◆ 看護学校の受験には看護予備校が必要である理由 ◆

看護予備校が看護学校の受験に必要な理由。

看護予備校と言われても、初めて看護学校を受験する人にとっては、あまり聞きなれない言葉ですよね。しかし、近年の看護学校の受験の倍率の高さには、びっくりさせられるものもあります。 そしてなりより、以前であれば高校生から看護師を目指す方は非常に少なかったのですが、最近は、高校生の進学先は?と聞かれて看護大学や看護専門学校を受験しようかな?なんてことは、しょっちゅう聞きます。 当看護予備校に通われる方でも、現在高校の看護科に進んでおり、尚且、看護学校の受験の厳しさをしっているので、+アルファ看護予備校に通う高校生がたくさんいます。 その中で、勉強から遠ざかっている社会人や主婦の皆様が看護学校の受験に成功するには、高校生に負けないように筆記試験でも点数を取らなければなりません。 以前であれば、看護師の資格を取得しようとある程度勉強すれば看護専門学校や看護大学に合格できたものが今ではしっかりと予備校に通い、看護学校の受験に向けてしっかりと勉強しなければなりません。 ですが、看護学校の入試に出てくる範囲がある程度決まっていますので、看護予備校に通い、一から勉強すれば必ず看護学校に合格できるので、受験を考えている人は、まだまだ看護師不足の間に、しっかりと看護予備校で看護学校の受験のイロハを学び、看護学校を目指すことをお勧めします。

看護予備校で勉強すると高倍率の看護受験も合格できる?

看護学校の受験は上記にも書きましたが、現在、資格取得のなかで一番人気といってもいいぐらい看護国家資格を多くの人が取得しようとしています。
この背景には、これからますます高齢化社会が進む中、看護師としての職業がなくならないというのも一つの要因でしょう。また、国家資格ということで、給料の安定もある程度保障されているので魅力がありますよね。
しかし、そんな人気のある資格だからこそ簡単に、国家資格を取得できるわけではありません。しっかりと、筆記試験から面接試験まで乗り越えた者だけが看護学校の入学を認められるわけです。
その中で、看護学校に合格できる人とできない人には、目に見える差もあります。それは、看護学校の受験を専門に扱っている看護予備校に通っているか、通っていないかでも大きな差が生まれています。
看護予備校では、看護学校の受験のために何が必要なのか熟知しているので、看護受験の細部に至るまで指導してくれます。
例えば、筆記試験に出題される問題や面接で聞かれる内容、そして志望動機書の書き方など、看護受験に必要なものを看護予備校では教えてくれます。
また、看護学校の入試で出題される問題は、センター試験のように、どの看護学校も同じ問題が出題されるわけではないので、各看護学校により入試問題にも癖があります。それらも、看護予備校では、教えてくれるので安心して受験に向かうことができます。
これから、看護師を目指し、看護学校の受験を考えるのであれば、看護予備校に通う方が看護学校の受験に合格しやすいでしょう。

看護予備校に通うことの大きなメリット

看護学校の受験を考える時に「看護予備校に通う受験生」と「看護予備校に通わず独学」で看護学校の受験勉強をする人の二手に分かれます。この両社では、受験前に、大きな差が出てきてしまいます。もちろん、看護予備校に通うことは、別に費用がかかってきてしまいますが、費用を払うだけの価値が十分にあります。
現在、高齢化社会や国の政策自体が看護や介護に向けて政策をあげているので、看護学校を受験する人がたくさんいます。そして、現在は、看護学校によっては、学校独自の助成金や国からの助成金で看護学校の費用を賄うことができるので、条件はありますが実質無料で学校に通うこともできます。
看護国家資格を無料で取得できるなんて非常にありがたいことですよね。しかし、これだけの好条件があるということは、そんなに看護学校には簡単に合格することはできません。選び抜かれた受験生だけが看護学校に合格することができます。
この難関の看護学校に合格するには、筆記テストでしっかりと点数を取ること・看護学校に提出する志望動機書・そして最大の看護学校の受験面接に合格する必要があります。これらのことを、全て独学でこなすとなれば、短期間で看護学校の受験に成功することは難しくなってきますよね。
しかし、上記のことを全て行ってくれるのが普通の予備校でなく、「看護予備校」というものになります。さらに、看護予備校に通うことで、同じ境遇の受験生と話することにより、自らのモチベーションも保つことができます。そして、同じ情報を共有することで、さらに、看護学校に合格することもしやすくなります。
これから、看護学校の受験を考えるのであれば、看護予備校に通うことが一番の近道になるでしょう。

看護予備校には、どんな学生が通っているの?

看護予備校には、看護学校を目指す高校生・社会人・主婦の女性や、以前であれば、看護師と言えば、ナースのイメージが強く女性が大変でしたが、看護師に、男性も増えてきています。もちろん、男性が看護学校に合格することは非常に難しいのですが、看護予備校に通うことで、看護学校の受験のノウハウがわかるので、独学で目指すよりは、はるかに合格できる確率が上がります。
高校生であれば、現在学校で学んでいる教科が、看護学校の受験に不足している方や、自分自身の勉強が追い付いていない方は、看護予備校に通われています。
そして、社会人の方も、どうしても勉強から遠ざかっている人が多くなるので、看護学校の受験に必要な、筆記試験の勉強を、無駄なくスムーズに行うことができるの、看護学校に合格している社会人の多くが、看護予備校を利用します。
また主婦の皆様も、お子様が保育園や幼稚園に通っている間に、週1回看護予備校に通うことで、看護学校の受験のノウハウがわかるので、コツコツと受験勉強を行うことができます。どうしても小さなお子様がいる場合、周りの助けがないと看護学校に合格することは難しいのですが、看護予備校では、過去に多くの学生を、看護学校に合格させていますので、あらゆる事例に対しても、具体的にアドバイスしてくれます。
このように、どのようなパターンの学生でも、看護学校に合格するためには、ある程度のノウハウを知っていなければ、不合格になりますので、看護学校の受験をかんがえるのであれば、必ず看護予備校に通うことをお勧めします。看護学校の受験は、他の受験とは違い、筆記テストと面接試験が必ずあります。この両方に合格するには少しコツが必要となります。

看護予備校に通う人の特徴。

看護学校の受験を考えて看護予備校に通う人の特徴は二つあります。一つ目は、一度看護学校の受験を独学でしましたが、残念にも不合格になった人です。そして、もう一つは、初めから看護学校の受験勉強を独学でするのではなく、看護予備校に通って勉強する人です。
もちろん独学では補えないことが看護学校の受験にはたくさんありますので、短期間で看護学校の合格を目指す人のほとんどが看護予備校に通いながら看護学校受験を目指しています。
もちろんメリット・デメリットはありますが、現在の看護師人気は驚くほど多いので、スムーズに看護学校の受験合格を考えるのであれば、看護予備校に通う方が看護師になれる確率は上がってくるでしょう。

高校生が看護予備校に通い受験の準備をする理由

現在、高校生でも学校に看護科というものがありますが、「看護師の資格を取得できる学校(実習も含めている)」と、看護専門学校や看護大学に進むために学習をしてくれる看護科の二つがあります。
前者では、高校自体が実習も含めて行うので、看護国家資格に向けで育成をしていきますが、後者の場合は、実習自体は行いませんので、看護専門学校や看護大学に向けての受験勉強だけになります。
もし、短期間で看護師を目指すのであれば、前者のような高校がお勧めですが、そのような学校がたくさん存在するわけではありません。
たいていは後者の看護科が多いのですが、実際に全員が看護専門学校もしくは看護大学に進めるわけではないので、看護受験に失敗した方は、看護予備校に通い、もう一年浪人する形となります。
また、看護科には通って言いますがどうしても、勉強に自身のない方は、学校の勉強と看護予備校を併用して、受験勉強を行ったりもしています。看護学校の受験は、どうしても、学校だけでは補えな部分があるので、多くの人が看護予備校と併用しています。
その理由に、看護予備校は過去何年間も看護学校の受験に特化した予備校なので、過去問から看護学校によるテストの癖や志望動機の作成の仕方、そして面接まで、看護学校受験の奥深くまで教えてくれるので非常に魅力があります。

