◆ 看護予備校が教える准看護学校に合格するため心構え。 ◆


看護予備校が伝える准看護師資格からの広がり方。

看護師にも、正看護師と准看護師の2通りがあります。以前であれば、准看護師になるための、准看護学校に合格することは、「簡単」といういイメージがありましたが、現在では、准看護学校に合格することも、簡単ではありません。
准看護学校に合格すれば、多くの人が准看護師として働いていくことができます。今は高齢化社会ということもあり、看護師不足が続くなかで、病院では、正看護師も准看護師も必要としています。
一部で、「准看護学校がなくなる」「准看護師資格がなくなる」という話もありますが、習得した准看護師の免許をはく奪されるものではありません。むしろ、准看護師資格を取得できる今だからこそ、なくなる前に早くとっておいた方がいいでしょう。
その理由は、准看護師資格を取得して、7年以上働らけば、中卒であっても通信教育を受けた後に、正看護師になることができます。これは、非常にうれしいことですよね。
その他にも、准看護師資格を取得して、3年以上働いた後であれば、看護専門学校に通うことだってできます。3年以上准看護師として働くことにより、高校卒業の資格と同等の扱いをもらえるということにもなります。
正看護師を目指す人の中で、勉強が苦手・・・でも将来的に正看護師になりたい人にとっては、准看護師として働きながら最終的には、正看護師を目指すことだってできます。でもまた学校の費用がっ・・・て思う人もいるかもしれませんが、奨学金などの利用が可能な看護学校も多いので、看護学校に尋ねてみるのも一つの方法でしょう。
このように、准看護師資格を取得することで、将来は大きく変わっていくことができますよね。しかし、その前に、准看護学校に合格しなければならないので、次は准看護学校に合格するための方法を書いていきます。

看護予備校が伝える准看護師学校に合格するための確認。

あなたは、勉強が得意ですか?苦手ですか?もしこの質問に、得意ですと答えた方は、今すぐ准看護学校の試験を受けてみてもいいかもしれません。もちろん、准看護学校の試験に合格するには、筆記試験だけで合格できるわけではありまんので、準備は必要です。
しかし、大半の人が、勉強はちょっと・・・と答えてしまうのではないでしょうか?でも、勉強が苦手だから、准看護師になることを諦めてしまうのは、もったいないかも知れません。なぜなら、准看護学校の受験問題は、中学生の勉強レベルができれば、准看護学校に合格できる可能性が大だからです。
中学生の勉強もちょっと・・・どんどん不安要素がでてきますよね。でも安心して下さい。入試となれば、みんな焦りがちですが、まず、勉強は「いきなり、できるようにはなりません。」コツコツと、積み重ねることにより、ゆっくりと准看護学校の入試問題を解けるレベルまで上がっていきます。
ここで注意してほしいことは、勉強が苦手な人は、絶対に中学一年生からの勉強をやり直すことです。中学1年生の問題って意外と軽視されがちですが、めちゃくちゃ大切です。中学一年生の勉強ができれば、次は2年生そして3年生、最後には受験問題という流れで勉強するのが一番効率よく無駄にならない勉強方です。
当看護予備校でも、勉強の苦手な人には、必ず中学1年生からの復習をして頂きます。そんなスピードで受験に間に合うの?と思いましたか?当看護予備校では十分に間に合います。むしろ、中途半端に飛ばし飛ばしで、受験勉強する方が間に合いません。
基礎が作れていなければ、結局は入試前に、適当に進んでしまったところの復習から始めなければなりません。勉強は、階段状に進んでいっているので、問題集は必ず隅から隅まですることを心がけて下さい。

看護予備校が伝える准看護師学校の受験のための数学。

看護予備校では、准看護学校の受験に合格するためには、どのように勉強していけばいいのかをじっくり説明していきます。准看護学校の受験の中でも、数学という教科が非常に重要になってきます。
数学の勉強は、受験前だけ、勉強したからといって点数をとれる教科ではありません。少なくとも数か月は、准看護学校の受験に向かって一つずつクリアしていく必要があります。准看護学校の受験に出題される問題は、高校受験レベルではありますが、それは100点満点を取ろうとした時です。
中学1年生から中学3年生の数学の勉強をしっかりとしておけば、筆記テストで点数を取ることはできるでしょう。しかし、独学で、中学1年生から中学3年生までの勉強を、やろうと思ってもなかなかできないんですよね。
途中でモチベーションが下がってしまったり、社会人の方は、ほとんど仕事をしていると思うので、仕事との両立が大変になってきます。そこで、准看護学校の受験を考える人の多くが看護予備校を使用します。
その理由に、看護予備校では、数学の勉強は勿論、志望動機書の書き方や面接まで、准看護学校の入試に必要なことを全て行ってくれます。社会人にとって、予備校に通うことは抵抗あるかもしれません。
しかし、看護予備校は通常の予備校とは違い、社会人が看護学校の受験の合格を目指して、受験勉強をおこうなう場なので、通常の塾や予備校とは違い、同じ准看護学校を目指す学生がたくさんいます。
社会人になってからも受験勉強に励まれる皆さんは、素晴らしいと思います。当看護予備校でも毎年、受験生同士が切磋琢磨しながら合格を目指して頑張っています。

