和歌山赤十字看護専門学校
教育理念
本校における看護基礎教育のねらいは、赤十字の基本原則である人道に基づき、看護の分野において社会の要請に応え得る、豊かな人間性と看護に関する幅広い能力を兼ね備えた看護の実践者を育成することにある。
赤十字は、国際的な視野に立って人の命を守り、個人の尊厳と権利を尊重する。その看護活動は、国籍・人種・信条・政治及び社会的立場のいかんにかかわらず、人々のあらゆる健康レベルにおける健康上の問題が解決されるよう支援することである。複雑な要因に影響される健康問題は、総合的な保健医療福祉活動として包括的、組織的に取り組まれている。この保健医療福祉活動の一環をになう看護の機能は、個人のみならず家族、集団、地域社会へのアプローチへと拡大すると共に、より専門的な実践と調整的役割が期待されている。したがって本校の看護基礎教育修了時には、保健医療福祉システムの一員として、個人を尊重した看護活動ができる基礎的能力を有し、将来看護の発展に貢献できる看護実践者の育成を目指すものである。
教育目的
赤十字の基本原則を理解し、専門職として看護を実践するために必要な能力を開発する。
和歌山県立高等看護学院
教育理念
◎ 助産、看護に関する必要な知識・技術・態度を備えた人材を育成する。
◎ 人間尊重を基盤とし、調和のとれた豊かな人間性を備えた人材を育成する。
◎ 主体性、創造性を備えた人材を育成する。
◎ 専門職としての責任感や研究的態度を備えた人材を育成する。
特 色
◎ 伝統 : 昭和25年5月に開学し、以来、平成25年3月までに、この学院を巣立った卒業生は約4,500人。県内の病院や保健所などで活躍中。
◎ 総合:看護師養成(3年課程、2年課程)、助産師養成の3課程があり、学生数270人の総合学園。
◎ 自由:医聖華岡青洲にちなむ「青洲の里」に隣接し、周囲を緑に囲まれた静かなキャンパス。伸び伸びと学ぶ、落ち着いた日々。
社会保険紀南看護専門学校
教育理念
生命の尊厳と人格尊重を基盤に、豊かな人間性を養い、専門職業人として常に自己研鑽に努め、社会に貢献できる看護師を育成する。
教育目的
看護に必要な基礎的知識、技術、態度を教授し、社会に貢献できる看護実践者を育成する。
教育目標
1.看護の対象である人間を総合的に理解する能力を養う。
2.対象の健康上の問題を科学的思考に基づいて判断し、看護実践ができる基礎的能力を養う。
3.保健・医療・福祉のチームの一員として他職種の人々と協働し、看護の役割をはたせる能力を養う。
4.専門職業人としての自覚と責任を持ち、常に自己成長できる能力を養う。
5.対象の尊厳と人格尊重を基盤に、倫理的看護実践のできる基礎的能力を養う。
6.感性豊かな人間性を育み、看護師としての人間関係を形成する能力を養う。
和歌山看護専門学校
教 育 理 念
 21世紀を展望し、社会の期待に対応できるよう、一人一人の学生の能力を尊重し、人間性豊かで看護に必要な専門的知識・技術と責任感・使命感・倫理観等専門職としての態度を身につけ、誇りをもって看護実践できる人材の育成をめざす。
教 育 目 標
 1.看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解する能力を育成す    る。
 2.医療の変化・高齢化・社会のニーズに対応できるよう、判断能力・応用能力・問題解決能力と科学的根拠に基づいた看護実践ができる能力を身につける。
 3.あらゆる健康レベルの対象や発達段階にある対象に対して、より健康でその人らしい日常生活ができるよう、保健・医療・福祉制度を総合的に理解し援助する能力を身につける。
 4.保健医療チームの一員としての役割を認識し、その責任を果たす能力を育成する。
 5.看護の専門職にふさわしい態度を育成し、生涯学習が続けられる習慣を養う。
国保野上厚生総合病院附属看護専門学校
本校は、昭和27年開校の「准看護婦養成所」の歴史と伝統のうえに、平成19年4月に3年制の看護専門学校として開校しました。
本校の教育は、社会のニーズに応えられる深い知識と確かな技術を持つ看護実践者の育成、学生が生涯にわたり健康で豊かな生活が送れるよう「心]の教育や「社会人基礎力」など培うことを目指しています。
このため、カリキュラム構成に創意工夫を凝らすとともに、講義・実習など内容の充実、解りやすく・考える力を育む授業など目標としています。同時に、看護師として、必要な社会性・協調性、コミュニケーション能力など高めるため、学校行事など教科外活動を重視しています。
また、教育方針として、学生自ら考え自主・自律の精神を育む、基礎基本を徹底する授業、授業と国家試験のリンク、社会人基礎力を育む、海外研修など異文化理解、多様な学校行事の開催、生活指導の徹底、学習の環境つくりなどです。
私たちは、今後とも社会が求める「未来の看護師像」を見据え、地域の看護実践者の育成に努めていきたいと考えています。
看護師を志す皆さん、本校で理想とする看護師像を求めて、すばらしい看護への道を共に歩んでみませんか。
教育目標
目標
社会や地域のニーズ応えることのできる未来の看護実践者を育成する。
方針
看護師としての深い知識と確かな技術を育むとともに社会人としての基礎力を醸成する。
日高看護専門学校
教育理念
高い倫理観と豊かな人間性をもった人材を育成します。
専門的知識と技術を用い、社会のニーズに対応した看護を実践できる人材を育成します。
生涯にわたって自己啓発に努め、看護の発展に貢献できる人材を育成します。
教育目的
看護師として必要な専門知識と技術を教授し、地域社会に貢献しうる有能な人材を育成します。
和歌山県立なぎ看護学校
教育理念
 生命の尊厳を基盤として、人間を幅広く理解し、看護専門職としてふさわしい優しさとおもいやり、使命感と責任感を持った学生の育成を目指します。 また、生涯にわたって成長し続けていく姿勢を培い、地域の人々の健康と福祉に貢献できる看護の実践者を目指します。
教育目的
看護の実践に必要な知識、技術を授けるとともに、豊かな人間性を養い、看護職として社会に貢献しうる人材を育成する。 教育目標
1.看護の対象を総合的に把握できる能力を養う。
2.看護職として必要な基礎的知識・技術・態度を養う。
3.対象に応じ看護を実践できる基礎的能力を養う。
4.保健・医療・福祉の概念を理解し、看護の機能・役割を認識する。
5.専門職業人として必要な研究的態度を養う。
6.感性を育み、豊かな人間性を養う。
和歌山市医師会看護専門学校
教育理念
本校は、人間尊重を基盤に、人々の健康と生活を理解できる能力を育み、 地域の健康・医療・福祉の向上に貢献できる看護実践者を育成する。
 教育目的
看護師として倫理に基づき、看護に必要な知識・技術・態度を修得し、 自ら学び続ける看護実践者を育成する。
 教育目標
1. 人間を尊重し、身体的・精神的・社会的に幅広く理解する能力を養う。
2. 科学的根拠に基づき、健康レベルに応じた看護が実践できる基礎的能力を養う。
3. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、社会資源が活用できるよう調整  する基礎的能力を養う。
4. 地域の特性を理解し、地域のニーズに対応できる基礎的能力を養う。
5. 専門職としての自覚と責任を持ち、自ら学び続ける能力を養う。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.