社会人にとって看護予備校が何よりも大切な理由。

社会人の皆様が、今の働いている職場を辞めて看護学校に行きたいと思った時、看護学校の受験勉強だけのために会社まで辞めるのはあまりにもリスクがあります。
その理由は、看護学校の受験は、筆記テストで高得点を取れたからといって、必ずしも看護学校に合格できるとは限らないからです。看護学校の受験には「筆記テスト」と「面接試験」があるのですが、この面接試験がなかなかの曲者でもあります。
毎年看護学校の一次試験には合格できるけど、二次試験んで不合格になる人はたくさんいます。どうして面接試験で落ちるのか?
それは、看護学校の面接官とあなたが会話をしている中で、「看護師として不向きなのでは?」「他の職業の方があっているのでは?」など思われてしまうとどうしようもありません。
看護師として、大切なコミュニケーション能力なども面接試験では審査されますので、初対面で話すことの苦手な人等は、今から筆記勉強だけではなく、人と話すことにも慣れた方がいいかもしれません。
そして、何より看護学校の受験をする時に、上記の「筆記テスト」のことや「看護面接」のことを、全て押してくれるところが「看護予備校」になります。看護予備校では、しばらく勉強から離れている社会人の方に丁寧に一から指導してくれます。そして、普段の言葉使いや、看護学校の面接官に認めてもらうには、どのような「態度 」や「話し方」まで事細かに教えてくれるので安心して看護学校の受験にのぞむことができます。
看護予備校に通うにはもちろん、別に費用がかかってしまいますが、看護予備校の価値は、あなたの看護学校の受験の不安を取り除く、非常に価値があるものになるでしょう。

主婦にとって看護予備校で学ぶことで看護受験の成功に近付く。

主婦の皆様にとっては、看護学校の受験に合格したいと思っても「今から子供がいるのに勉強なんてできない。」「家事との両立なんてどうすればいいの?」と、目指したいけど目指せない環境である主婦の方もたくさんいらっしゃると思います。
確かに看護学校の受験は、簡単なものではありませんが、だからといって不可能なものではありません。当看護予備校にも、毎年多くの主婦の方が学びに来ていますが、週一回、看護予備校に通うことで、晴れて看護学校の受験に成功しています。
週一回で本当に看護学校に合格できるの?なんて言葉も聞こえてきますが、看護学校の受験は、他の受験とは違いコツさえつかめば、合格することができます。いかに効率よく、うけん勉強するかが「カギ」になってくるので、看護予備校で、勉強のやり方さえ学べば無理なく看護学校の受験合格に近付くことができます。

看護予備校だから看護学校の受験のためにできること。

看護学校の受験は、毎年毎年厳しさを増していきます。特に准看護師を昔に取得された方にとって、今の看護師事情は、驚きではないでしょうか?今では、准看護師資格も正看護師資格も、かなりの勉強量が求められている時代です。
看護師資格が人気になればなるほど、合格するのが難しくなるので、細部にわたり看護受験の準備をしておかなければ、高校生のように筆記勉強から離れていない人であっても、浪人しなければならなくなるでしょう。
そこで、看護学校の受験を専門に扱っている看護予備校であれば、看護学校の受験に対して事細かに、教えてくれるので、「塾」や「予備校」とは違い、安心して看護学校の受験を目指すことができます。
そして、普段から、看護学校に合格するにはどうすればいいのかも教えてくれので、看護学校の受験を目指すのであれば、看護予備校に通うことが看護学校の受験には、いちばんの強みになるでしょう。
さらに、看護学校の受験問題は、各看護学校により癖があります。その癖も看護予備校は熟知しているので、あなたの受験勉強の効率化をより進めてくれます。

看護予備校に通うから志望動機書も安心。

看護学校の受験を考える人は、まず初めに筆記テストのことが気になるでしょう。そして、基礎からしっかりと受験勉強を重ねるとで、皆様の勉強のレベルが徐々に上がり、受験問題を解けるレベルになってきます。
間もなく受験が近づくと看護学校のオープンキャンパスや、セミナーなどに参加し、さらに看護学校の受験に向けて加速していくことになります。そして、入学願書を書くと、一瞬固まってしまうのが志望動機書です。
初めての方にとって志望動機書は恐怖でしかありません。「何を書けばいいの?」そんな声が聞こえてきますが、志望動機書は名の通りあなたのなぜ看護師を目指そうとしているのか、志望動機を書かなければなりません。
もちろん10人いれば10通りの志望動機が出てくると思いますが、看護学校を受験するということは、あなたの志望動機が何でもいい訳ではありません。必ず看護師になる必要がある理由を書かなければ、志望動機書を見た瞬間、不合格にさせられるかもしれません。
そこで、看護予備校に通っている学生であれば、自分自身が作成した志望動機を看護学校の受験のプロの目で、添削をしてくれるので、非常に安心して、看護学校の受験を迎えることができます。
看護予備校の先生たちは、看護師になるためには何が必要なのか?そして、看護学校の受験に合格するには何をする必要があるのか?それを熟知しているので、あらゆることを相談することができます
もし受験前に看護予備校に通っていないのであれば、志望動機書はその他のプロの方に是非添削してもらうことをお勧めします。志望動機書は、自分自身では限界があるので、看護予備校の先生に添削してもらうか、プロに添削してもらうことをお勧めします。

看護予備校に通うから看護学校の受験面接も安心。

なぜ通常の塾や予備校ではなく、看護学校の専門の看護予備校がなぜ存在するのか?それは、看護学校の受験が、一般の試験とは異なるからなのです。何が異なるのか? 看護学校の受験には、「筆記テスト+志望動機書+看護面接」もっともっと詳しく言えば、受験する看護学校によって、試験問題にも癖があります。そして、何よりも人間性の育成も必要になってきます。 なぜ人間性の育成も必要なのでしょうか?よく考えてみると看護学校の受験は、入試とひとくくりにしてはいけないのです。むしろ、就職活動の方向で考えた方がより近いかも知れません。 もしあなたが会社の社長だったとします。成績は優秀ですが、他人と話すことが苦手なひとであれば、採用しますか?しませんよね。仕事をするということは、基本的には、営業をしたり、お客様と話したりする能力も求められます。 看護学校の受験では、上記のように人間性またコミュニケーション能力なども、非常に必要とされるので、看護予備校では、通常の授業内から、看護師に必要なものは何なのか?そしてどのように看護学校の受験面接で話すと気にいってもらえるのかも、話してくれます。 このように、看護学校の受験では、ただ単に試験勉強ができたからといって、簡単に合格できるわけではありません。そして、看護予備校では、これらのことを熟知しているからこそ、毎年高合格率を保つことができています。 これから看護学校の受験を考えているのであれば、看護予備校に通いうことを是非お勧めします。それは、あなたの看護師になれるチャンスを広げてくれる場所でもあります。