看護予備校が伝える准看護師学校の受験向けて国語の対策。

准看護学校の入試では、数学と国語というのが基本的に入試に出題される内容ですが、国語は、漢字で確実に点数を取得しなければなりません。では、准看護学校の入試に向けて漢字はどのように勉強していけばいいのでしょうか?
国語の漢字の勉強はなんといっても漢検を利用する方が効率がいいでしょう。もし漢字が苦手であるなら、漢字検定の8級ぐらいから勉強するといいかもしれません。徐々に暗記することで暗記能力も上がってきますので一級ずつコツコツと進めて下さい。
一級ずつすることで、抜け目のない漢字の勉強ができます。もちろん准看護学校の受験の日程までペースを考えながら進む必要があるので1〜2週間に1級ずつクリアしていけば入試までに十分間に合うでしょう。
そして、国語の文章問題ですが、これも一日で読解能力が上がるわけではないので、難易度の低い文章問題から勉強を始めることをお勧めします。准看護学校の受験問題は、数学も国語もどちらも高校受験レベル問題が出題されるので、勉強が苦手な人は、少なくとも一年ぐらいの期間を受験勉強に使った方がいいでしょう。 でも、独学で数学も国語も受験勉強するとなると非常に大変ですよね。そこで、看護学校や准看護学校の受験専門に扱っている看護予備校に通うことで、あなたが受験に悩んでることを全て解決してくれるので、独学で受験勉強をするよりもはるかに合格できる確率が上がります。
その理由は看護学校も准看護学校もテスト内容が、看護学校によって癖があるんですよね。全国模試みたいな感じであれば全て統一しているし、対策も取りやすいのですが、看護学校の受験の対策を自分一人で、とろうと思っても困難なんですよね。
なので准看護学校の受験を考えるのであれば、看護予備校に通いできるだけ看護学校に合格できる確率を上げましょう。

看護予備校が伝える准看護師学校の合格の確率を高くする方法。

いざ、独学で准看護学校の合格を目指して、受験勉強をしていくと、ふとこんな受験勉強で合格できるのかな?何て不安になってきたりもしますよね。残念ながら独学で勉強できる範囲って決まっているんですよね。 めちゃくちゃ勉強が得意で、人柄もよく面接官なれもし、さらに誰にでも好かれる人であれば、独学でも合格できるかもしれません。しかし、勉強が苦手だったり、勉強から離れている人また、面接で緊張してしまう人が、准看護学校の受験に合格するには、独学では無理があります。
その理由に、准看護学校といってもいくつかありますよね。実は、入試問題はそれぞれ学校により癖があります。中学3年間の勉強をした上で、その癖のある入試問題に対応していかなければ、准看護学校に合格することができません。
当看護予備校も毎年多くの准看護学校の合格者を輩出していますが、やはり入試前には色々な癖のある問題を解いていくことで、受験生のレベルがグーンと上がっていきます。
さらに、准看護学校の入試は、筆記テストのみで合格できるわけではありません。必ず面接試験があるのですが、この面接試験は練習を行っていなければ、たいていの人が失敗してしまうでしょう。看護学校の面接で聞かれる内容も、筆記テスト同様、各看護学校によって異なります。
なので、いくつかの看護学校の受験を考えると思いますが、どんな質問がこうようともしっかりと答えることができなければ、いくら筆記試験で高得点をとっても不合格になってしまいます。
看護学校の受験を専門にあつかう看護予備校の看護受験の合格率が高いのは、通常の塾や予備校では、もっていない看護学校の受験に合格できるノウハウをもっています。今から准看護学校の受験を考えるのであれば、看護予備校に通うことが、一番スムーズに合格できる確率が高くなります。

看護予備校が伝える准看護師学校の合格できる人の特徴。

毎年多くの人が准看護学校に合格するために受験勉強に励んでいます。そして、合格をもとめ看護予備校にも通われます。初めは、勉強から遠ざかっていた社会人の皆様でも、日に日に受験生らしくそして、受験レベルの問題まで解くことができるようになれます。
そして、准看護学校の過去問や入試に出題される類似問題などを解けるようになれば、後は、志望動機書や面接の対策をとれば、合格できる確率がグーンと上がってきます。では、准看護学校の受験に合格できる人の特徴として、どのような人が准看護学校に合格できるのでしょうか?
当看護予備校でも、准看護学校の受験に合格できる人は、とにかく基礎からコツコツと進めていくことができる人です。その理由には、准看護学校の受験問題は、中学1年生から中学3年生までの知識を頭に入れる必要があります。
よく受験勉強のやり方を間違えている人を見かけますが、それは入試問題対策ばかりする人です。当看護予備校にも、以前に他の看護予備校や予備校そして、塾、さらに独学で勉強していた人が、合格できず、再度、准看護学校の受験を目指し、訪れたりもしますが、そのほとんどが、中学の基礎勉強ができていません。
勉強はピラミッドと同じで、基礎ができていなければ、いくら積み上げてもすぐに転んでしまいます。当看護予備校では、その基礎の部分をしっかりと作っていきますので、受験前には、どのような問題が出題されてもある程度対応できるようになります。
准看護学校の合格を手に入れることができる人は中学1年生からの基礎作りをしっかりとしている人に限ります。しかし、中々、独学のみで、中学一年生からの基礎作りをしようと思っても、途中でモチベーションが下がってしまったり、不安からどうしても、受験問題ばかりをしたくなったりもします。
そのような方は、必ず看護学校の受験専門に扱っている看護予備校に通うことです。看護予備校では、同じ年齢の学生が切磋琢磨し、准看護師になることを夢見て、受験勉強に励んでいます。
同じ環境の人が周りにいるだけで看護学校の受験までのモチベーションそして、自宅での勉強もさらにはかどりますので、看護予備校に通うのが一番准看護学校の合格を手に入れることができます。

