看護学校の入試の種類について。

看護学校の入試も他の大学や、専門学校と同じくいくつか種類があります。代表的なものは「指定校推薦入試」「公募入試」「社会人入試」「一般入試」「AO入試」の5つが存在しています。
皆様の年齢や学力レベルによって、利用する入試の種類も変わってくると思います。その中でも高校生にとって一番魅力的な入試の方法は「指定校推薦」ではないでしょうか?なぜ指定校推薦が魅力なのかは、指定校推薦を取得することができれば、面接や小論文だけで看護学校に合格することができます。
看護学校や看護専門学校としても、高校の中で一番優秀な学生に来てほしいので、そのような推薦方法をおこなっています。
もちろん誰でも「指定校推薦を取得することができるわけではありません。高校に入学して、高校3年生の前期までで、評定平均地が4.5以上なければ指定校推薦で選ばれることは中々ありません。
指定校推薦を狙うにも、ネックになる部分はあります。それは、あなた自身がいくら高校3年間頑張ったとしても、少しでも自分よりも成績優秀な学生が、同じ看護大学や看護専門学校に指定校推薦のエントリーすれば、選んでもらうことができません。
基本的には、各高校の中の一番優れた人に与えられる特権でもあります。もしかりに指定校推薦を狙うのであれば、自分自身の高校にどのような看護学校や看護専門学校から指定校推薦がきているのか、高校一年生の初めに調べておくべきです。
そして、少しでも評定平均値を下げないように普段からしっかりと勉強しておきましょう。

看護学校の受験で高校生にお勧めな公募入試。

看護学校の受験で高校生にとっては、お勧めな公募入試試験があります。なぜお勧めかというと、看護学校の受験では、指定校推薦以外に受験できる方法として、「公募入試」と「一般入試」があります。 ここで覚えておいてほしいことが、看護学校の受験で大切なことは、入試で点数をとることはもちろん、面接試験があります。看護学校の受験のウェイトとして面接試験は非常に重要な項目になります。 もし仮に、筆記試験ができていたとしても、話すことが苦手な人や大舞台で緊張して、何も話せなくなる人にとっては、試験チャンスが何度か必要になります。 普段は、普通に話せても面接試験になると話せなくなる人はたくさんいます。筆記テストはできるけど、面接で不合格になる人はたくさんたくさんいます。 そこで、公募入試であれば、もし仮に不合格になったとしても、一般試験で挽回するチャンスがあります。そして公募試験で失敗した経験をもつことで一般試験に向けて準備することができます。もちろん一発で受験に合格できることが何よりですが、看護学校の受験は、筆記テストだけで合格できる受験とは、まったく違いますので不合格になることをおそれず何度も何度も、受験にチャレンジして下さい。 仮にそのうちの一校でも合格することができればラッキーです。それぐらい看護学校の受験は難しくなっています。この文章を読んで頂いている方に、看護学校の受験に合格するには人間性が非常に重要視されていますので、筆記テストにある程度自信がある方は、コミュニケーション能力なども磨くようにしておいてください。

看護学校の受験で社会人が受験しておきたい社会人入試。

看護学校の受験には、高校生を含め40代ぐらいのの社会人までの皆さんが看護師を目指し看護学校の受験をします。
その中でも、社会人であれば一般入試を待たずに一度経験をしておいてほしいのが社会人入試になります。募集要項などを注意深く見てみると社会人入試に合格できるのは「若干名」と記載されていますのでほとんどの方が合格できることがありません。
また社会人入試で看護学校に合格できる人は、かなり勉学ともに人間性も優れた方だと言えます。そこで、不合格になるかもしれないですが、社会人入試は、看護学校の受験までに自分自身の経験値を上げるためにも受けておくべきだと思います。
社会人入試の後には一般入試がありますが、いきなり一般入試を受験するよりも、看護学校に合格するにはどれぐらいの受験勉強が必要かも社会人入試を経験することにより、雰囲気までも知ることができるので、看護師を目指そうと思っている社会人の方はぜひ一度経験しておいて下さい。
またある程度筆記試験ができているのであれば、合格できる可能性も含まれていますので、頑張ってみてくださし。

看護学校の受験の一般試験とは。

看護学校の受験で一般試験を目指して勉強をしている学生はたくさんいらっしゃいます。毎年14000人の受験生の中から合格できるのはわずか3000人あまりです。よく勘違いをしてしまうのが、募集人数が80人で受験生が300人だったとします。
約3人に1人ぐらいが合格できるので、意外と簡単に合格できるのでは?と思われがちですが、この考え方はあまりお勧めしません。なぜならこの考え方のまま、看護学校の受験勉強をしてしまうとどうしてもレベルが上がらずに一般試験をむかえることになります。
それよりも全国14000人の受験生の中の3000人以内に入ることができなければ看護師になる資格がないと考えた方が看護学校の受験勉強に対して、よりシビアに考えることができるので、最後の最後まであきらめず受験勉強をすることができます。
そして、一般試験にはたいていの学校が二次試験まで設けていますので二次試験まで受験するようにして下さい。チャンスは最後の最後にやってくることが多々あります。

看護学校の受験のAO入試は合格できるの?