看護予備校に通う受験生の強み。

みなさんは、看護師になりたいと思った時期はいつ頃でしょうか?子供の頃?それとも、大人になった今?それぞれ、看護師になりたいと思った時期はことなりますよね。例えば、「塾や予備校」ってどれぐらいの年齢の方が通っているかイメージできますか?恐らく、高校生や浪人生のように、10代がの方がほとんどではないでしょうか?
もし、仮にいまの年齢が30代手前だったとします。正直10代の学生に交じって受験勉強するのはつらいですよね。そこで、看護予備校であれば、どれぐらいの年齢の方が通っているのでしょうか?
看護予備校には、もちろん10代もいますが、20代から40代まで、非常に幅広い年齢層が通っています。幅広い年齢層が通っていることで、社会人になり、年齢を重ねていても、看護予備校であれば、気にすることなく受験勉強に励むことができます。
通常の予備校とは違い、同じ志をもった、幅広い年齢層が通うことにより、お互いに共有できるものもありますし、切磋琢磨することもできます。そして、お互い仕事を持っている中で、看護師を目指すという、大変なことも、看護予備校に通えば、普通のことになるので、精神的にも安定することができます。
独学のように一人で閉じこもり受験勉強をしていると、周りが見えなくなり結果独りよがりの勉強になってしまうこともあります。しかし、看護予備校では、一つ一つ看護学校の受験に必要なことを教えてくれるので安心して看護学校の受験に向かうことができます。

看護予備校に通うと自分のレベルにあった看護学校を教えてくれる。

看護学校といっても、全国色々な看護学校があります。そして、できれば、自分の家から通える範囲の看護学校に合格できるのが一番いいですよね。でも、現在の看護師人気の中で、看護学校に合格できることだけでも大変なことなのに、身近な看護学校に行けるなんて夢のようですよね。
もちろん何もせずに看護学校に合格することは不可能なのである程度の努力は必要となりますが、自分だけで、看護学校を選んでいてもなかなかはっきりとしたものが見えてきません。「学校の景観で選ぶ?」「偏差値で選ぶ?」「憧れの先輩が通っているから選ぶ?」など選択肢は、山ほど出てくるでしょう。
そこで、大切なことは、もちろん自分自身が行きたい看護学校を見つけ、さらにその看護学校に合格できることが一番ですが、本当の目的は何ですか?看護師になることが最優先ではないでしょうか?
現在の看護師人気の中で、自分がいきたい看護学校に合格できるほど甘くないのが現実です。しかし、仮に第一希望の看護学校に合格できなくても、第二希望の看護学校でも、十分にあなたを満足させてくれます。
それほど、看護国家資格を取得させるために、看護学校の先生も必死に頑張っています。看護国家資格を取得できれば、職に困ることはないでしょう。そして給料も年々増加しますし、安定もあります。
そこで、あなたの勉強レベルにあった看護学校やあなたの得意科目で受験できる看護学校を看護予備校では教えてくるので、受験する看護学校を選ぶ時にも看護予備校に通っていてよかったなと思えることがたくさんあります。受験する看護学校を選ぶ時に困ったら看護予備校に相談しましょう。
学校選ぶ一つで、あなたの看護師になれるかどうかも変わってきます。

看護予備校の魅力と凄さ。

看護学校の受験を考えるのも、いろいろな年齢の方がいらっしゃると思います。浪人生の場合であれば、比較的勉強からは遠ざかっていないので、対応することができると思いますが、仮に30代だとします。もちろん、数学や国語の勉強なんて日頃していませんよね。英語は趣味で取り入れている人も最近では、多くなっているので抵抗がない場合もあります。 しかし、数学・国語の勉強から遠ざかっている人にとっては、看護学校の受験を諦めてしまう人もいるかもしれません。しかし、看護予備校では、勉強から遠ざかっている社会人の方を毎年毎年指導しているので、みるみるうちに受験レベルまで引き上げる技術を持っています。 中高生に教えるのと社会人に教えるのでは、やはり言葉の使い方から、社会人の学生様の生活環境も考えた上で指導していかなければなりません。社会人の皆様が看護学校の受験を考える時になぜ看護予備校に通うのかも、一度体験されると感じることができます。 もちろん、看護学校の受験に合格することは、簡単なことではありませんが、社会人には社会人の指導の仕方・モチベーションに対するアドバイスなど、学生よりも不安で、なおかつ短期間の合格を目指されるので、看護学校の受験を考えるのであれば、全てを熟知している看護予備校に通うことが一番の近道になってくるでしょう。

看護予備校にとって一番力をいれているところ。

看護予備校は、看護学校の受験にとって必要不可欠なものとなってきている昨今、看護予備校が「高校生」や「社会人」そして、「主婦」の皆様が、いかに看護学校に合格できるのか、日々研究を重ねています。
その結果、もちろん看護予備校にもよりますが、当看護予備校では、カリキュラムをこなすせば、ほぼ100パーセントの状態で看護学校に合格できています。
それでは、なぜ、それほどまでの合格率を維持することができるのか?当看護予備校にも、一昨年看護学校の受験を試みるが、不合格になってしまった方が予備校に通いに来たりします。
いつも、その方の受験勉強のやり方を聞いてがっかりしてしまいます。その理由は、看護学校に合格するための受験勉強を行っていないからです。
看護学校に合格するためには、何よりも基礎勉強が大切です。にもかかわらず、一年間ただただ受験勉強のみを行っていたりもします。決して受験問題ばかりすることが悪いことではありませんが、スポーツに例えると、体力もないのに試合ばかりしている感覚です。
それではいつまでたっても、看護学校に合格することができないでしょう。看護予備校では、どの方であっても看護学校に合格するためにどどうすれば最大限の力を発揮することができるのか?それを追い求めています。
看護学校の受験を短期間でクリアしたい方は必ずといっていいほど看護予備校に通うことをお勧めします。看護予備校に通うことで、数年後あなたの白衣姿を想像することができるでしょう。

看護予備校に通った人の感想。

看護予備校に一度、面談や体験に行かれた時、看護学校の受験に合格するには、どういうことをしていかなければならないのか?それを聞いた時に、多くの人が驚きます。
それは、看護学校の受験は、専門学校や大学に合格すればいいので、筆記勉強をすればいいのでは?と思われがちですが、看護学校の受験は、決してそうではありません。もちろん、筆記テストが全くできていない場合は別ですが、筆記テストの勉強がある程度できていれば、看護学校の合格できる可能性があります。
当看護予備校でも、わずか数か月の受験勉強だけで合格した受験生もたくさんいらっしゃいます。「もともと頭がよかったのでは?」と言われたりもしますが、そうではありません。もちろん、受験まで一生懸命筆記テストの勉強に励んでいましたが、
看護学校の受験は、「筆記テスト50パーセント」「面接50パーセント」の割合で合格できると思っていもいいかも知れません。そこで、当看護予備校では、学生さまの力を最大限に引き出すために、看護学校の受験勉強には何が必要なのか?一つずつ詳しくお伝えしていきます。
また、看護学校の面接は非常に癖があるものなので、一筋縄ではいきません。看護学校の面接官は百戦錬磨と思っていいので、嘘は全く心に響きません。そして人間性もすぐに見抜かれしまいます。
もしあなたが看護師を目指そうと思うのであれば、普段から人間力の成長も必要になるでしょう。看護予備校では、これらのアドバイスを一つ一つ行うので、結果高合格率を残すことができます。