看護予備校が伝える准看護師学校の受験校の選び方。

例えば、あなたの住まいが大阪で、准看護学校の受験を考える時に、どの学校を受験しようと思いますか?初めは、「知り合いから勧められた准看護学校」や「学校見学によって気に入った学校」また「奨学金利用のしやすい学校」など、自分自身にとって理想的な学校を選んでいくと思います。
初めは、准看護師になりたいことが目標であったにもかかわらず、受験勉強が進むにつれ、自分が行きたい准看護学校に合格することが一番の目標に変わってきます。実はこの感覚が時には、准看護学校に合格して准看護師になる妨げとなる場合があります。
下記に近畿圏内の准看護師養成所の専門学校一覧と募集人数を書いておきますが、全ての学校で、募集人数は異なります。また、准看護学校によっては、皆様にとって通いやすい場所と通いにくい場所もあるでしょう。
もちろん、通いやすい場所に、学校があるということは、それだけ受験生も増えてしまうということですよね。受験生が増えるということは、必然と合格率も悪くなってしまいます。
初めは、准看護師になることが目標であったのに、知らぬ間に学校を選ぶ側に代わってしまったのです。
しかし、高校受験や、大学受験のように「第一志望」悪くても「第二・三志望」に合格したい等、選んでいては、准看護学校の受験に合格しそびれてしまうかもしれません。もし、あなたの勉強レベルが、准看護学校の入試合格レベルにまで、上がっているのであれば、色々な学校を受験するべきでしょう。
その理由は、准看護学校に合格するには、筆記テストで高得点を取得したからといって合格できるわけではありません。筆記テストにクリアして、さらに面接試験にも合格しなければなりません。
この、看護学校の面接は、一筋縄ではいきません。必ず、看護学校の側の理想としている人物でなければ、面接で不合格になってしまうかもしれません。看護学校の面接は相性が非常に重要なので、何校が受験して初めて准看護学校の受験に合格します。
なので、准看護学校に合格するためには、学校を選ぶのではなく、試験に参加できるところがあれば、できるだけたくさん受けることをお勧めします。

看護予備校が伝える関西の准看護師学校の一覧。

● 三重県

伊勢地区医師会准看護学校【募集40名】

● 滋賀県

大津市医師会立看護専修学校【募集30】
豊郷病院附属准看護学院【募集15】

● 京都府

京都府医師会看護専門学校【募集80】
京都府看護専修学校【募集35】
福知山医師会看護高等専修学校【募集25】

● 大阪

淀川区医師会看護専門学校【募集50】
清恵会医療専門学院【募集40】
堺看護専門学校【募集40】
大精協看護専門学校【募集80】
医療法人錦秀会准看護学院【募集60】
東大阪准看護学院【募集80】
高槻市医師会看護専門学校【募集40】
泉大津市医師会附属看護高等専修学校【募集40】
岸和田市医師会看護専門学校【募集40】
河ア会看護専門学校【募集40】

● 兵庫県

医療法人山西会宝塚三田病院附属准看護学校【募集30】
一般社団法人伊丹市医師会准看護高等専修学校【募集50】
明石市医師会准看護高等専修学校【募集50】

● 奈良県

阪奈中央看護専門学校【募集40】

● 和歌山県

新宮市医師会准看護学院【募集30】

看護予備校が伝える准看護師学校へ合格するために大切にしていること。

准看護学校の受験に向けて合格できる人が最も大切にしていることは、何だと思いますか?それは、日々各教科の復習です。といっても、准看護学校の受験は2教科でいいので、正看護師と比べて楽かもしれませんね。でも、毎日復習するとなると大変ですが、少しずつ勉強なれするためにも毎日机に向かうことは大切かも知れません。
その理由は、准看護学校の受験を目指す人の多くの人が、今まで勉強から離れているからです。中学生や高校生のように、日々学校に行けば勉強と触れ合っているのとはわけが違いますよね。
どうしても勉強から離れていると、初めは、せっかく覚えた「公式や漢字」なども、頭からすぐに出ていってしまうんですよね。なので、准看護学校の入試問題を解くためにも、できる限り頭の中にとどめておきたいですね。
また、入試問題にも非常に変則的な問題が出題されます。もちろん100点満点の人だけが合格するわけでもないので、全ての問題をできる必要もありませんが、知識をまんべんなく入れておくだけで、准看護学校の受験問題を解ける個所の数も増えるでしょう。解ける問題が増えると必然と合格できる確率も上がってきます。
数学の問題は1題とくためにも色々な知識を使うので、できる限り入試問題を解くために十分な知識を入れておく必要があります。

看護予備校が伝える准看護師学校へ社会人が合格するための一日の過ごし方。

准看護学校の合格を目指した時に、社会人の皆さんであれば、仕事との両立で、筆記試験の勉強をしなければならないのが一番大変ですよね。仕事の種類によっては、休日が不定期であったり、急な出勤を頼まれたり、せっかく受験勉強をしようと思っても上手く進まないと、やっぱり准看護師資格を取得するのは諦めようなんて思ってしまうかもしれません。
このようにモチベーションが下がってしまうのが一番危ないんですよね。そこで、是非やってほしいことは、どんなに疲れていても、一日は「○○ページ」を絶対に終わらせると決めておいて下さい。この○○は自分のクリアできる数字で構いません。
もし2ページしかできないのであれば、2ページで大丈夫です。もちろん毎日続けることは大変ですが毎日少量をつづける癖をつけて下さい。当看護予備校でも、学生さん達に勉強のやり方を進める時には必ず「目的ページ数」を提案します。 夢の准看護師資格のために「2ページ」なら毎日できそうではないですか?准看護師の資格を取得できれば、あなたの今の悩みを全て解決できるかもしれません。2ページを毎日続けることによって、数ヵ月後には、分厚い問題集を何冊もクリアしてることになります。
もし、今現在勉強が苦手であっても数か月後には、「中学数学なら簡単」なんてことを言っているかもしれません。勉強は目に見えないところで成長していくものなので、気づいた時には色々な問題が解けるようになっています。

看護予備校が伝える准看護師学校へ主婦が合格するための一日の使い方。

主婦の皆さんにとって、現時点でも一日の予定はみっちりで受験勉強する時間なんてないのではないでしょうか?朝起きて、もし子供が小さければご飯をあげ、その後保育園に連れて行き、パートもしくは、正社員と働き、夕方保育園に迎えにいき、帰ってからは、炊事洗濯そして、子供を寝付かせた後は、旦那さんのご飯の用意・・・これだけの予定を見ると、准看護学校の受験勉強をする時間なんて一つもありませんよね。
しかし、将来のことを考えると、子供を少しでも養うことができるように、また旦那さんの収入が不安定であれば、主婦である皆さんが、支えていくと考えた時、准看護師資格を取得できていれば、仕事や給料に不満なく生活することができますよね。
准看護師資格を取得するためにかかる時間は約2年です。准看護学校養成所で2年間勉強すれば100パーセントに近い確率で、准看護師資格を取得することができます。
2年間の学校に通うだけで、現在の悩みや将来の安定を手に入れることができるのであれば、短い期間ですよね。しかし、問題は准看護学校に合格することです。准看護学校に主婦の皆さんが合格するためには、高校受験レベルの勉強能力を必要とされます。もし、仮に中学時代も、あまり勉強してきていないのであればこの内容は、「私には無理かも・・・」 と思われますが、そんなことはありません。