そもそも、AO入試という言葉自体がまだまだ、浸透していないかもしれませんが徐々に、その受験方式も浸透しつつあります。
最近では、AO入試を受験する高校生がたくさん増えてきました。AO入試は、指定校推薦や公募入試のように、評定平均値を要するものではなく、誰でも受験する権利があります。
しかし、一つ条件があります。AO入試は、各看護学校や看護専門学校が求めている「○○のような」っていう感じで、それぞれ入学してほしい学生像があったりもします。
基本的には、AO入試を受験する学生は、各看護学校の求めている成績(通常の勉強では、及ばなかった)が、看護学校が求めている人材には適しているので入学を特別に入学を許可する受験方式です。
AO入試を利用することで、特別に看護学校が試験と面接を行ってくれます。基本的には「特別に人よりも優れているものを持っていること」「看護に対しての熱意が十分にあること」など、自分自身が自分のことを「エントリーシート」に記載して直接看護学校に送ります。
自分自身で、「看護学校」や「看護専門学校」の求めているアドミッションポリシーに合致していると判断した場合、自分自身でエントリーシート(志望動機書などを作成)を作成し看護学校側に提出します。
アドミッションポリシーは「看護大学」や「看護専門学校」によって違いますので気をつけてください。アドミッションポリシーについてイメージがわかないと思いますので下記に例を書いてみます。
後日、看護学校側から連絡が来るのでその指示通りに受験をします。AO入試だったら、私も合格できるかも?など思われ方もいますが、AO入試は狭き狭き門になっていますので、しっかりと受験勉強をし、一般試験で合格する方が近道だと思われます。

看護学校の受験で重要なオープンキャンパスについて

看護学校の受験を考えている皆さんは、一度はオープンキャンパスに参加しようかなと思うことが多々あると思います。看護学校のオープンキャンパスは他の大学や専門学校のオープンキャンパスと「重要度」が違います。
その一つに、看護学校の面接では、オープンキャンパスでの感想を聞かれたりすることもあります。もし仮にオープンキャンパスに参加していなければ、看護学校の面接でオープンキャンパスでの出来事を話すことはできませんよね。
どこの看護学校も同じですが、面接では、自分自身の看護学校にどのような魅力をもち、そこで何を学び、どのような人間に育っていくのかも知りたいところです。
そして、入試の種類によっては、オープンキャンパスに参加することが絶対条件なところもあるので、看護学校のオープンキャンパスは侮れません。
また、看護学校のオープンキャンパスでは、看護学校の受験に必要なアドバイスや入学してからどのようなことを経験するのかを説明や模擬授業もあるので、皆さんの看護学校の受験を後押ししてくれるものでもあります。
当 看護予備校でも学生の皆様には、自分自身が受験しようと思っているところのオープンキャンパスにはできるだけ参加するように伝えています。看護学校のオープンキャンパスには受験で大切なことがたくさん詰まっているので是非参加して下さい。

看護学校の受験で大切なことは何?

看護学校の受験で大切なことって何?もちろん、一つだけではないので、看護学校の受験までに用意することはたくさんあります。その中でも、受験前と今から、翌年度の受験に向けてでは、大切にすることも変わってきます。
これから、受験を目指す人にとっては、まずは筆記テストの勉強をしっかりとしていくことです。筆記テストで合格できればもちろん、二次試験の面接にたどり着くことができます。
看護学校の受験では、「筆記テスト」「面接試験」の両方で合否が決められますので、どちらも手を抜くことができません。また看護学校の受験前の皆様は、もしある程度、筆記テストの勉強ができていれば、面接試験の練習をすることをお勧めします。
過去には、「一次試験には毎年合格する」けど「二次試験の面接」で毎年不合格になっている方もいます。この理由は何でしょうか? 看護学校の受験は筆記テストのできだけではないことだけは、わかりますよね。実際に当看護予備校にも毎年看護学校の先生方とお話する機会がありますが、人間性の重要性を語られています。
看護師には何が必要なのか理解することができれば、看護学校の受験にも合格できる確率がグーンと上がるかもしれません。看護予備校では、これらのこともしっかりと教えてくれるので、多くの受験生が合格できるのだと思います。

看護学校の受験は小論文と面接だけで合格できるの?