看護予備校に通うことで、コミュニケーション能力を高めることができる。

看護師にとって必要なことは何だと思いますか?当看護予備校もたくさんの看護大学の先生や看護専門学校の先生と話す機会があります。その中で、重要なキーワードとして、「コミュニケーション能力」という言葉が多々でてきます。
当たり前のことですが、看護師になるとたくさんの患者さまや患者様のご家族と話す気がたくさんあります。その中で、患者様にできる限り精神的負担をかけることなく、過ごしてもらうことも重要なことになります。
現在、介護職や、看護助手として働いている方は、上記のコミュニケーションの重要性も理解できているので、問題ないのですが、初めて、看護学校の受験を目指そうとしている人は、まだ理解できていないかもしれません
看護学校の受験を考えるのであれば、筆記テストの勉強とコミュニケーション能力の向上が必要となります。毎年毎年、看護学校の一次試験「筆記テスト」には、合格できるけど二次試験になると不合格になってしまう方がたくさんいます。
その理由は、コミュニケーション能力不足として判断されている場合があるので、看護予備校に通い、同じ境遇の人と話すことにより、自身のコミュニケーション力を上げることができます。

看護予備校で教える先生の魅力。

初めて、看護学校の受験を考えたり、看護予備校に通うか迷っている学生にとって、看護予備校の先生のイメージってわかないですよね。もちろん、近年の看護師に人気と同時に、看護予備校が増えてきていますが、当看護予備校が長年、看護専門の予備校として、指示されているのは、看護学校の合格率+学生からの喜びの声の大きさです。 学生からの「指示と喜び」は、現役の高校生だけでなく、「社会人や主婦」の皆様ができる限り安心して、看護学校の受験に向けて体制を整えることができているからです。社会人や、主婦にとって、「仕事や家事」との両立を考えると、看護学校の受験は非常に負担になってきます。 当看護予備校では、これらの負担をできるだけ軽減するために、看護学校の受験までに必要な勉強量を伝えています。ゴールが見えていると自然と受験勉強もしやすいですよね。受験勉強は、先が見えづらくて、受験までの日をもんもんと過ごすことが多いのですが、当看護予備校では、「するべきこと」をすべて伝えているので安心して受験勉強に取り組むことができます。 そして、当看護予備校の長年の経験から、社会人の皆さんの悩みにも対応しながら、勉強に取り組めるようにしています。例えば「急な残業が増えた」「子育てが急に忙しくなった」「仕事を増やさなくてはいけなくなった」などこのような、急な事情があったとしても、常に相談に乗りますので、当看護予備校では、安心して受験勉強を進めることができます。

看護予備校に通って受験勉強するか、独学で勉強するのか比較。

看護予備校に通って受験勉強するか?独学で勉強するのか?実際にどれぐらいの差があるのでしょうか?勉強が大好きな人には、関係ない話かもしれませんが、勉強が苦手な人や、勉強から遠ざかっている人が看護学校の受験を考える時は、是非参考にしてほしいものです。
まず初めに独学で受験勉強する時に、自分でできることは「参考書を購入」「過去問を解く」「インターネットの情報」を見る。この3点ではないでしょうか?
しかし、看護予備校に通えば「各看護学校の勉強レベルがわかる」「看護学校の受験に向けての勉強ができるので無駄な時間が省ける」「過去問には答えしかないので、解説をしてもらえる」「周りに同じ学生がいるのでモチベーションも維持できる」「受験前の不安を先生に聞いてもらえる」「志望動機書の書き方をチェックしてもらえる」「面接の練習もしてもらえる」その他、看護学校の受験に必要なこと、そして、自分自身が聞きたいことを全て答えてもらえるので、安心して看護学校の受験を迎えることができます。
皆様が、以前に、受験勉強や就職活動をしたことあるのであれば、やはり自分一人だけでは、中々クリアできないものでもありましたよね。もちろん、独学で受験に成功できれば問題ないのですが、看護学校の受験はそれほど甘くありません。近年、高校でも、看護師を目指す方には、特別に看護学科を開設し、受験勉強に励んでいます。
高校生が、必死に勉強すると社会人にとってはたちまち不利になってしまいます。社会人にとって、これから看護学校に合格するには、ある程度看護学校の受験のコツを知っていなければ、合格することは難しいでしょう。
そこで看護予備校であれば、看護学校の受験に向けて皆様が何を勉強して、どうすれば高い確率で合格できるのかを知っているので、例え、ライバルが高校生であったとしても、看護学校の受験に合格できるのかを教えてくれます。

看護予備校に通うことで差がつく勉強力。

これから来年度目指して、看護学校の受験に挑戦してみようかな!?なんて、思っている人には今から各内容は必見かも知れません。上記にも独学と看護予備校に通って受験勉強する人の差を書いてきていますが、なぜそれほど間に差がつくのか?
看護師になるにも、看護大学や看護専門学校のどちらかに合格する必要がありますが、看護大学でも看護専門学校でも、ある程度、筆記テストの勉強をしなければ合格はできません。
そして、なんといっても看護学校の受験には、大半の学校で数学を必要としています。この数学が非常に厄介な存在です。准看護師であれば、中学数学の難問を解けるようになるとある程度、点数を取ることができるのですが、正看護師を目指す場合は、高校数学が必要になります。
そして、看護学校の受験がなぜ難関なのかは、大半の人が、文系卒業者だということです。文系を卒業しているということは、学生時代に理系の方と比べて、基本的に数学に携わる機会が非常に少なくなっています。
しかし、看護学校の受験問題はがっつりと数学の問題がでてくるので、学生時代、数学が苦手であった人には苦痛かも知れません。また途中で看護学校の受験を諦めてしまう方もたくさんいます。
では、このような苦痛を乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか?それは看護予備校に通うことが何よりもベストになります。その理由は、看護予備校は、長年看護学校の受験の対策を取ってきていますので、看護学校に出題されている数学の問題を熟知しています。 看護学校の受験問題を熟知していることで、看護学校の数学に対して、何の受験勉強が必要なのか?はっきりと教えてくれます。学生時代に数学が苦手であった人にも、看護予備校では、一つ一つ理由を教えてくれるので、問題なく受験勉強を進めることができます。
この、看護学校の受験に向けて必要なことをきっちりとおしえてくれるところが、独学では、見つけることができない大きなポイントになります。独学で受験勉強をする場合は、勉強が得意な方には、問題ないかも知れませんが、勉強が苦手であった人が独学で勉強すると何年間も看護学校に合格できない恐れもあります。
看護予備校では、できる限り短期間で看護学校の受験に合格できるように指導していますので、短期間での看護学校合格を目指すのであれば、看護予備校に通うことが何よりも近道になるでしょう。

看護予備校に通うことでメンタル維持ができる。

絶対に看護師になってやる!!そう思い看護師を目指して、看護学校の受験に向けて頑張ろうと初めのころは、色々な参考書を探したり、インターネットで情報を読んだり、最高にモチベーションが上がっている時期ですよね。
しかし、一日一日が過ぎていくと次第に不安がやってきます。本当にこの勉強方法で大丈夫なの?この一年間で合格できるの?周りにも協力してもらっているのに不合格になったらどうしよう?
など、それぞれに悩みが出てくるでしょう。看護予備校では、これらのことも含めて、学生様の環境も考えた上で指導していきます。とにかく看護学校の受験は一筋縄ではいきませんので、長い目で見る必要があります。この場合の長い目というのは、じっくりと基礎を作って行く期間が必要ということです。
社会人のように勉強から離れている場合どうしても、受験勉強をやっていると、今後の結果が欲しくなってしまいます。しかし、ローマは一日にしてならずと同じで、看護学校の受験にむけては、しっかりと中学生の復習から高校数学まで、受験で点数をとれる勉強をしなければなりません。
受験で点数をとるには、基礎をしっかりと積み重ねておかなければ受験問題に対応することができないのです。何度も「基礎」という言葉を使っていますが、看護学校の受験に合格している人は、きっちりと計画を立てて看護学校の受験の日まで受験勉強を頑張っています。
しかし、受験勉強を頑張るにも中々精神的に安定しないのが看護学校の受験でもあります。看護予備校では、これらの不安や、皆様のモチベーションができるだけ下がらないように、一歩ずつ看護学校の受験に向けて、階段を上っていけるように受験勉強に取り組んでもらっています。
とにかく、結果を求めて急いではいけません。受験勉強は、一つずつ進んでいくものです。看護予備校では、一つずつ理解していく指導をしているからこそ、意味のわかる受験勉強ができます。丁寧に勉強していけば、あなたは必ず、看護学校に合格できるでしょう。