当 看護予備校でも毎年、主婦の皆様が准看護学校の受験に合格するために通われていますが、勉強が苦手と言われる方がほとんどですが、コツコツと繰り返すうちに、次第に受験生らしくどんどん能力をアップさせていっています。
主婦の皆さんにとって上記にも書きましたが、本当に勉強する時間がありませんよね。しかし、これは皆さん同じ条件なので気にすることはありません。毎日30分の時間ぐらいならとることはできますか?
30分ならできます。と答える人がほとんどでしょう。では、准看護学校の受験に合格するまで毎日30分勉強して下さい。30分あれば、おそらく問題集の2ページは進むでしょう。受験までの期間が10ヶ月間あるとして、計算すれば【2ページ×10か月(300日)=600ページ】となります。600ページってめちゃくちゃ凄いですよね。そうなんです。いくら時間がなかったとしても毎日少量を積み重ねれば十分受験レベルまで、伸びていくんですよね。
時間がない、でも准看護学校に合格したい方は、是非毎日2ページを心がけて下さい。必ず准看護学校の受験に合格できます。そして、それをもって高確率にするためには、看護予備校に通いましょう。看護予備校に通うことで、もっと効率よく、そして自分自身にとってどの准看護学校に合格しやすいかも教えてくれます。

看護予備校が伝える准看護師学校へ合格するための現状と将来性。

准看護学校の受験を考えた時に、最近では准看護師資格がなくなるのでは?准看護学校がなくなるのでは?と当 看護予備校でも聞かれたりします。
しかし、急に准看護師学校がなくなるわけではありません。実際に、医療現場では准看護師資格を取得している准看護師さんを必要としていますし、まだまだ、毎年多くの人が准看護師資格を目指し、受験勉強に励んでいます。
現在、大阪には、約10校の准看護師養成所がありますが、どこの学校も毎年、受験生の数は多いです。そして、看護予備校などに通わない限り、簡単に合格できるものでもありません。
その理由に、准看護学校に合格するにも筆記試験の能力と看護師としての人間性がよくなければすぐに不合格になってしまいます。
もし仮に、准看護師資格がなくなるのであれば、できるだけ早く准看護学校に合格しなければなりませんよね。その理由は、准看護学校に合格できれば、そのほとんどの方が准看護師資格を取得できます。
准看護師資格を取得すれば、数年後には看護師資格の勉強ができる権利も得ることができます。現在では、「日本看護協会」と「日本医師会」の双方で意見が分かれています。
日本看護協会は、看護師一本化、日本医師会では、看護師資格を取得する年数が3年かかるのに比べ准看護師資格は2年で取得できるので、看護師不足の今では、准看護師資格の重要性を語っています。
どちらにしても、准看護師資格さえ取得できていれば、中卒であっても数年後には、看護師資格を取得できるチャンスがくるので、准看護師資格を取得するチャンスは今かも知れません。

看護予備校が伝える准看護師学校へ合格までのやりがい。

准看護学校の受験を目指して、受験勉強を頑張っていると思わぬところで、勉強に対して楽しさが出てきたりもします。学生時代、勉強が苦手だった人にとっては考えられないですよね。
過去に、勉強に対してそのような印象を持たれている人であっても、大人になり、准看護師という目的のために、看護予備校に通われると徐々に勉強が楽しくなってきたりもします。
学生時代、英語の勉強が嫌いでも、大人になって海外旅行などに出かける度に、英語に触れ合うことで、英語が好きになり今ではペラペラと話せるまでなっている人と同じような感覚なんですよね。
准看護学校に合格するためには、筆記勉強が必要ですが、学生時代とは違い、自分の目的のために勉強に精を出すので、受験勉強を続けるうちに、勉強嫌いだったものが、「学生時代にこれだけ勉強していればもっと楽しかったのに」なんて話す方はたくさんいます。 これから、准看護学校へ合格するために、筆記試験の勉強をしていくと思いますが、最初は、「やっぱり勉強は嫌い。」なんて思われるかもしれませんが、ある一定のラインを超えると「楽しい」に変わります。
当看護予備校では、どんな人であっても、看護学校の受験に合格できるよう、基礎から指導しています。勉強は基礎ができていれば必ず、成長していきます。大変な勉強ですが出来るだけ楽しんで勉強していきましょう

