看護学校の合格には絶対必要な面接対策

看護学校の受験には必ずといっていいほど、面接試験があります。中学入試や高校入試また大学入試の時の面接と看護学校の受験の面接は同じにしてはいけません。
看護学校の面接でみられるところは、学科試験では見抜くことができない看護師としての適性や熱意があるのかということです。単に、看護師の仕事の給料面や仕事の安定などだけを重要視してきた人は、この面接で必ず不合格になります。

看護学校の面接の種類について


看護学校の面接にも、学校によっていろんな種類があります。基本的には、個人面接が多いのですが、集団面接や、集団討論を進めているところもあります。

個人面接についてのアドバイス


看護学校でおこなわれる個人面接は、何よりも緊張するでしょう。多くの人が緊張しますので、緊張することは決して悪いことではありません。
面接の時間的には、短ければ5分ぐらい長くても15分ぐらいでしょう。基本的には、面接感からの質問に答えることになりますが、面接官もあなたが看護師としての適性があるのか、しっかりと見てきますので、看護師としての常識の返答ができなければ、面接で不合格になってしまいます。 す。

集団面接についてのアドバイス


看護学校の受験での集団面接は、一人一人が面接官の質問に対して答えていきますが、もし仮に、自分の前の人が、自分が答えようとしている内容とかぶった場合、とてつもなく緊張してしまいます。
そこで重要なのは、全ての人に同じ質問内容であれば、いくつか選択肢を持つことです。そして、面接は普段から練習していなければ絶対にこたえることができないので、受験前には必ず練習するようにしましょう。

集団討論についてのアドバイス


看護学校の受験で、徐々に増えつつあるのが集団討論です。集団討論は、受験者でグループ分けされます。そして、そのグループであるテーマについての討論が始まります。
集団朗論で、見られている部分は、自主性や協調性はもちろん相手を思いやる気持ちがあるのかも見られています。看護師として一番大切なことは、コミュニケーション能力なので、周りをみる余裕は持ちたいですよね。
緊張もしますが、何も答えられないのでは、適性がないとみられますので、声が震えていても答えることには集中しましょう。

看護学校の面接でよくある質問

看護学校の受験に面接があることで、何が質問されるのか?不安になる方もたくさんいらっしゃいます。もちろん変則的な質問や、年齢の高い方には、厳しい質問などもされますが、基本的には、同じ様な質問をされることが多いです。
その中でも、ある程度面接で聞かれる質問を練習しておくことにより、看護学校の受験面接に対応することができます。

代表的な質問 その1:看護師を志望した理由


質問のされ方たとして、どうして、この学校を選んだのか?なぜ看護師を目指そうとしたのか?

代表的な質問 その2:併願校があるのか?


もしかりに、他の看護学校に合格されたらどうしますか?など聞かれます。

代表的な質問 その3:あなたの長所は?短所?


しっかりと、自分自身をアピールできるように練習しておきましょう。

代表的な質問 その4:今の健康や健康に関して行っていることなど。


看護師になるには、心身ともに健康的な人が求められていますので、普段から、健康管理には気をつけておきましょう。

代表的な質問 その5:学生時代のクラブ活動について。


もし仮に、クラブ活動などをしていない場合コミュニケーション能力や、乗り越え方を認知していない場合があるとみられるので、その他の習い事をしていた場合は、クラブ以外でも答えれるようにしておきましょう。

代表的な質問 その6:受験校の看護学校までの交通手段や時間


もし、仮にあなたがこの看護学校に合格した場合、交通時間が2時間も3時間もかかってしまうようでは、実習が多くなった場合、時間をとることが難しくなります。受験をすることには、十分に通える距離や、一人暮らしなども視野に入れた上で看護学校の面接官に話せるようにしましょう。

代表的な質問 その7:最近の気になるニュースや時事項目。


看護師として、現在の社会問題や、医療事項などをしっかりと把握しているかどうかは、看護学校側として、あなたが看護に本当に興味があるのかどうかを知れる機会でもあります。
仮に全く興味がなければ重要なニュースですら、答えることができないでしょう。普段から新聞やその他のニュースはできるだけ見るように心がけましょう。

看護学校の面接で受験生が求められるもの。


看護学校の面接は、筆記テストだけでは知ることのできないあなたの、人間性を知る機会でもあります。 看護学校側とすれば、これから厳しい看護学校の勉強や実習を乗り越えてもらわなければなりません。 これから、患者様と向き合い看護師になるために必要なものを備えているのかを確かめられています。 チェック内容としては「清潔感」「礼儀正しさ」「協調性」「落ち着き」「寛容性」「明朗性」「理解力」「表現力」「熱意」「誠実」などが重要ポイントです。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.