看護師とは

これから、看護師を目指し、看護学校に合格するために、独学やまた、看護 予備校などで受験勉強していきますが、そもそも看護師の仕事とは何でしょうか?
看護師の仕事は、医師が指示するもとで、患者様の診療に対して、「補助すること」や患者様が、入院した後にできる限り過ごしやすいように、病院での生活の「援助」を行ったりしまうす。
その中には色々な業務が含まれます。そして、看護師になれば、医療チームの一員として、看護学校で学んだ専門的な知識や技術にさらに磨きをかけ患者をケアします。 看護師の仕事は、医師よりも患者様と接する時間が多いので、患者様からは色々な悩みやアドバイスなどを求められます。
看護師として、できる限り患者様の心身ともにサポートし、医療行為がしやすく、また安心して生活できる最環を提供するのも看護師の仕事です。
医療現場には、看護師なしではスムーズに流れることはできません。これから、看護を学び、一人でも多くの患者様を笑顔にして頂きたく思います。

これから看護師になるには何が必要?

現在看護国家資格を取得していない方が、看護師になるには、看護専門学校やもしくは、看護大学に通い、必ず看護国家受験資格を取得しなければなりません。
看護師には、「保健師助産師看護師法」という法律が定められています。これは、厚生労働大臣の免許をえることで、病院で入院されている患者の療養上の世話や病院に通われる患者様の診療の補助を行うことができます。
まずは、看護専門学校やもしくは、看護大学に通い看護国家受験資格を取得して、その後看護国家資格の国家試験に合格すれば、晴れて看護師としての道が開かれます。
看護師にも二種類あり、「正看護師」と「准看護師」があります。その中でも国家資格を取得しなければならないのが「正看護師」になります。
では、「准看護師」の場合はどのような資格が必要なのかは、正看護師と違い、国家資格ではなく「都道府県での試験に合格し、知事より免許」をもらわなければなりません。正看護師でも、准看護師でも必ず、看護専門の学校に通い、受験資格を取得しなければなりません。

看護師になるにもいくつかの種類があります。

看護師とは


一般的に、知られているのが「看護師」です。どれもこれも看護師ではないの?と思われますが、看護師とは看護国家資格を取得した者を看護師と言います。
看護師に詳しい人や、これから看護師を目指す人は、看護師のことを「正看護師」とも言います。

准看護師とは


看護師とよく勘違いされるのが、准看護師というものです。病院には、正看護師と准看護師の両方が働いています。
准看護師と正看護師の違いは、国家資格を取得しているか都道府県知事の資格を取得しているかになります。
また、業務内容も、正看護師に出来て、准看護師に出来ない仕事もあります。

認定看護師とは


認定看護師は、まず、看護師として5年以上の実践経験が必要になります。その上で、日本看護協会によって決められている615時間以上の認定看護師になるための教育を受け、さらに、認定看護師認定審査に合格しなければなりません。
看護師になった上で、認定看護師を目指す必要がありますので、一つ一つ段階を踏んだ上で目指すことをお勧めします。

専門看護師とは


専門看護師も、認定看護師同様、看護師として5年以上の実践経験を持つ必要があります。その後、看護系の大学院で修士課程を修了して必要な単位を取得しなければなりません。 認定看護師も専門看護師もより、看護師として、さらなる高みを目指し、実践はもちろんあらゆる看護の専門的分野に広い視野を持って、学んでいく人となります。

看護師として適している人。

看護師を目指していく中で、自分自身が看護師として適しているのかどうかを不安になる方もたくさんいらっしゃいます。看護師としての仕事内容も様々ですが、血圧検査や体温検査、脈の測定、他にも注射や点滴、採決などの治療を補助する役割や、食事、沐浴、ベッドまわりの支度など、患者様の世話を完璧にこなしていきます。
もちろん、仕事ですので手を抜くことは許されませんが、上記の仕事内容に対して不満がある場合や、やりたくない場合は看護師とて適していないかもしれません。
看護師として適している人は、基本的に、世話をすることに億劫にならない人そして、全ての人に優しさや思いやりを持てる人さらに、誰にでも合わせてコミュニケーションがとれて日々向上心を持てる人が看護師として向いていますが、これらの全ての要素を持っている人ってわずかですよね。
正直私もこれら全ては持ちあわせていません。この中でも一番大切なことは、やはり患者様に優しさもって接することができるのであれば看護師として一段階目はOKでしょう。もちろん、コミュニケーション能力や、向上心も常に持ち合わせているといいですが、初めからスムーズに、他人と話すことはなかなか難しいものです。徐々に患者様や患者様の家族と接することで、コミュニケーション能力も上がっていきますので、まずは、優しい気持ちをもって患者様に接することです。