看護予備校で勉強することで准看護師学校の受験と仕事のストレスを軽減。

准看護学校の受験を考える皆様が、仕事と入試をかけもちしていると、どうしてもストレスがたまってきますよね。准看護師を目指そうと思っていた初めの頃は、勉強する時間もある程度確保でき、自分自身の気持ちも、資格取得に向け前向きなので、受験勉強にもハリがでています。
しかし、数週間後ぐらいから、もしあなたが独学で受験勉強に励んでいるのであれば、このままで大丈夫かな?なんて思い始めるでしょう。市販でも看護学校の受験の本はたくさん販売されていますが、はたしてそれで本当に合格できるかは、微妙なラインかも知れません。
そして、仕事も、いつもまでも落ち着いている訳ではありませんよね?急な会議や、出張、夜勤そして、人員の入れ替え・配置換えなど、受験勉強をしている間もなくなってくるかもしれません。
資格を取得しようと思っていた時とは異なり、他のことがバタバタしてしまうと、やっぱり准看護師資格を取得するのは無理なのかな・・・と諦めモードになってしまう方も少なくありません。
しかし、それは非常にもったいないことをしているかもしれません。当看護予備校に通われている方も、急に仕事が忙しくなり、勉強が思うように進まなくなってしまった方にも相談されますが、そんな時こそ、一ページ一ぺージ、問題を進めることを勧めます。
その理由は、一度諦め、勉強から離れてしまうと二度と戻ってこれなくなるかもしれません。その理由は、看護師の資格には、表向きではわからない年齢制限があります。
一年一年、年齢を重ねることにより、合格する確率を減らしていってしまうことになります。なので、多少勉強ができなくても一度決めたのであれば、その年に受験するぐらいの気持ちでいた方が、合格できるかもしれません。
また、隙間の時間を見つけ、看護予備校に通うことが何よりも看護学校に合格できる確率があがります。勉強から離れる期間ができたとしても、看護予備校に通うことで、そのモチベーションの維持ができますし、なんといっても同じ環境の人がいることが大切です。

看護予備校に通うことで准看護師学校の入試の特性がわかる。

准看護学校の入試で出題される問題に対応するには、基本的には中学生の勉強ができている必要があります。しかしはたして、中学生の問題ができていれば、准看護学校の入試に対応できるのでしょうか?
実は、中学生の知識は必ず必要になりますが、中学生の勉強をしているだけでは、准看護学校の入試に合格することができません。この記事を読んでいるということは、ほとんどの方が、中卒以上でありますよね。
それでは、高校受験は経験されましたでしょうか?もし高校受験を経験されているのであれば、入試問題は簡単でしたか?もちろん、受験する高校のレベルにもよると思いますが、高校入試の問題に対応するには、中学生の基本的な勉強だけでは対応できませんよね。
中学生から高校に上がるには、内申点もあったので、入試でそこまで高得点を取らなくても合格できるパターンもあったと思いますが、准看護学校の入試はそういうわけにはいきません。
現在、正看護師を目指す人だけでなく准看護師を目指す人もたくさんいます。そのたくさんの人の中で、合格を勝ち取るには、入試で高得点を取る必要があります。
では、入試で高得点をとるにはどうすればいいのか?それは、看護学校の受験を専門に扱っている看護予備校でなければ、わからないでしょう。
その理由に、各看護学校全て、出題形式がことなります。同じレベルとされている准看護学校同士であっても、入試問題は難しかったり、簡単だったりします。
では、入試問題が簡単だったら私でも合格できるかも?なんて思いましたか?違いますよね。入試問題が簡単ということは、全ての人が簡単に感じていることになります。
よって、入試問題が簡単であればある程高得点をとらなければ、一次試験に合格できないでしょう。なので、それぞれの、准看護学校で入試問題んに対応していく必要があるので、看護予備校に通うことが、入試に対応しやすいといえます。
現在、たくさんの資格がある中でも、看護師の資格を取得するのは、困難と言われていますので、このハードルの高い看護学校に合格するためには看護予備校に通うことがベストだと言えます。

看護予備校が伝える准看護師学校へ合格までのやりがい

准看護学校の受験を目指して、受験勉強を頑張っていると思わぬところで、勉強に対して楽しさが出てきたりもします。学生時代、勉強が苦手だった人にとっては考えられないですよね。
過去に、勉強に対してそのような印象を持たれている人であっても、大人になり、准看護師という目的のために、看護予備校に通われると徐々に勉強が楽しくなってきたりもします。
学生時代、英語の勉強が嫌いでも、大人になって海外旅行などに出かける度に、英語に触れ合うことで、英語が好きになり今ではペラペラと話せるまでなっている人と同じような感覚なんですよね。
准看護学校に合格するためには、筆記勉強が必要ですが、学生時代とは違い、自分の目的のために勉強に精を出すので、受験勉強を続けるうちに、勉強嫌いだったものが、「学生時代にこれだけ勉強していればもっと楽しかったのに」なんて話す方はたくさんいます。 これから、准看護学校へ合格するために、筆記試験の勉強をしていくと思いますが、最初は、「やっぱり勉強は嫌い。」なんて思われるかもしれませんが、ある一定のラインを超えると「楽しい」に変わります。
当看護予備校では、どんな人であっても、看護学校の受験に合格できるよう、基礎から指導しています。勉強は基礎ができていれば必ず、成長していきます。大変な勉強ですが出来るだけ楽しんで勉強していきましょう

准看護師学校の受験に年齢制限があるのか看護予備校が教える。

准看護師を目指して准看護学校を受験しようと思う時、筆記試験の勉強以外にも気になるものがありますよね。もし、准看護師を目指そうと思った時、自分自身の年齢が40歳であれば、「年齢が高いから諦めておこう」と思う人も中にはいるでしょう。
確かに、20代・30代・40代と年齢が高くなればなるほど、准看護学校へ合格することが難しくなっているのは事実ですが、40代でも合格できないわけではありません。
実際に毎年、40代の方でも准看護学校に合格しています。では、40代で、准看護学校に合格している人はどのように普段勉強しているのでしょうか?
確かに、よく本屋さんなどでも、「准看護学校の受験に合格するにはこれっ」のようなhow to 本などを、購入されますが、結局は、看護学校の受験の細部まで読み取れるわけではありません。
そのほとんどが、費やした時間に後悔されています。年齢がたってからのこの時間のロスは厳しいですよね。
では、実際に40代の人が准看護学校の受験に合格しているどうでしょうか?やはり、看護学校の受験を専門としている看護予備校を利用しています。
その理由に、看護予備校には、看護学校の受験を目指している人が多く集まっていますので、情報交換やモチベーションの維持にもなります。
さらに、どのような人が、看護学校に合格していくのかもわかりますので、自分自身にも自信がついていきます。
そして、筆記試験以外にも面接試験にクリアしなければならないので、看護予備校に通うことが、准看護学校の受験を乗り越える近道になります。