看護予備校に通うことで勉強モードに切り替えれる。

社会人の皆様や主婦の皆様にとって、日常生活から受験勉強モードに切り替えるのって中々難しいですよね。特に仕事が激務の人にとって、家に帰ってから「さぁ、看護学校の受験向けて勉強しよう!!」なんて、切り替えれる人ってごく一部の人だと思います。
しかし、看護学校の受験は、日に日に近づいてくるので焦りやいら立ちだけが先走ってしまいます。こんな辛い時にこそ、「誰かにお尻を叩いてほしい」「誰かに話を聞いてほしい」そんな方にお勧めなのが看護予備校になります。看護予備校に通うことで、周りの学生も一生懸命、看護学校の受験に向けて頑張っていますので、「自分もやらなきゃ!!」と思える環境です。
完全個別の授業だと先生と一対一でどうしても甘えがでてしまうので、一番ベストな看護予備校は「周りに学生がいて、尚且つ個人別に指導してくれるところ」が受験生にとってはベストでしょう。
その理由は、看護学校の受験は、一人で行うものではありません。筆記テストで満点を取ったからといって合格できるわけでもありません。面接ではグループ面接もあれば、少人数面接もあります。
看護予備校に通うことでどのような人が看護学校の受験をするのか?そして、その人たちはどれぐらい勉強しているのか?それを知ることができます。
看護予備校では、あなたがどのようにすれば、看護学校の受験に合格することができるのか日々考えてくれます。看護学校の受験合格を目指してから、入試までには、ある程度期間があると思います。
看護学校に合格するには、一日一日の過ごし方が重要になりますので、看護予備校に通い、先生にあなたの受験モードを駆り立ててもらいましょう。

看護予備校で勉強の基礎が作れるから看護学校でもついていける。

看護学校に合格してからのことにもなりますが、看護学校では、実習と勉強両方を両立しなければなりません。あまり、勉強をしてこなくて看護学校に合格した場合、看護学校の勉強の大変さに驚くかもしれません。
また、看護学校の先生方達も、皆さんが看護師としてしっかりと働いていけるように看護学校ではある程度厳しく指導されるでしょう。もちろん、看護師は患者様の命を預かる仕事なので甘えは許されません。
そして、看護師になるにも、看護学校で学び、看護国家受験資格を取得し、その後看護国家資格を取得しなければ、看護師になることはできません。
これだけを読むと看護学校に合格してから続ける自信がないと思われる方も中にはいるかもしれませんが、それは、勉強する癖がついていない方かもしれません。看護予備校に通い、受験勉強中からしっかりと勉強なれしたおかげで、看護学校に通っても勉強に対して、苦にならないと、卒業生は言ってくれます。
当看護予備校では、看護学校に合格した後もしっかりと勉強についていけるように基礎学力・そして、看護学校に合格後も苦労しないように勉強しているので、十分についていくことができます。

看護予備校に通えば看護学校の受験の現状がよくわかる。

現在、看護師を目指そうと思っている人が、日に日に増えています。そして、看護師を目指す人が増加すればするほど、看護学校に合格することが難しくなるでしょう。
でも、どれぐらいの人が看護学校の受験に試みているのか知りたくなりますよね。それは、全国で、毎年およそ14000人ぐらいの人が看護師になりたいと思い看護学校の受験に挑んでいます。
そして、その中で合格できる人の人数はおよそ3000人です。これを読んだ人は意外と簡単なんじゃないの?なんて思われましたか?確かに、人数だけをみれば、3000人も合格できるので簡単かも!?なんて思いますよね。
しかし、ここには、トリックがあります。合格者の中には、指定校推薦というものが含まれており、これは、看護学校のを目指す高校生に与えられた特権でもあります。しかし、 この特権は高校三年間、継続して、学校で優秀な成績を残したものだけに与えられますので、指定校推薦を狙うのも非常に難しいものです。
このように考えていくと徐々に合格できる人の枠が減ってきます。現在、看護大学や看護専門学校を受験する高校生が増えてくる中で、社会人にとっては、勉強から離れているので、どうしても一歩で遅れてしまいます。
しかし、この一歩を埋めることができるのが看護予備校になります。看護予備校では、この厳しい看護学校の受験戦争の中で、毎年社会人に対して高合格率を保っています。なぜ看護予備校に通うと高い確率で合格できるのでしょうか? それは、看護学校の受験に必要なノウハウを全て熟知しているからです。看護学校の受験には、筆記テストの力も必要になりますが、それ以外に重要なこともたくさんあります。看護学校の受験に合格するには、そして、現役の高校生たちに勝つには、細かいことをしっかりとチェックしてやっていかなければなりません。
看護予備校に通うことで、受験前には、現役の高校生よりも勉強ができる社会人がたくさんいらっしゃいます。看護予備校では、社会人が看護学校に合格できるように、現状の看護受験を把握して、指導しています。

看護予備校に通うことで看護学校の難易度と偏差値がわかる。

看護学校の受験をする時に、そして、皆さんが受験しようと思う看護学校を選ぶ時は、何を基準に選びますか?もちろん、「看護学校の知名度」や「オープンキャンパスに行った印象」「友人からの勧め」「奨学金の利用しやすさ」など、色々出てくると思います。
では、あなたが受験してみたいと思った看護学校の偏差値が、あなたの偏差値を想像以上に超えてた場合どう思しますか?今年度は諦めて来年度の受験を試みますか?もちろん色々な選択肢が出てくると思いますが、一つだけ覚えいてほしいことがあります。
それは、「看護学校の受験 = 就職活動」ということを忘れないでください。看護学校の受験は決して、筆記試験で有能な人間だけを看護学校に合格するわけではありません。もちろん0点では合格することは不可能ですが、筆記試験で50点取ることができれば、可能性は広がっていきます。
さらに、看護学校の偏差値は、低いからといって簡単に合格できるわけでもありません。一例をあげてみると、筆記テストは完璧・面接も面接官に褒められるぐらい手ごたえ十分。でも不合格になることもあります。
看護学校も年度年度で必要としている生徒の種類も変わってきます。例えば、今年度の社会人のレベルが高校生のレベルを超えてたとします。来年度は、社会人と高校生どちらを重視しますか?恐らく、社会人に対して、看護学校の見る目も大きく変わってくるでしょう。
看護予備校では、「あなたの学力」そして、どの看護学校があなたにとって合格しやすいのかも教えてくれます。看護師になるには、まず看護学校に合格しなければなりません。それを含めて、看護予備校では看護学校の難易度や、偏差値に関してのアドバイスもしてくれるので、看護予備校の学生は、自身をもって受験に向かうことができます。