看護師を目指すからこそ気をつけていきたいこと。その1

これから看護師を目指して、一番必要なことは、筆記テストの勉強になってきます。現役の高校生であれば、勉強からそれほど遠ざかっていないので、過去に学校からもらった問題集や教科書をすぐに開くことはできますが、勉強から遠ざかっている社会人にとって、今から受験勉強を始めようと思った場合何から勉強していいかもわからなくなったりもしますよね。
そこで重要なことは、まず自分自身がどれぐらいの勉強能力があるのかを見極める必要があります。当看護予備校には、本当に勉強が苦手な方も看護学校の受験合格を目指し、日々勉強に励んでいますが、初めは、理解するのに時間がかかる場合もありますが、徐々に徐々に、基礎勉強から始めることにより、徐々に受験レベルまで達することができます。
要するに、看護学校の受験に合格するには、基礎勉強から必要になってきます。もし勉強が苦手なら、中学生の一年生からの勉強をやり直してください。そうすることにより、必ず受験問題を解けるまでの勉強レベルに上がってきます。
中学生一年からの勉強をしていて間に合うの?なんて思われるかもしれませんが、勉強は、基本ができていなければ、どれだけ受験問題(過去問)などをしていても理解することはできません。
過去問は難しいので、より一層勉強のやる気も失ってしまいます。確かに勉強の段階を踏むことは時間がかかる場合もありますが、確実に看護学校に合格するにはこれが一番、早い方法でもあります。
しかし、「自分一人で基本勉強からやりなおす自身がない・・・」と思う方は、これらの勉強をよりスムーズに行える場所があります。
それが看護予備校になります。看護予備校では、看護学校の受験に必要な基本勉強から受験問題までを手順を追いながら看護学校受験までに辿りつきますので、独学で勉強を行うよりもよりスムーズに看護学校に合格することができます。
短期間で、看護学校の受験合格を考えている方は看護予備校に相談することをお勧めします。

看護師を目指すからこそ気をつけていきたいこと。その2

これから看護師を目指して看護学校を受験する時に気をつけておきたいことは、看護学校の受験には、筆記テスト以外に面接試験があります。看護系以外の大学では、基本的に入試で高得点を取得できれば、ほとんどが合格できるでしょう。
しかし、看護系の大学や看護専門学校では、筆記試験で高得点を取得できたからと言って、必ず合格できるわけではありません。例えば、いつも病弱で学校を休んでしまう方は、看護師として向いていると思いますか?
残念ながら、看護師の仕事は体の弱い方には少し無理があります。もちろん、どの仕事も、大変ですが、看護師の仕事は、夜勤等も常時有り、女性の仕事の業務の中でも肉体的にしんどい部分もあります。そして、患者様のお世話をする時にも、力仕事も出てくるでしょう。そこで、あまりにもひ弱な方は、いくら筆記試験ができたらからと言って面接で不合格になる可能性もあります。
看護学校の面接官は、受験生の皆様がこれから、看護師としてやっていくのに、適している人材か、そうでない人材かをじっくりと見ています。そして、仮に筆記テストが合格ラインぎりぎりだとしても、看護師として向いている方は、面接官から高評価をもらえることもあります。
看護学校の受験は、筆記テストと面接試験の両方で、得点を重ねなければ不合格になります。これから、看護学校の受験を考えている人は、筆記テストの勉強だけでなく、人間性も磨いていくことをお勧めします。

看護師を目指すならどこの看護学校も同じ?

受験生なら、なおさらですが、これらから看護学校を受験する時、どの看護学校を受験しようかと色々と悩むと思います。もちろん、各看護学校により、教育理念も変わってきますので、看護学校を選ぶ時には、オープンキャンパスや説明会等は必ず参加した方がいいでしょう。
しかし、ここで重要なことは、自分自身が「看護師になりたい」という気持ちが強いのか?それとも、「目標の看護学校に合格することが一番強いのか?」を考えなければなりません。大学受験であれば、有名大学入学すれば就職活動も学力の低い大学よりも有利かもしれませんが、看護師になりたいという気持ちが強いのであれば、看護師になれるチャンスを逃してはいけません。
なぜなら、看護学校に合格できる確率は、本当に非常に低いからです。約14000人の受験生の中から合格できるのはたったの3000人余りです。3000人も合格できるのであれば自分も合格できるのでは?と思われがちですが、14000人の中には、すでに大学卒業、そして短大卒業、また高校の時に成績の優秀な方もたくさん含まれています。
このように色々と考えていくと、合格者の中の成績が優秀な方を省いてしまえば、おそらく合格の枠は2000人ぐらいに絞られてくるかもしれません。要するに、看護学校の受験に合格する倍率は、およそ7倍近くになってしまいます。
恐ろしい倍率ですよね。そこで、もし自分自身が看護師になることが目標であれば、看護学校を選んでいる場合ではないかもしれません。もちろん、自分が目標としている看護学校に入学ができて、なおかつその看護学校で看護師を目指していけるのであれば、最高ですが、受験生の皆様にとっては、受験の選択肢をいくつも持つことも看護師になれる最短距離かもしれません。