准看護師学校の受験資格は全ての人にチャンスあり。

准看護師を目指すきっかけは何でしたか?といきなり聞かれて答えれる人も少ないかも知れません。
理由は各々あると思いますが、その多くが、現在の職業の不安や、将来の自分自身の生活の安定、また現在、離婚率が多い中で、シングルマザーが、子供を養っていくために一番身近に感じることができる資格が、准看護師資格とも言えるかもしれません。
正看護師であれば、看護大学か看護専門学校に通うことになるので、少なくとも「3年から4年」しかし、准看護学校は2年間で准看護師資格が取得できるので本当に魅力的ですよね。
そして、何よりも看護師の資格は年齢ごとに評価されるので、毎年給料の増加も狙うことができます。なので、自身の年齢が高くなったとしても、働き先がなくなることは、現在の高齢化社会の中ではめったにないかも知れません。
当看護予備校に通う学生も、それぞれ以前に他の資格を取得したことのある人が多いのですが、年齢的にその資格を持っていたとしても、就職先に困るということで、再度、准看護師資格の取得を考えています。
もちろん、簡単に取得できる資格ではありませんが、全ての人に取得できるチャンスはあります。特に准看護師資格は、正看護師資格とは違い、中卒の方でも、受験資格が与えられているので、うれしいですよね。
このチャンスを生かすも殺すも自分次第になるので、准看護師資格を本気で取得しようと思うのであれば、独学ではなく、看護学校の受験を専門に扱っている看護予備校に通うことをお勧めします。
看護予備校であれば、あなたの受験の悩みを全て解決してくれるでしょう。

准看護師学校の受験を成功するために覚えておいてほしいこと。

准看護学校の合格を目指す人に是非覚えておいてもらいたいことがあります。それは、筆記試験ではなく「志望動機書の作成」と「二次試験の面接」です
初めて受験する人にとっては、「志望動機書?」と言われてもパッとしないかもしれませんが、この志望動機書があなたの准看護学校の合格を大きく左右するものでもあります。
よくあるのが、「志望動機書なんて簡単!」そう思って、自分の思っていることを好き勝手に志望動機書に書いてしまうパターンです。例えば、車の整備工場に就職しようと思った時に、「私は昔から細かい作業が苦手でしたが、今回の応募を見た時に、給料面で非常に惹かれましたので、この度面接に参加させて頂きました。」
このように、志望動機を書いた場合、あなたが、車整備工場の社長であれば採用したいと思いますか?
おそらくあなたよりも、もっと整備工場で働きたい人が他にいるのでは?と思われてしまいますよね。
当看護予備校でも、毎年この志望動機書の作成には念には念をこめてじっくりと作っていきます。この志望動機には、あなたが看護師になりたい思いを十分に込める必要があります。
給料面や職の安定だけを求めるような志望動機では、准看護学校の受験はおそらく不合格になるでしょう。
このように、志望動機書作りには最善を尽くして作成することをお勧めします。もし看護予備校などに通っていないのであれば、必ずプロの人に志望動機書の添削をしてもらうことが重要になるでしょう。

准看護師学校の受験の面接ほど緊張するものはない。

准看護学校の受験に向けて大分試験勉強も仕上がってきたところで、最大の難関が待ち構えています。それは・・・看護面接です。
当 看護予備校でも毎年、一人ずつ看護面接の練習をしますが、一発目で合格する人などめったにいません。
「えっ?面接でしょ?」今まで、会社面接もたくさん受けてきたし、人と話すことも慣れているので、大丈夫ですよ。という声も、聞こえてきそうですが、思った以上に緊張するのが、准看護学校の面接なんですよね。
基本的に、看護学校の面接は、一次試験が合格していから二次試験があるのですが、この一次試験に合格していることが、余計に緊張を招いたりもします。
上記にも准看護学校の受験に合格する難しさも書いてきましたが、この難しい一次試験の筆記テストに合格したのですから、余計に二次試験の面接試験に合格したくなりますよね。
でも、絶対に焦ってはいけません。できる限り平常心で、普段練習しているとおりに、面接には向かって下さい。看護学校側はあなたが看護師として適しているかどうかをじっくり見ています。
もし緊張のあまり手が震えていたり、何も話せないとなれば、看護師として適しているとは言い難いですよね。
なので、できる限り、看護予備校で面接練習をして準備を整えた上で看護面接には望みましょう。せっかくつかんだチャンスは必ず手に入れましょう。

なぜ看護予備校までに通い准看護師資格を取得しようとするのかを考えよう。

准看護師の資格がなくなるのでは?と言われてからも准看護学校への受験生の数がなぜ減少するどころか増加しています。
2017年現在、テレビや雑誌その他では、経済の景気が非常に良いように見れますが、決して民間の人が肌で感じることができるものではありません。
そして、景気がいい?と言われている中でも廃業に追い込まれている人・そして働き口がない人がたくさんいます。
そして、いつの時代も、経済の不安定はつきものでもありますができるだけ回避はしたいですよね。もし、今後不景気になったら、それこそどうすることもできません。
しかし、これからの高齢化社会を考えると、看護師の需要がなくなることは、ないに等しいかも知れません。
もちろん、ロボットの活躍も将来的には見られてくるとは思いますが、看護師は患者様と触れ合う一番身近な存在であることは間違いありません。
そして、その中で多くの人に注目を浴びているのが准看護師資格でもあります。准看護専門学校に通えばその大方が准看護師資格を取得することができますが、この准看護学校養成所に入ることが非常に困難です。
この准看護学校養成所へ合格するためにたくさんの人が看護予備校に通っています。看護予備校は、看護学校の受験を専門に扱っいる場所なので、毎年多くの情報も入ってきます。
看護予備校に通うのは、勉強をするだけでなく、同じ志をもった人と出会えること、そして独学では理解できない様々なことを教えてくれるので、看護師を目指す人にとっては非常に助かる予備校と言えるでしょう。