看護予備校が教える過去問を解く時期。

看護予備校では、これから看護学校の受験を考える人に一番初めにやってほしいことが、過去問を解くことです。もちろん、現時点で全くできていなくても大丈夫。なぜなら、現時点で全て解けるのであれば、すぐに看護学校の入試をうけることができるからです。
まずは、ギャフンといわされましょう。その上で、これからどのようにしていけば看護学校に合格できるのか考えるのがベストです。でもどこの看護学校の過去問を解けばいいの?なんて言葉も聞こえてきそうなので、皆さんが少しでも興味のある看護学校の過去問を解いて下さい。
全く、過去問が解けなかった人は、一から勉強することをお勧めします。この一からの勉強というのは、中学一年生からの復習です。必ず、1年生・2年生・3年生と復習をしていきましょう。
中学生の基礎からやり直すのが看護学校の受験に合格できる一番の近道です。なぜなら、看護学校の受験には、高校数学が出題されます。数学の問題はいきなり入試問題を練習しても全く解くことができません。むしろ、中学生の知識をしっかり持てるようになれば、受験前に少しだけ高校数学の問題を勉強すれば、半分ぐらいの点数を取ることも可能です。
しかし、まったく基本的な知識がないのであれば、高校数学をいくら勉強しても受験問題に対応することはできません。これらの、基本から、看護予備校では指導していくので、多くの社会人の皆様が看護学校の受験に合格することができます。
看護学校の受験に合格しようと思い、勉強を試みる人がたくさんいますが、ほとんどの人が受験勉強のやり方を間違えています。看護学校の受験で必ず出題されるに絶対値の問題。これって、一番初めにならったのはいつかご存知ですか?
驚くことに中学一年生です。もちろん中学1年生では、そこまで難易度の高い問題ではありませんが、数学の学習はず〜っと続いているということだけは覚えておいて下さい。
しかし、これらの復習を一から自分の力だけでやっていくのは大変ですよね。なので、看護予備校に通い、必ず一年で合格するつもりで予備校で勉強してみて下さい。おそらく合格できるでしょう。しかし、看護予備校でも、それぞれ指導が違うので、自分が続けることができそうな学習スタイルの看護予備校に通いましょう。
当看護予備校は週一回の通学にも関わらず、社会人のほとんどが看護学校に合格しています。個人別指導プラス教室には同じ目標をもった受験生がいますので、常にモチベーションが保てた状態になっています。
看護学校の受には、モチベーションの維持が非常に重要になっていますので、辛い時でも乗り越えるために、よきライバルが身近にいる環境をお勧めします。

看護予備校が看護学校入試のモチベーション維持のコツを伝授。

看護学校の合格を目指して、受験勉強をしているとどうしても不安から、やる気を失ったり、社会人や主婦であれば、今の仕事や家事の忙しさから、看護学校の受験を諦めてしまう人もたくさんいます。
そこで看護予備校が教える、看護学校の受験に対してモチベーションを維持するコツは、オープンキャンパスやセミナーに参加することです。看護学校や看護専門学校によれば、毎月、オープンキャンパスを開催しているところもあります。
このオープンキャンパスに通うことで、同じ仲間と出会うことができるので、より一層看護学校の受験勉強のやる気を起こさせてくれます。当看護予備校が一番重要視しているのは、看護学校の受験を目指す同じ環境の人と切磋琢磨しながら看護学校の受験に挑むことです。
同じ境遇の人が身近にいるだけで、自分も頑張ろうという気になります。社会人や主婦は高校生のように受験勉強だけをできるわけでばありませんよね?「急な残業」があると思うほど勉強が進まない。そして主婦であれば「子供がいきなり熱を出したり・学校行事が入ったり・・・」「旦那様の仕事の時間帯が変わったり」など色々な変則的な動きがある中で受験勉強をしなければなりません。
通常であっても受験勉強は大変ですがこれらの背景をもっているとより一層大変だと思います。なので、少し辛くなった時は、将来、看護学校に入学してから行う、看護体験をしてみたり、受験の息抜きにセミナーなどに参加することをお勧めします。
当看護予備校でも、学生様には、時間の許す限りセミナーに参加することをお勧めしています。またラッキーがあれば、オープンキャンパスやセミナーに参加することで、看護学校の入試のコツも看護学校の先生が教えてくれます。
看護学校の先生方や看護専門学校の先生方達も自分自身の看護学校を気にいってもらうためにたくさんの時間を割いて準備しています。モチベーションの維持が下がりそうになった時は、看護学校のホームページを確認してセミナーなどに参加しましょう。

看護予備校が看護学校受験の勉強で、時間の効率のよい使い方を教える。

看護学校の受験には、高校生だけでなく「社会人」そして「主婦」の方も受験しますよね。そこで、大切なのは、すでに自分自身の時間を目いっぱい使ってしまっている人には、受験勉強することは、肉体的にも非常に重くのしかかってきます。
特に、学生時代「中間テストや期末テスト」を一夜漬けなどしていた人は、どうしてもその癖が抜けていなくて、今でも「3日休んで1日がっつり勉強するスタイル」をもっている人も多く見かけます。
しかし、この勉強方法では、受験勉強は長く続きません。簡単な復習問題をしている時はいいのですが、少しずつ問題が難しくなってくるとあなたのやる気をどんどん奪ってしまいます。
例えば、毎日コツコツ走るのと、3日に一回強烈に走るのと、一年間を通すとどちらが体に負担があると思いますか?もちろん後者ですよね。確かに割り切って3日に一度強烈に勉強するのもありかもしれませんが、それをできる人もまたごく一部だと思います。
当看護予備校でも毎日30分でいいので、勉強することを心がけて頂いています。毎日30分の勉強時間をとることができてくれば、次第に1時間→2時間と自分自身で時間の取り方を覚えていきます。
もちろん毎日勉強することは簡単なことではありませんが、看護学校の受験に合格することはもっと大変なことです。看護学校に合格した後も、コツコツと勉強するスタイルが身についていないと、体に負担になってくるでしょう。
看護予備校では、看護学校に合格後も、学校にしっかりとついていけるように、看護学校の受験勉強を行っています。
独学で看護学校の受験を目指すのと、看護予備校に通い受験勉強を目指すのではあらゆる点で、違いが出てきます。

看護予備校だから受験前の焦りをカウンセリングできる。

看護学校の受験前のあるあるになりますが、いよいよ、看護学校の入試が近づいてきたら「どうしよう合格できるかな。」「落ちたらどうしよう。」「面接で緊張して何も話せなかったらどうしよう。」
受験前になると、たいていの人は不安の連発ですよね。もちろん、一発で合格できれば最高ですよね。でも、はっきりいって看護学校の受験は一発で合格できるほど甘くありません。
なので、受験前に焦ったからといって何も変わりませんので、もし仮に落ちたなら反省点を生かして次の試験に向かいましょう。常に挑戦者のつもりでいて下さい。ネガティブな人は、できるだけ全てのことをポジティブに考えることにして下さい。
看護学校の入試は、社会人入試や指定校推薦など9月末ぐらいから始まり2月末ぐらいまであります。約5か月間入試期間があるということです。一年は12カ月なので、試験のことばかり考えてしまうと半年間焦りだけで、まともな勉強ができなくなってしまいます。
当看護予備校では、試験はあくまでも通過点でしかないので、合格・不合格を考える前に、しっかりと基礎&受験勉強をして頂いております。一つのテストにこだわり過ぎると、どの看護学校にも合格できなくなってしまうので、看護学校の受験に対して、広い視野をもって看護受験に挑んでもらっています。
看護学校専門の看護予備校が、なぜ狭い門である社会人の皆様が合格できるのか?そして通常の「塾」や「予備校」ではそれが不可能なのか?それは、長年、看護学校の受験のみで、受験生を育ててきたからこそ、過去のデーターや卒業生のバックアップがあるからそこ、高い合格率を保つことができています。
もし仮にあなたの受験しようと思っている看護学校の学生の年齢が「20代」で形成されていた場合、あなたの年齢が30代後半だとします。合格できる可能性はどうでしょうか?もちろん極めて少ないですよね。
そして、看護学校の入試は毎年毎年、同じ学校でも入試の難易度も変化しています。これらに気づくことができるのも、看護学校の専門予備校だからこそ、気づくことができます。看護学校の入試は、他の専門学校や大学のように一筋縄ではいきません。
看護学校の入試は就職活動と同類だと思って頂いて構いませんので、各会社にどのような人材を必要としているのかも、ある程度把握しておく必要もあります。これらのことも含めて、看護学校の受験に向けて看護予備校は、看護受験と向き合っているので、毎年高井合格率を保つことができています。
今年は独学で受験勉強して、もし看護学校に不合格になれば、来年度は看護予備校に通って、受験勉強をしようと思う方もいますが、もし仮に今年受験するのであればすぐに看護予備校に通う方がいいでしょう。
その理由は、看護学校の受験には守るべきポイントがいくつもあります。そのポイントを守っていない限り看護学校の受験に合格できることはないからです。1年・1年が過ぎていくうちにあなたの年齢も増えていってしまいます。
年齢が高くなればなるほど、合格することは難しくなるでしょう。どの業種も同じですが高年齢よりも若年齢の方が就職活動には強いですよね。これは、看護学校の受験も同じです。
看護学校の受験を思い立ったのであれば看護予備校に通い、看護学校の受験に合格するための受験勉強をしっかりとしていきましょう。