看護師を目指して看護学校に受験する時に注意していた方がいいこと。

看護師を目指そうと思い看護学校の受験勉強を始めていくと、自分の勉強レベルや、受験方法など色々なことで迷ったりもします。とにかくまず最初は、どこの看護学校でもいいので自分自身が少し興味がある看護学校の過去問題を解いてみることです。
その中で、もし仮にスラスラと解けるのであれば、まったく問題ありませんが、過去問を見た時に全く理解できない場合は、勉強を基本からやり直す必要があります。しかし、勉強の基本といってもどこからなの?と思われると思いますが、それは中学一年生からの勉強です。
中学一年生からの勉強をしていて受験までに間に合うの?と思われるかもしれませんが、受験問題ばかりしていても絶対に理解できません。その理由は、看護学校の受験で出題されるのは、高校数学一年の難易度が高い問題です。高校一年生の勉強をスムーズに理解するには必ず中学時代の勉強を理解していなければなりません。
中学生の勉強を理解することで「国語・数学・英語」の教科に関してはスムーズに理解できます。もちろん、受験勉強をしてすぐに看護学校に合格したい気持ちもわかりますが、考え方を変える必要もあります。それは、一年目は中学生の勉強を完璧にできるようになること。そして、二年目には高校生の勉強を理解すること。
このように二年間にわければ、必ずといっていいほど看護学校に合格することができます。一番してはいけない勉強方は、一年目高校の勉強をなんとなくわからないまま勉強する→看護学校の受験をむかえる。二年目再度高校の勉強を少し理解できるような・・・→二年目の看護学校の受験をむかえる。
このような勉強法では一年目も二年目も結局何一つ理解しないまま勉強していることになります。受験勉強で大切なことは必ず基礎を作ることです。基礎を作ることができれば、その上にどんどん積み重ねていくことができます。そして、さらに難易度の高い問題も理解できるようになります。
看護師を目指し受験勉強をする時には、無駄な勉強だけは絶対に省きましょう。もし、仮にあなたが看護学校の受験を考えているのであれば、看護学校を専門に扱っている看護予備校に通った方が、確実に看護学校の受験に成功することができます。
なぜなら、看護予備校は、他の予備校や塾とは違い看護学校の受験を専門に扱っているので、どのようにすれば看護学校に合格できるのか丁寧に教えてくれるからです。

看護師を目指して看護学校の受験で困ることその@

皆さんが看護学校の筆記勉強を頑張っていき、いざ看護学校の受験の日が近づいてくると非常に困る事態が発生してしまいます。それは何だと思いますか?・・・ 実は、看護学校の受験の際に提出する志願書です。でもなぜ志願書で悩む必要があるのでしょうか? それは、看護学校の受験には、必ずと言っていいほど志望動機書を書く必要があります。志望動機書は、自分自身がなぜ看護師を目指したのかを書く必要がありますが、適当に書いてしまうとたちまち、いくら筆記テストができたからと言って不合格になってしまいます。 意外と重要な項目ですが、看護予備校に通っている人でなければ、比較的軽視してい舞っている部分でもあります。看護学校の受験には、筆記テストと、面接があるのですが、看護学校の面接は、あなたの志望動機書を見て看護学校側もあなたの看護師になりたい思いなどを読み取ります。 看護学校の志望動機書の重要性は正直はかりきれません。看護学校の受験を考える時には志望動機書の作成には是非力を入れて下さい。

看護師を目指して看護学校の受験で困ることそのA

看護学校の受験には、いくつかの試験パターンがあります。例えば「英語・数学・国語」「国語・数学」「小論文・面接」などのように、自分の苦手教科がない看護学校もたくさんあります。
しかしここに落とし穴があるのですが、基本的に看護師を受験する人は高校の頃に文系だった人が多いです。学生時代に文系であるということは、国語と英語の基本的な勉強はできているかもしれません。
そして、文系だからこそたいていの人が数学をネックに感じています。でもよく考えてみると、看護師の職業は、医療系なので文系ではなく理系に分類されているといってもいいかもしれません。
もし仮に多くの人が文系であれば、勝負は数学になってきます。数学の問題は、偶然では絶対に正解しません。
しっかりと勉強してきた者だけが数学では得点を取ることができますので、今から看護師を目指し看護学校を受験するのであれば、数学に力を入れることをお勧めします。また、どうしても数学が苦手な方は看護予備校に通い数学をしっかり勉強することが看護学校の合格まで一番の近道だと思って下さい。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.