看護予備校では准看護師学校の面接試験で出題されるリアルな質問を教えてくれる。

准看護学校の受験を目指して、社会人入試や二次試験で行われる面接に関して調べていったとき、多くの人がインターネットで准看護学校の面接で質問される内容を調べると思います。
そのほとんどが「あなたはなぜ看護師を目指しましたか?」などの基本的な質問内容しかのっていません。
もちろん、それは当然のことですよね。看護学校の受験は、筆記試験はもちろんですが、面接試験が特に重要視されているので、誰でも合格できるような内容は、教えてくれません。
准看護学校の受験面接で唯一言えることは、規則正しい質問はされないということです。あらゆる変則的な質問に答えることができないのであれば、あなたは准看護学校の受験面接で失敗してしまうかもしれません。
そして、その時に初めて、看護学校の受験面接の難しさと大切さを知ることになります。せっかく筆記試験で合格したのに、看護学校の面接で不合格になってしまったら、一年間、再び筆記試験の勉強をしなければなりません。
その時間をできるだけ回避するには、看護予備校で面接の練習をしてもらうことです。看護学校の面接は、他の試験と比べ異様な緊張感があります。
当看護予備校でも毎年、模擬面接をしますがその多くの人がまともに話すことができません。もし、本番で無言になってしまったら・・・その時点で残念ながら不合格になりかねません。
准看護学校の合格を目指すためには、筆記試験の勉強だけでなくトータル的に看護予備校に通うことが何よりだと言えます。

看護予備校の志望動機書対策は准看護学校の受験に必須。

看護学校の受験、それはあなたの人生を大きく左右するものだと思います。合格できるのと合格できないのとでは、大きく違ってきます。
しかし、誰でもかれでも看護学校の受験に合格できるものではありません。看護学校の受験で毎年合格できる人は、各准看護学校約40名〜80名ぐらいになります。
受験者数のほぼ大半が不合格になってしまうのですが、看護予備校に、通っている人の多くは准看護学校の受験に合格しています。
しかし、なぜ看護予備校に通うとこの高倍率の受験に合格できるのでしょうか?確かに筆記試験で点数をとることはもちろんですが、細部にわたり、看護学校の受験を研究しているからでもあります。
毎年看護学校の受験情勢もかわってきます。以前であれば高校生がこれほどまでに、看護学校の受験をすることもなかったのですが、近年では、高校自体に看護学校受験専門コースなども設立されています。
こうなると、社会人にとっては非常に不利な状態になりますよね。なので、高校生には負けないように、看護学校に提出する志望動機や面接などの、細かい部分で社会人の魅力を出さなければなりません。
この社会人である皆様を最大限に生かしてくれるところが看護予備校になります。准看護学校できるだけ早く合格を望むのであれば、あなたのパフォーマンスを最大限に生かしてくれる看護予備校に通うことがいいでしょいう。

看護予備校が准看護学校の受験を二度目に控えた人にアドバイス。

准看護師の資格を取得しようと思い、前回受験を失敗した人にとっては、二度目の受験となると、プレッシャーが半端ないですよね。
特に社会人の人にとっては、准看護学校に合格するのと、合格しないのとでは、今後の人生設計も変わってきてきてしまうと思います。「子供が何歳までには資格を取得したい。」「何歳までには准看護学校に合格したい。」そんな心の声が聞こえてきます。
では、一年でスムーズに合格できる人とできない人では何が違うのでしょうか?特に一次試験で合格している人にとって、二次試験で不合格にされてしまうと、何が悪かったのか理由が分からない場合もあります。
前回の准看護学校の受験面接では、緊張しましたか?もちろん、緊張するでしょう?練習はしましたか?もし練習したのであればどのようなアドバイスをもらいましたか?
当看護予備校から皆様へ面接のアドバイスですが、あなたが面接時に看護師としてのイメージが面接官に浮き上がったかどうかです。あなたにとって看護師はどのようなイメージですか?
そのイメージ通り面接で対応することができれば、おそらく面接で不合格になることはないでしょう。ヒントは看護師のイメージです。もし、看護師のイメージがわかないのであれば、明日にでも近くの病院で看護師の働いている姿を見てきてください。
きっと、面接を乗り越えるために何が必要なのか勉強となるはずです。

准看護学校受験で合格するために息抜きも重要。

准看護学校の受験が、日々迫ってくる中で、何とか合格しようと思い、日々受験勉強を重ねていく受験生もたくさんいると思います。
ましてや、一度不合格になった人にとっては、どんどん勉強の闇に包まれていくかもしれません。「筆記試験で高得点=合格」と思いこんでしまうこともあるかもしれません。
過去問等を解いていくうちに一問間違えれば「どうしよう・・・」「また一問間違えればどうしよう・・・」受験勉強を頑張っている人はこのような負のスパイラルに覆われていきます。
もちろん、准看護学校の受験に合格するには、筆記試験で合格しなければならないので、このような気持ちになることも理解できますが、自分自身をどんどん追いこんでいくと「表情が暗くなります」これって面接時には最悪なんですよね。
表情の暗い看護師さんは好きですか?もちろん「NO」でしょう。そこで、当看護予備校でも、それぞれ学生様の表情をみながら、頑張り過ぎている人には息抜きをするようにとお話します。
するとどうでしょうか?普段の勉強よりも気分よく受験勉強できるので、勉強の質自が上がります。せっかく頑張っているのに、マイナスなことばかり考えてしまうと、面接では不合格になってしまいます。
なので、多少の息抜きは、さぼるのではなく現在の勉強をより効率よくさせるものだと思い、息抜きをして下さい。当看護予備校でも、毎年、自分自身を追い込み過ぎる学生様を拝見しますが、講師からの声掛け一つでがらりと雰囲気が変わります。
当看護予備校では社会人の皆様が少しでも看護学校の受験に合格できるよう細部にわたり、見ていますので、安心した看護受験勉強をすることができます。

