、慈愛・知性・勇気を基盤として教育します。
・ 慈愛とは、人間愛をさします。
・ 看護は、対象である人間の健康の維持・増進、回復、安らかな死に向けて自立を促す実践の活動です。そのために生命の尊厳と人権の尊重を基盤として感性豊な人間性を育みます。
・ 知性とは、看護に必要な知識・技術をいいます。
・ 科学的な根拠に基づいた判断力・問題解決能力・実践能力を育みます。さらに、専門職業人としての資質向上をめざし、生涯にわたり自己研鑚できる人材を育成します。
・ 勇気とは、自ら考え責任をもって行動することをいいます。
・ 専門職業人としての倫理観を備え、誇りを持って地域社会に貢献できる人材を育成します
教育目的
     本校は、教育基本法及び学校教育法に基づき、看護専門課程並びに看護高等課程を設置し、保健師助産師看護師法による助産師、看護師及び准看護師として必要な知識と技術を習得させるとともに、教養の向上と豊かな人格の形成とを図り、地域及び地域の人々の保健・医療・福祉を推進できる人材を養成することを目的とします。
教育目標
  1. 生命の尊厳と人権の尊重を基盤とし、感性豊な人間性を養う。
2. 人間を総合的にとらえ、幅広く理解する能力を養う。
3. 人々の健康上の問題を解決するために、科学的な根拠に基づいた判断力・問題解決能力・実践能力を養う。
4. 看護が実践の学問であることを認識し、安全に看護を提供できる能力を養う。
5. 専門職業人としての倫理観を備え、社会の要請、地域住民のニーズに応えられる基盤を養う。
6. 専門職業人としての資質向上を目指し、生涯にわたり自己研鑽する態度を養う。
日本バプテスト看護専門学校
教育理念
本校の教育はキリスト教精神を教育の基本理念とし、専門職業人としての教育を行い、豊かな人格の形成及び個人並びに社会に貢献する有能な看護師の育成を目指すものである。
教育目的
キリスト教精神に基づき、看護師として必要な知識・技術及び豊かな人格を持つ人材を育成することを目的とする。
本校の特色
本校は京都北白川の緑に囲まれた静かな自然環境にあり、勉学、実習にも絶好の場所にある。
特に、看護師としての実践的な知識や技術を養う上で重要とされる実習施設が同一敷地内にある。
ホスピス病棟・NICUを備えた日本バプテスト病院をはじめ、老人保健施設、訪問看護ステーション、在宅ホスピス緩和ケアクリニック、社会福祉法人の保育園などで、保健・医療・福祉の総合的な学習ができる理想的な環境にある。
本校の最大の特徴は、1学年24名という少人数の学年編成による「face to face」の密着度の高い授業展開にある。
また、開校以来、卒業生は日本バプテスト病院をはじめとして、国内は勿論のこと国外にも活躍の場が広がっている。
洛和会京都看護学校
教育理念
豊かな人間性をもち、科学的思考を基盤とした、対象の立場を広く、深く判断し、対象の生き方と自立を支援する科学的看護の実践者の育成をめざす。
教育目的
人間を総合的に理解し、人間愛と人権意識に根ざした、対象から信頼される専門的パートナーシップを備えた看護職を育成する。
科学的看護の実践を行うために、必要な専門的知識および技能を身につけ、多様な対象の個別性に対応できるよう、知識を自ら探求し、解決していく姿勢をもった看護職を育成する。
教育目標
1. 人間愛を基盤に、倫理観を備え、調和のとれた人間性を身につける。
2. 科学的思考に基づいた看護が実践できる能力を養う。
3. 専門職業人としての責任と役割を理解し、常に自己研さんする態度を養う。
公立南丹看護専門学校
求める人物像
「人」と「人」とのかかわりの中での仕事です。 「人」に関心を持ち、相手の「おもい」に近づこうと「努力」ができる人。そのためには、「その人」にとって「よいこと」とは何かを常に考え、「今、自分の行動がどのような影響を及ぼすか」想像できる人。健康で将来看護師として地域医療に貢献する意思のある人を求めています。
教育理念
変動する社会の一員として存在し、自ら楽しんで基礎知識・専門知識を積み重ね、自己能力を開発・向上し、社会に貢献できる人材の育成。
【1】 感受する能力を高める。
感性を高め、さまざまなことに興味を持ち視野を広める。探求心をつけ、自ら疑問を追求する姿勢を養う。感受した情報を的確に分析する能力を育てる。
【2】 理解する能力を深める。
基礎知識・専門知識を積み重ね、科学的根拠のもとでの看護活動が展開できる力をつけさせる。一般教養を身につけ、倫理観を養い、対象である人間を全人間的に捉えることができる。また、すべての人間を尊重できる豊かな人格を身につけさせる。
【3】 表現する能力を豊かにする。
常に相手の立場を理解して接することができ、医療・保健・福祉全般にわたる広いフィールドにおいて看護活動が展開できる能力を身につける。
教育目的
対象である人間を身体的・精神的・社会的側面から全人間的に捉えることができ、その個々を尊重し、科学的根拠に基づいた看護を実践するための専門的知識・技術・態度を修得し、社会のニーズに対応した能力を身につけ、他関係職種との協働を図り社会に貢献できる専門職業人を育てる。
教育目標
命の尊厳を尊重し、倫理観を備え、感性豊かな人間性を養う。
看護の対象を全人間的に捉えられる能力を養う。
変動する社会の動向に関心をもち、地域住民の環境・生活・健康を総合的に理解し、疾病予防、健康障害に応じた基礎的能力を養う。
科学的根拠に基づき看護実践ができる基礎専門知識を修得し、問題解決能力を養う。
保健・医療・福祉関係職種や看護対象者とその家族と協働でき、チームの一員として社会資源を活用できるよう調整力と基礎的能力を養う。
自己の向上を目指し、常に研鑽する力を養う。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.