看護学校の受験を控えている方が、簡単に合格できないかなぁ?と考えた時一番初めに思うのが、「小論文」と「面接」だけで受験を考えてしまいます。もちろん、これだけを見ると筆記勉強が苦手な方であれば、「小論文の書く練習」と「面接の練習」だけに集中して頑張ろうと思うかもしれません。 しかし、これは大きな間違いであることを覚えておいてください。看護学校の受験では、小論文の出来も大切ですが、筆記テストを行わずに小論文だけで合格できるということは、小論文の出来がすさまじく高評価のものではないといけないということです。 そして、看護学校に合格できるということは、看護学校に入学後の勉強に十分ついていけると認められたことでもありますので、数学や英語、生物の能力もあると認識されています。 小論文の中にこれだけの内容が入っていると思いますか?実際には、調査票も含め、面接と合わせて合否がきまるので、もし仮に調査票の数学の成績が「1」や「2」がついていればこの時点で数学ができないと思われ不合格になるでしょう。 看護学校の小論文だけで合格できる人は「小論文の出来がいいこと」「調査票の内容が優れていること」「面接でしっかりとコミュニケーション能力を認められること」この3点が、合格レベルに至っていなければ不合格になります。 このように考えていくと、小論文だけ入試に合格することの難しさも理解できたのではないでしょうか?小論文だけで合格することを目指すことも悪いことではありませんが、地道に一般試験の3教科で点数を取ることに集中した方が合格できる確率はグーンとあがります。

看護学校を受験する時の志望動機書の難しさ。

看護学校の受験を考える時には、まず筆記勉強である程度点数をとれるようにしなければなりませんよね。そして、ある程度筆記テストの勉強ができてくるぐらいに丁度、「指定校推薦」や「公募入試」そして、「一般試験」など、順に受験日がやってきますよね。
仮に公募推薦で一次試験に合格したけど二次試験の面接で不合格になった場合、自分自身が面接で、上手く話せなかったなど、公開することもあるかもしれません。ではどうすれば、二次試験の面接で上手くいくのか一般試験に向けて考えていかないと、一般試験でも一次試験には合格するが二次試験には不合格になるという、負のスパイラルがやってきてしまうかもしれません。
それを避けるためにもまず、自分がなぜ看護学校を受験して看護師になろうとしたのかを具体的に話せるようにしなければなりません。なぜそこまで看護師を目指す時の面接で具体的に話せるようにしなければならないのかは、理由があります。
看護学校の受験は、他の大学や専門学校の面接とは違い「就職活動」も兼ねているからです。看護学校に合格すれば、自ずとほとんどの人が「看護国家資格を取得」し看護師になれます。
要するに、看護師になるには、看護国家資格を取得することは決して簡単ではありませんが、看護学校に合格することの方がより重要でもあります。このように看護学校に合格するためにも、看護学校に提出する志望動機書の出来なので面接で「答えやすい場合」もあれば「答えにくくなる場合」もあります。
面接の合否を決めるにも志望動機書一つで雰囲気が変わってくるので、看護学校の受験では、志望動機書の作成は念入りにすることを心がけましょう。

看護学校を受験する時の服装について

看護学校の受験を控えると、服装についても気になるところですよね。高校生の場合は、学校の制服があるので悩むことはありませんが、社会人にとっては、「私服か?」「スーツか?」悩むところですよね。 でも、間違いなく看護学校の受験はスーツで行くべきです。なぜなら、看護学校の一次試験に合格すれば、面接試験が待っています。面接試験を私服で行くのは・・・ですよね。なので、一次試験の後に面接試験があることを想定し入試にはいく必要があります。 もし仮に同日の面接でなくてもスーツで行くことを心がけてください。本番ではたくさんの、先生たちと出会うことになるかもしれません。その中で私服で行くことはあまりにも目立ちすぎます。 そして、スーツの色もリクルートスーツのように落ち着いた色で参加するべきです。たまに男性で明るい色のスーツしか、もっていなくて、そのようなスーツで参加する人もまれにいますが、あくまでも看護学校の受験は、就職活動と同じように思っていなくてはなりません。

看護学校を受験する時の髪型について

看護学校を受験する時にはついつい、筆記勉強に集中して身なりのことを忘れてしまうことがあります。もちろん、筆記テストに集中するのもわかりますが、看護学校の受験はあくまでも筆記テストだけで、合否が決まるわけではありません。当看護予備校も毎年受験前には、皆さんの服装や髪型あらゆることを注意していきます。
その理由は、看護学校の受験は、あくまでも就職試験と同じという気持ちで望んだ方がいいでしょう。当 看護予備校にも様々データーが残っていますが、私服・茶髪・ネイルなどはNGです。 これから、看護学校の受験を考えているのであれば、髪型まで細部にわたり、試験前には気をつけておきましょう。あくまでも面接官に失礼にならないよう注意して下さい。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.