准看護学校だから、働きながらも資格を取得できることを看護予備校が教える。

准看護学校の魅力とは、何といっても働きながら学校に通うことができるのが一番でしょう。社会人の皆様が、高校生のように学生とは違い、生活するために決まったお金が必ず必要となります。
各准看護学校にもよりますが、月曜日と火曜日は昼まで水曜日・木曜日・金曜日は夕方までのように、ある程度働く時間もとれるのが准看護学校の魅力です。
さらに、お礼奉公というものもあり、専門学校に付属している病院に働くことにより、専門学校にかかった費用を払わなくていい場合もあります。このようなシステムを利用できると非常にラッキーですよね。
このようなシステムは、他の資格を取得する専門学校では考えられないことでしょう。
そして、これからの高齢化社会を潤滑に回すためにも、准看護師と正看護師の必要性がますます、増えてくると思いますので、今だからこそ、早めに准看護師資格を取得することを看護予備校ではお勧めしています。
准看護師の資格さえ取得できれば、正看護師への道もどんどん開かれていきますますので、長い目でみても、非常に魅力のある資格です。

准看護師資格を取得できる年齢幅を看護予備校が教える。

看護国家資格や准看護師資格の取得を考えるとき、一番気になるのは、自分の年齢でも合格できるのかどうかが気になりますよね。
毎年、合格できる年齢幅は変わりますが、以前であれば、40代となれば、合格できる確率が、極めて少ない感じでしたが、当看護予備校に通われている40代の学生でも毎年合格しています。
近年の40代は、30代にも引けをとらないぐらい活発で、やる気に満ちております。
もし、あなたが看護学校の面接官であれば、「30代で元気のない学生」と「40代の活発な学生」とでは、どちらを採用したいと思いますか?もちろん、40代の活発な学生ですよね。
昔とは違い、40代ぐらいであればまだまだ、准看護学校の資格を取得できるチャンスはあります。
ただし、40代の誰でも合格できるわけではありません。40代であっても准看護学校の受験に合格できる人は、自分磨きはもちろん、受験勉強だって人一倍頑張ります。
その結果、通常では得ることができない准看護師資格を取得することができています。毎年合格する当看護予備校の学生様も「本当に人生が変わりました。」などうれしい言葉を伝えてくれます。
若い子と比べ不利であることは間違いありませんが、可能性は十分にひめていますので、准看護師資格を目指すのであれば一日でも早く挑戦してみて下さい。

准看護師資格を目指していてやめたくなる時の対処法は看護予備校に通うことで解消される。

もし准看護師資格を独学で目指していて、行き詰った時、再度モチベーションを上げ准看護師資格に向けて頑張っていけるのでしょうか?
初めは、自身の今後の人生を変えるために、准看護師資格の取得を夢見て、たくさんの本をやインターネットで情報を収集し、受験勉強に励んでいると思います。
しかし、准看護師資格を独学で取得するには、かなりの労力がいります。その理由は、少なからずとも「半年から1年間」の受験勉強の期間を取る必要があります。
中には、看護予備校でなく「塾や予備校そして家庭教師」など、利用している人もいますが、看護受験にとっては大きな失敗になってしまうおそれがありま。
例えば、あなたが野球選手を目指していた時、サッカー選手に教わったりしますか?スポーツという括りでは同じですが、その技術というものは、全く異なりますよね。
それと同じく勉強という括りでは同じですが、看護予備校とその他の「塾や予備校そして家庭教師」とは、まったく種類が違います。
その理由は、准看護学校の受験で出題される内容は、変則的な問題が出題されます。それも、各看護学校それぞれ、癖のある問題を出題してきます。これらは、看護学校の受験の情報を知っている看護予備校でなければ、対応することができません。
さらに、准看護学校の2次試験で行われる面接試験。毎年筆記テストでは合格できるが面接試験で不合格になってしまうには、それなりの理由が存在しているんですよね。
それもこれも、見抜くことができるのが、看護学校受験に特化した看護予備校ならでは魅力でもあります。
もし一人で悩んでいたのであれば、准看護師資格の取得を諦めてしまうのではないでしょうか?
看護予備校には、皆様と同じ社会人で准看護学校の受験を目指している人がたくさんいます。同じ境遇の人が周りにいるだけでも、頑張ろうという気になることができます。
看護予備校では、受験勉強と仕事をいかに両立することができるのかを考えながら、指導しているので、一人で悩んでいるだけではなく、いつでも相談することができます。

准看護師学校の受験に合格することの難しさと受験回数。

社会人の皆様が、准看護師を目指して准看護学校の受験を考えるとき、もし不合格になってしまった場合、すぐに受験を諦めますか?
ここで、改めて准看護学校に合格することがいかに難しいかを話していきます。毎年、准看護学校の受験を考えて、日々受験勉強に時間を費やしている社会人や主婦の皆様がいます。
准看護学校の受験が近くなると特に神経質になり「合格しなければ」と自分自身にプレッシャーをかけてしまいます。
確かに、准看護学校の受験に合格することが簡単ではありません。その理由は、准看護学校の受験に合格できると、後は准看護学校に通い学ぶことで、100パーセント近い人が准看護師資格を取得することができていいます。
准看護師資格を取得できると同時に「あなたの収入と仕事」は一生安泰いっても過言ではないくらい看護師資格を世の中が必要としています。これほどのものが、現在世の中にあるでしょうか?
比較的少ないですよね?そこで考えてほしいのが、一度の受験で失敗したからといって、この安定を求めた夢を捨てるのはもったいなすぎますよね。確かに、資格取得という大きなキーワードで受験勉強をしてしまうと、どうしても、受験に失敗すると心が折れてしまいますが、夢をつかみに行くと考えた時は、何度でもチャレンジできるのではないでしょうか?
それほど、准看護師資格は価値があるものであります。なぜ、資格取得に看護予備校にまで通い、准看護師資格の取得を目指すのかは、夢をもっと身近にするためには、必ず必要だからですよね。
これから、看護学校の受験を考え、できるだけ身近なものにするには、看護予備校に通うことが何よりもベストだと言えます。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.