看護予備校がアドバイスする勉強の質と量の関係。

この記事を読んでいる方は、少なくても看護学校の受験に興味をもっていたり、現時点で看護学校の受験勉強に励んでいる方だと思います。そこで、当看護予備校でも、看護学校を目指す受験生から、「受験勉強は一日どのぐらいすればいいのですか?」と質問されることも多いです。
しかし、それぞれ、皆さんの環境が異なりますよね。例えば、朝から出勤して働いている社会人の人にとって、「一日5時間受験勉強をして下さい。」と言ったとしても無理がありますよね。もし残業があって、会社からの帰宅時間が22時だっととします。そこから5時間受験勉強をして、翌日、朝から出社をした場合、おそらく数か月も持たないうちに体を壊してしまうでしょう。
なので、当看護予備校では、一人一人の生活環境を考えた上で、受験勉強に使う時間のアドバイスなどもします。もちろん、受験勉強をしている時間が長ければ、長いほどいいのかもしれませんが、時間を延ばすよりも「勉強の質」をあげた方が効率のいい受験勉強を行うことができます。
当看護予備校が進める質の高い勉強とは、「一つずつの単元を確実に理解すること。」を進めています。この一つずつの単元を確実に理解するという意味ですが、基本的には、高校数学の勉強からするよりも、中学校の数学(各単元)から勉強した方が、後々伸び白が違いますので、看護学校の受験を目指すのであれば、中学の数学から勉強しなおすことをお勧めします。
看護学校に出題される絶対値の問題これは、中学一年生で基礎を学びます。そして三角比も出題されますが、三角比の基本は、一次関数とその他の図形ですよね。これも、中学2年生が基本となります。さらに、二次関数も中学3年生の学習が基本となります。
このように看護学校の受験数学に出題される内容の基本は全て中学数学に含まれているので、中学数学から勉強しなおすことが勉強の質を上げることができます。そして、中学数学と高校数学を上手くリンクさせ、看護学校の入試問題をとけるようにまで成長させてくれるのが看護予備校になるので、看護学校の受験を目指すのであれば、看護予備校に通う のが一番の近道でしょう。

看護予備校がメンタルの弱い人に伝える看護学校の受験のコツ。

初めて看護学校の受験を目指す人にとって、看護学校の受験のイメージはどんなものですか?「友達に難しいと言われた。」「簡単に合格できるのでは?」など、意見は真っ二つに分かれます。では、質問します。看護学校の受験に合格するには、筆記テストがあるのはご存知ですか?
「もちろん。」「受験なんだから当たり前でしょ。」と答える人が大半ではないでしょうか?では次の質問に行きます。それでは、面接試験があるのはご存知ですか?「なんとなく聞いたことがある。」 「適当に話せばいいだけでは?」など、上記の質問と比べて、あいまいになってきますよね。
実は、看護学校の受験は「筆記テスト」と「面接試験」両方にクリアして初めて看護学校に合格することになります。なので、筆記テストだけ優秀な成績をとったとしても、面接試験で不合格になる人はたくさんいます。
メンタルの弱い人にとって、このようなことを言われてしまうと、余計に看護学校の受験が怖くなりますよね。でも、当 看護 予備校では、メンタルが弱くても多くの人が看護学校の受験に合格しています。
メンタルが弱くても、看護学校の面接を乗り越えることができるの?と感じるかもしれませんが、大丈夫です。なぜなら、ほとんどの受験生が面接で、しっかりと話すことができないので、事前に、当看護予備校に通われている学生には、面接練習を行います。この面接練習は、本番の緊張感を味わうことができるので、練習を積み重ねれば問題なくクリアすることができます。
意外と私ってメンタル弱くないかも!?なんて思われる生徒もたくさんいます。看護学校の受験はとにかく全てにおいて事前準備が大切です。事前準備をしっかりするためにも看護予備校に通うのが一番スムーズに看護学校の受験を乗り越えれる方法でもあります。

看護予備校に通うまで知らなかった看護学校の受験の厳しさ

いざ看護師を目指し、すでに一度は看護学校の受験を受けた人もなかにはいるのではないでしょうか?落ちて初めて気づく看護学校の受験の難しさ。まわりの友達とかに、看護師がいる場合、意外と看護師になるのは簡単なのでは?なんて誤解される場合もあります。
しかし、一度看護学校の受験を落ちてから、本当に看護学校の受験と向き合った時、看護予備校の存在を知る人もたくさんいます。受験前に看護予備校に通っていればよかった。なんて声をたくさん聞きます。
その理由は、看護学校の受験は、決して筆記テストができているからといって、全ての人が合格できるわけではありません。看護学校の受験では「筆記テスト」プラス「面接試験」に合格しなければなりません。
この面接試験が非常に難しいんですよね。あなたは、緊張はしますか?「緊張します。」「緊張しません。」もちろん二手に分かれるでしょう。当看護予備校でも毎年、面接試験を行いますが、ほとんどの人が初めは話すことができません。おそらく、看護予備校に通い看護学校の受験面接の乗り越えるコツを知らない限り、毎年、面接試験では苦労するでしょう。
看護予備校では、看護学校の入試に必要な「筆記試験のコツ」と「面接試験のコツ」を伝えるので、看護学校の受験の厳しさもしっかりと乗り越えることができます。物事は、経験知が高ければ高いほど必ず乗り越えることができます。みなさんの看護学校の受験の経験値を上げるためにも看護予備校で看護学校の受験の厳しさを知りましょう。

学生時代の勉強嫌いを看護予備校が解決で解決。

当看護予備校には毎年、勉強が苦手な高校生から社会人の皆様までたくさんの人が、面談に訪問してくれます。そして、面談の相談では、「看護師になりたいけど、勉強が苦手」という相談も多数されます。
もちろん、受験勉強する前から、勉強が得意であるのであれば、独学で看護学校に合格することもできるかもしれません。しかし、看護予備校では、できる限り勉強の苦手な人であっても、看護学校に合格できるように指導しています。
やはり、看護学校の受験で必須課目になってくる数学に関しては、学生様の現時点での勉強レベルにもよりますが、中学数学から勉強しなおすのが、看護学校の受験に互角できる一番の近道かもしれません。
例えば、3月 中学1年の数学の復習 / 4月 中学2年の数学の復習 / 5月 中学3年の数学の復習 たった3か月で中学数学の復習をすることは可能です。勉強速度が速い方であれば、一か月で中学3年までの復習をやり遂げます。
でも、私勉強が苦手なんですけど・・・と思われますよね。そのような学生様はできるだけ、毎日1時間でいいので勉強をやり続けて下さい。受験勉強は、決してまとめて勉強できるものではありません。
約1年間、計画を立てて勉強していかなければ看護学校に合格することは難しいでしょう。当看護予備校では、一つの問題集を終了させるために、学生様の生活環境にあった期間をきめコツコツと受験勉強をしてもらっています。
積み重ねることができれば、勉強が苦手な方でも必ず看護師になることができます。

