看護学校に合格するには何の教科を勉強する必要があるの?

看護学校の受験に合格するためには、筆記テストに合格しなければなりません。しかし、5教科全てを勉強する必要がなく、基本的には「英語・数学・国語」学校によっては理科や小論文などが必要になります。
そして、一次試験に合格すれば、その後二次試験の面接があります。学校によっては、一次試験と二次試験を同日に行う場合もあります。

看護学校の受験の国語についてはこれ。


国語の出題稽古としては、現代文をメインとして出題されます。現代文の種類は 論説や評論そして随筆と小説など、学校により、出題されるタイプが違いますので過去問等で、傾向を確認するのがいいでしょう。
ちなみに、古文や漢文が出題されている看護学校は少ないので、受験勉強の力を入れるのは現代文に絞った方がよさそうです。
解答の書き方としてはマークシートが多いのですが、マークシートだと、運で合格してしまうこともあるので、記述式を採用する学校も増えています。
近年、看護師を目指す方も増え、看護学生のレベルも上がってきていますので、より一層レベルの高い「自ら考えることができる看護師像」を求められている上で、記述式が増えています。
これからの看護師は、以前とは違い看護師に求められるものも増えてきます。その中で「患者と看護師」そして「医師と看護師」の意思伝達の柔軟さを必要とされますので、国語力が優れている方が望まれます。

国語の勉強法について悩み解消。


看護学校の受験で出題されるのは、現代文がメインなので、たくさんの文章を読むことを普段から心がけましょう。
そして、国語力は新聞や、少し、理解がしにくい文を読むクセをつけ、わからない言葉が出てきた時にはすぐ調べる癖をつけましょう。
漫画が簡単で、現代文が難しいのは、「言葉の意味が理解できる文」か「言葉の意味がわからないか」の違いです。
文章を段落ごとに分けたり大切な所には、ラインを引いたりて、少しずつ文章の意味をかみ砕いていきましょう。
ある程度慣れてくると意外と現代文は簡単なので、まずはより多くの文章を読んでみてください。

看護学校の受験の数学についてはこれ。


看護学校の受験で一番大切な教科は数学といってもいいでしょう。しかし、どのような傾向で数学が出題されるのかは知っておきたいところです。
まず初めに、受験に出題される数学は、基本的に高校数学が基準ととなります。その中でも数学Tで学習する「数と式」「二次関数」「三角比」や、数学Aで「場合の数と確立」、「集合と論理」がよく出題されます
現在は、各高校などで看護コースなどが新設され、文系を選択していた生徒にも数学が学習できるように指導していますが、現在社会人である皆様が仮に、数学が苦手だとすれば、看護学校の受験のハードルが上がってしまうでしょう。
しかし、高校数学が難しく感じるのは、いきなり高校の数学から勉強するからでもあります。数学の基礎は中学にありますので、看護学校の受験を考えるかたは、中学数学からの復習を行い、その後高校数学に移行するようにお勧めします。

数学の勉強法についての悩みはこれで解消。


もちろん、受験する学校にもよりますが、看護学校の受験で出題される数学の傾向は類似していたりもします。自分が受験しようと思う学校の過去問に計算問題がたくさん出題されているようであれば、計算問題をたくさん解くことを行いましょう。
「数T・数A」は、比較的暗記すれば得点をとれるところもありますので、公式などは、受験前には完璧にしておくことが大切です。

看護学校の受験の英語についてはこれ。


看護学校の受験で出題さる英語には医療のテーマの長文などが多いです。いきなり、医療英語の単語が出てきたりすると、戸惑ってしまうこともありますので、過去問等で、慣れておく必要があります。
通常の大学受験も、看護学校の受験も、英語に関しては、文法やアクセントそして、英作文などの、知識は頭に入れておく必要がありますので、時間がある時には、単語や連語などは、覚えておきましょう。
英語の勉強で躓く人の多くが、単語不足が見られますので、長文問題や文法問題を見た時に、知らない単語が多い場合は、再度一から英単語を覚えなおすことが、一番の近道です。
看護学校の受験で、筆記テストがある理由の一つとして、一般的な知識を学生にはつけていてほしいので、メディカル英語は、必ず覚えておきましょう。

看護学校の受験に理科は必要?理科の勉強法について。


看護学校の受験で、理科も入試にあると思うと、完璧な理系?ではとは思われがちですけど、数学とは違い、理科は比較的暗記教科なので、基本的な知識を入れておくことで、得点することができます。勉強法としては、生物も科学も基本問題をまんべんなく暗記しておくことが重要です。


まずは個別体験面談申し込みから→クリック
体験授業に来られた方の感想→クリック
体験授業申し込み日程 GO→クリック

★ 当予備校は通いやすい月謝制も行っています。→ こちらをクリック
電話でのお申し込みはこちらのTEL06(6962)2867までお願いします。
大阪看護予備校の体験
privacy policy
免責事項
看護学校の理念 大阪
看護学校の理念 京都
看護学校の理念 兵庫
看護学校の理念 滋賀
看護学校の理念 奈良
看護学校の理念 和歌山
看護師になるためには
准看護師のメリット
看護専門学校のメリット
看護短大のメリット
看護大学のメリット
奨学金のあれこれ
看護 予備校が伝える看護師とは
看護 予備校が教える資格が取得できる看護学校とは
看護 予備校が教える看護学校に向けての試験準備
看護 予備校が教える各教科の勉強法
看護 予備校が教える面接試験の乗り越え方
看護 予備校が教える小論文の対応方法
看護 予備校を利用して主婦と社会人が看護師を目指す理由
訪問看護師とは何?
専門看護師とは何?
助産師になるには?
准看護師になるには?
保健師になるには?
看護学校の受験の種類について。
看護学校の受験で看護予備校が必要な理由について。
評判のいい看護予備校の授業スタイルその中見。
看護予備校が教える准看護学校に合格するために大切なこと。
短期で看護学校へ合格するための日頃の準備と心構えを看護予備校が伝える
 看護学校予備校・看護予備校・医療学校予備校の「大阪KAZアカデミー」は看護大学・看護専門学校(高看護・准看護)を目指す現役高校生から社会人の方に当看護学校予備校にしかできない基礎の基礎(中学レベル)から発展まで一人一人に適合したカリキュラムで授業を進めていきます。勉強が苦手な方・勉強から遠ざかっている社会人の方でも安心して学習できます。当予備校はあなたの将来に少しでも力になりたいと思っています。学費は通いやすい月謝制になっています。
copyright (c)2011 Osaka Kaz Academy All right reserved.