看護予備校が教える看護受験に絶対に必要な基礎能力。

上記にも色々と看護学校の受験に必要なことを書いてきましたが、その中でも、看護学校の受験を乗り越えるためには、勉強の基礎能力を上げる必要があります。 「勉強するのは苦手なんだけど・・・」なんて思われるかもたくさんいらっしゃいますよね。でも、なぜ勉強が苦手になったのでしょうか?看護学校の受験を考える人は、高校生だけではなく、多くの社会人がいらっしゃいます。
では、ここで1つ質問ですが、もし今働いているのであれば、その業務はどうやって覚えることができましたか?毎日やっていると自然と覚えていったりしますよね。そして、一番初めから、上司に凄く難しい仕事を与えられましたか?
恐らく、一つずつ業務内容を覚えていくにつれて、徐々に出来る仕事も増えていったのではないでしょうか?実は、受験勉強も全く同じなのです。初めから難題なんてできっこありません。看護学校の受験の原点は中学校にありです。
当看護予備校でも、学生のレベルに合わせて、指導していきますが、その多くが中学校の復習からしっかりと勉強してもらいます。その理由は、中学生の勉強ができていないにもかかわらず高校生の勉強なんてできないからです。
よく受験前講座などで、過去問ばっかりを解く授業もありますが、これは、全ての知識がある上で受講すると凄く意味があるものになりますが、例えば、受験問題に出題される三角比の問題ですが、sin(サイン)/cos(コサイン)/tan(タンジェント)がわかっていないのであれば、聞いてても全く頭に入ってこないでしょう。
そして、三角比では三平方の定理を使いますが、三平方の定理といってもこれは中学3年生で習う内容です。もし受験問題の説明をしてもらうのであれば、三平方の定理は知ってて当たり前になってきます。
「そんなこと言われてもわからない。」このような声も聞こえてきそうですが、だからこそ、基礎が一番大切なのです。基礎ができていなければ、何一つ理解することができないだけではなく、看護学校に合格するのも何年後になるかもわかりません。
当、看護予備校でも学生様に伝えますが、もし仮に今年不合格であったとしても来年は100パーセント合格できるような受験勉強をしなければ、今年頑張っている意味がなくなります。そして意味のある勉強をしなければ、看護学校に合格がどんどん遠のきます。
看護学校の受験を熟知しているからこそ看護予備校では、基礎勉強から受験勉強までスムーズな流れで受験勉強をすることができます。

看護予備校が伝える問題集の復習の大切さ。

勉強するにも、たくさんの問題集が出版されていますが、全ての問題集を穴抜きで勉強していっても自分自身の受験力が高まりません。もし、穴抜きに問題集を進めるのであれば、一冊の問題集を何度も何度も解いて、必ず内容を把握することをお勧めします。
確かに、難しい問題にぶち当たってしまった場合、どうしてもやる気がなくなってしまい、別の問題集をやりたくなりますが、そこはぐっと我慢して下さい。なぜ、別の問題集へ進んではいけないのか?
それは、結局は別の問題集をやったとしても、自分自身ができるところしか勉強していかないので負のスパイラルになります。そして、自分自身が詰まった問題こそが、入試に出題されると思いその問題を解くように心がけることが大切です。
特に多くの人がつまってしまう「数学の文章問題」。この記事を読んでいても、私も「数学の文章問題は苦手」と思われる方もたくさんいますが、数学の文章問題にもコツがたくさんあります。
復習を重ねることで、この難しいと思われる文章問題も解いていくとができます。当看護予備校でも初めて受験勉強されている人の多くが文章問題を苦手としていますが、この文章問題を解けるようになると、一気に看護学校の合格が見えてきます。
勉強は、目に見えての成長はみずらいので、辛いのですが、復習をきっちりとしていくうちに、知らず知らずのうち勉強レベルがあがっています。

看護予備校には、いつから通うべきか。

看護学校の受験を考える時に、もし仮に独学で目指そうとおもっているのであれば、看護学校の入試日が近づくにつれて、徐々に、看護学校の受験のプレッシャーがあなたにのしかかってくるでしょう。
その理由は、これから看護師になるために、看護学校の受験に挑戦していくのですが、次第に「挑戦しようと思っていた気持ちが勉強をするにつれて、絶対に看護学校に合格しなければならない」と思い始めてしまいます。そして、ふとしたタイミングで看護予備校に通ってみようかな?と思われたりします。
看護学校の入試期間は、比較的長いんですよね。社会人であれば、AO入試や社会人入試から始まり一般試験まで考えると約5か月間(9月から2月後半)あります。高校生も指定校推薦やAO入試や公募推薦入試などから、一般試験まで考えると同じく(9月から2月後半)まであります。
これを一年間で考えると半年間が入試期間となります。看護学校の受験を考えるのであれば、看護予備校に通うことがベストなのですが、ではいつから看護予備校に通うべきかも悩みますよね。当 看護予備校でも、毎年、後少し早く看護予備校に通っていれば、100パーセントの確率で、看護学校に合格できたのにと思う学生もたくさんいます。
そこで、看護学校の入試期間を考えると、予備校に通い始めるのは、早ければ早いほど看護学校の受験に間に合います。社会人であれば、たいていの人が社会人入試を受験しますが、もし社会人入試を受験するにしても、入試の前月は過去問等に取り組む必要があるので、基本勉強が厳かになってしまいます。
なので、もし看護学校の受験を考え、看護予備校に通う予定であれば、一日でも早く看護予備校に通うことが、看護学校に合格できる確率を上げてくれます。

看護予備校が教えるオープンキャンパスに参加する時期。

看護専門学校や看護大学は、受験日までにオープンキャンパスやセミナーなどを開催しています。参加方法は、各看護大学や看護専門学校のホームページなどを閲覧して頂ければ、日程は書いているのですが、ほとんどの学校が、その期間中何度も、開催しています。
当看護予備校でもよく聞かれるのがいつ参加すればいいのですか?何回も参加するべきですか?と聞かれます。各看護専門学校や看護大学は、自分自身の学校のよさを知っていただくために、真剣に取り組んでいます。
なので、自分自身が気に入ったところがあるのであれば、できる限り参加することをお勧めします。その理由は、看護学校のオープンキャンパスやセミナーでは、学校の紹介だけでなく、「看護受験に対してのアドバイス 」もしてくれます。学校によっては、あなたの看護受験において特別なプリントを配布してくれるところもあります。
なので、当看護予備校の生徒にも、時間の許す限り各看護学校のオープンキャンパスとセミナーに参加することをお勧めしています。また、オープンキャンパスに参加した時には、必ず、過去問を入手しておきましょう。
看護学校は、学校によって入試問題の癖が異なりますので、受験前には必ず過去問を解く必要があります。そして、過去問で出題されている分野をより一層力を注いで受験勉強することで、入試本番、仮に同類の問題が出題された時に、なんなく解くことができます。
過去問を解いていくことは非常に重要なので、オープンキャンパスに参加した時には、必ず過去問を入手しておきましょう。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.